なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…

みな また、よみがえる」 みんなの声

みな また、よみがえる 写真・文:尾崎 たまき
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2013年08月24日
ISBN:9784406057110
評価スコア 4
評価ランキング 22,397
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 海も、そこに住んでる人たちも『生きている』

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    写真絵本です。
    タイトルが掛け言葉になっていて凝っています。作者のセンスの良さを感じました。

    普通に読み聞かせに使うより、調べ学習として使ってみたり、
    ブックトークとして、聞き手の子どもたちに重くならない程度に、日本各地の公害や自然災害などを取り扱った作品と一緒に紹介したりするのもいいかもしれません。

    2013年の8月に出た本です。
    正直、『水俣病』が世間を騒がしていたのはもう30年から40年前くらいのことなので、今の子どもたちには、ぴんと来ないかもしれませんが、
    震災の影響で放射能漏れした福島の海のことなども添えて、お話ししてみたら、きちんとこの作品に描かれていることを伝えられる気がします。

    海の再生力の強さや、その土地に住む人たちの底力を感じずにはいられません。
    後書きに、チッソ工場から排出された汚染物質と、それによる公害の大まかな解説が載っています。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット