1歳のえほん百科 1歳のえほん百科 1歳のえほん百科の試し読みができます!
監修: 榊原洋一  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
シリーズ累計220万部の「年齢別えほん百科」を全面改訂版。1歳児の発育にぴったり!

シェイプ・ゲームなかなかよいと思う みんなの声

シェイプ・ゲーム 作・絵:アンソニー・ブラウン
訳:藤本 朝巳
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784566007840
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,644
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 頭が固かった・・・

    まだ息子には無理なので、一人でシェイプゲームをしてみましたが
    自分の頭の固さに少々がっくり・・・
    子供が大きくなったら是非一緒にやってみたいゲームです。

    また一枚の絵をじっくり見ること、美術館に行くということは
    自身の想像力を試されることでもあるのかなと思いました。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名画のコピーがうま〜っ!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    この作者の、「こうえんで……4つの話」は好きなんですよ。
    でも、これはまたちょっと違った趣向の絵本でした。

    最初は「シェイプ・ゲーム」って何?本文とどう関係があるんだろうと、考えてしまったのです。だって、日本には似たような遊びは幼稚園位の頃にやりますが、はっきりとしたゲームの名称はないですよね?
    (つまり、ゲームの内容は、何でもいいから一人が適当な単純な絵を描く。それを他の誰かが受け継いで、何か想像しそこに描き足して、何か別のものを描くという遊びです)

    作者は子どもの頃こういう遊びが好きだったのかな〜?
    そして、美術館の絵、これ貼り付けとか、コンピュータ処理じゃないですよね?名画の真似がめちゃくちゃうまいです。
    それだけでも、見ごたえのある、絵を見て楽しむ絵本かな、という気がしました。
    なので、対象年齢は高学年以上ではないでしょうか?

    掲載日:2009/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • アンソニー・ブラウンさん

    アンソニー・ブラウンさんの作品を以前にも読んだ事があり親近感が湧いたのでこの絵本を選びました。美術館に家族と行く楽しさを教えてくれる絵本でした。絵画に対する知識など無くても十分に絵を楽しめる事を教えてくれる絵本でした。お父さんが主人公達に様々な質問を投げかける事で自ら考える習慣を教えている所が良かったです。私も美術館に行きたくなりました。

    掲載日:2009/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとドキッと

    自伝的要素のある絵本ですが、名画と共に、家族が出演するパロディ画もあって、比較しつつ読むと、何だかクスリと笑いました。

    家族が崩壊としているような名画もあり、それは子どもと見ていいのかななんてちょっとドキッともしました。

    自伝的な絵本には子どもの頃から絵が好きでという作家さんもいますが、それほど興味はなかったようなのに驚きました。

    何がきっかけになるかわからないと思うと、子どもの頃にいろいろ経験していることもいいのかもしれませんね。

    掲載日:2009/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が子は面白かった!!

    • まゆりさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子3歳

    長女はこのシェイプ・ゲームにはまり、何度も私に相手を求めてきました。
    私も長女と同じく、とても面白いゲームだと思うのですが、寂しいことに学校のお友達はあまり興味を持ってくれなかったようです。
    楽しいと思う子と興味を持たない子、感性の違いで面白いと思うか、思わないか・・・そんな絵本だと思います。
    本当の名画とパロディーの絵と見比べ、間違い探しなどユーモアと想像力を働かせて名画を見ることができ、大人も楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2008/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な面白さ

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    この絵本は正直言って感覚的にとても楽しめましたが、どこが面白いと言われると・・・答えに困ってしまいます。
    絵を見て百人の人が見れば百通りの見方があるとおもうのですが、その見方がユニークで、絵の価値や知識などなくても、絵を楽しむ方法を学んだような気がします。
    そういえばアンソニー・ブラウンは、よくしかけ絵が登場しますよね。それってこの仕事の影響なのかしら?とちょっと思いました。
    子供は最後のシェイプ・ゲームで描かれた絵を一番興味深く見ていました。私も懐かしかったです。

    掲載日:2007/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美術館でいっぱい遊ぼう

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    ちょっと変わった絵本でした。
    美術館に行きながら、絵を楽しむのとは別の楽しみを見つけるという、物事をいろいろな視点で見てみると楽しいよと言われているような絵本でした。
    我が家では、6年生の娘と楽しみました。
    でも絵の中の間違い探しとか、意味深な小道具を見つけるとか、いろいろ楽しめる箇所がありますので、小さいお子さんでも結構楽しめると思います。
    主人公の家族の力関係も垣間見ることができ、そんなところも楽しいですよ。

    掲載日:2006/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / てぶくろ / そらまめくんのベッド

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット