しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

きょうはハロウィン」 みんなの声

きょうはハロウィン 作:平山暉彦
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2016年09月10日
ISBN:9784834082838
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,171
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵な絵本でした

    ハロウィンとタイトルに入っていますが、ハロウィンを通した男の子の成長のお話、そして友情のお話だと思います。
    海外のハロウィンの様子をまじかで見ることができて楽しい絵本でした。
    最後に出てきた魔女がまさか・・・・あの人だったとは(笑)。窓にうつった影を見て子どもたちは「絶対に魔女だよ」と言っていましたが、予想外の展開で思わず笑ってしまいました。

    掲載日:2017/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィンの絵本で1番好きです。

    私自身は ハロウィンは外国の行事だと思っていて、
    あまり馴染みがなかったのですが
    最近の日本では ハロウィンの飾り付けや商品を
    よく見るようになり 子供さんや若者たちが
    楽しまれているのを見かけます。
    この絵本はハロウィンを初めて経験する
    ケンちゃんという男の子が主人公です。
    このまちに引越してきたということは
    日本から外国へ行ったのでしょう。
    そこで知るハロウィンというお話は
    とてもわかりやすく伝わってきました。
    ハロウィンの由来も書かれていて
    これが本当のハロウィンだと感じます。
    街が大騒ぎの仮装、変装ではないですものね。
    とてもよい絵本だと思いました。

    掲載日:2016/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本場のハロウィン

    ハロウィンの新刊本ということで、読みたいと思いました。
    引越し先のアメリカで、けんちゃんはハロウィンを初めて体験します。はじめはなかなか「トリックオアトリート」と言えずにいる、けんちゃんのドキドキがよく伝わってきました。
    本場のハロウィンの雰囲気がわかって、私もとても興味深かったです。飾り付けされた玄関がとても素敵でした。

    掲載日:2016/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど!そうなんだ

    「ハロウィン」って
    かなり日本に浸透したイベントになってしまっていますが
    ちょっと本来の意味とはかけ離れていませんか?
    と、おばさんは嫌味に聞こえちゃうかもしれないけど
    そう思っちゃいます

    こうもり、おばけ、かぼちゃ・・・の飾り物
    変身!!変装!?
    おばけかぼちゃ(ランタン)
    お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ!

    どうして???

    近頃結構発行されて
    ハロウィンの絵本もいろいろあるようですが
    イベント色が強く
    本来の意味はそっちのけ・・・
    「???」が多いです
    その点、この絵本は
    ハロウィンを知らない主人公のケンちゃんが
    ハロウィンを楽しむ街に引っ越してくるところから
    始まり
    ケンちゃんといっしょに
    そうなんだ!−って気付きながら
    ハロウィンの本当の楽しさが伝わってきます

    最後には、由来について
    丁寧に書かれています
    ハロウィン関係の絵本で
    今のところ、1番のお薦めです

    掲載日:2016/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • トリック・オア・トリート!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    ハロウィンを知らないケンちゃんが引っ越した先でハロウィン初体験!なお話です。
    子供たちで仮装して夜の街をまわり、お菓子をもらうってドキドキもあったりして、楽しいだろうなーって思います。
    子供も読後、「トリック・オア・トリート!」と嬉しそうに言っていました。「今年のハロウィンはおばあちゃんのうちに行ってお菓子をもらうんだ」と張り切っています。なんの
    仮装しようかしらね。

    掲載日:2016/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィン

    最近は、ハロウィンの飾りつけをよく見かけるようになりました。もう、今年もそんな季節なんだと思いました。店内でハロウィンの飾りつけのしてあったなっちゃんのぜいたくぶどうをつられて買ってしまいました〈笑)あいまいに知っていても由来とか知らなくて絵本からそうなんだと学びました。
    ゆっくり、ゆっくりの孫がハロウィンの飾りつけをした運動会が6年くらい前にあったのですが、凄く盛り上がって楽しかったです。そんな行事もやっぱりいいなあと思いました。

    掲載日:2016/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィンの由来と子どもの勇気

    日本ではあまりなじみがなかったハロウィンですが、最近はハロウィンのお話しも そして ケーキ屋さんやおみせでは、ハロウィンのかぼちゃが飾られていて 雰囲気が出てきました
    この絵本にはハロウィンの由来が書いてあって(最後に) ケルト人によるサムハイン祭だといわれていて 11月1日が新年のはじまりだそうです
    ケンちゃんはアメリカに引っ越してきたのですね
    町の雰囲気で日本との違いを感じました 家と家の間が広くて ゆったりしています

    トリック・オア・トリート  お化けに変装して子どもたちは
    家をまわって おかしをもらうのです 「くれなきゃいたずらするぞ」
    子どもたちはもお化けの姿に変装して 各家をまわる

    何だかすりるがあって おもしろいおまつりです

    ケンちゃんはどうしても 大きな声で言えませんでしたが・・・・

    さあ 勇気を出せるかな 
    がんばれ!

    ハロウィンのことがよく分かりました

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 行事を身近に!

    娘にはいろんなことを知ってもらいたくて、絵本の
    読み聞かせはもちろんですが、いろんな行事なども
    積極的に参加したり、家でおこなうようにしています♪
    もうすぐハロウィンだなあと思い、よい絵本はないかと
    探していたところ、とってもよい絵本を見つけました。
    それが、この絵本なのですが、ハロウィンの行事の由来や、
    様子などがストーリーで伝わってきて、とてもためになる
    絵本でした。
    引っ越ししてきた町で、初めての友達ができる様子も、
    さりげなく描かれていて、いいなと思いました。
    娘は、「トッリク オア トリート」を連発して、
    なんとかお菓子をもらおうとしていますが・・・。

    掲載日:2014/01/06

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『たぬきがのったら へんしんでんしゃ』 <br>田中友佳子さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット