もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ききゅうにのったまほうつかい」 みんなの声

ききゅうにのったまほうつかい 文・絵:デーヴィド・マッキー
訳:安西 徹雄
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1979年10月
ISBN:9784752040361
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,086
みんなの声 総数 1
「ききゅうにのったまほうつかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この国の全体像が見えました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    パッと見、結構若く見えるこの国の王さま、一体いくつなんでしょう?
    一番初めの感では、1から10までメルリックにいろんなことをさせてたみたいだけど、ちゃんと王さまらしい仕事をしているのかしら?
    と思っていましたが、このお話を読んで、意外とこの王さま根っからの王さまで、しっかりしているな〜と感心しました。

    おはなしの最後に気球で見たこの国の地図というのが、王さまの部屋いっぱいで登場するのですが、
    この本の作者のデイビッド・マッキーは最初からこの国の地図をある程度形にしてから物語を描いていたのでしょうか?
    王さまに頼まれた絵描きはえらい迷惑だったんじゃないかと思いましたが、最後の様子を見ると、彼は彼でたくさんの絵が描けて大満足といった顔をしていたのでほっとしました。

    メルリックって、巻が進むほど性格が見えてきましたが、
    決して生真面目な優しいだけの魔法使いでなくて、結構おっちょこちょいで面白いことが好きな楽しい魔法使いのようです。

    ちなみにそらまめくんシリーズやどんぐり村シリーズで子どもたちに人気の絵本作家なかやみわさんは(講演会でお話を聞いた時)、
    自分で作る作品の舞台は一度ちゃんと全体像を設定してから物語の進行を考えるそうです。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット