おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ぼくの ゆきんこ」 みんなの声

ぼくの ゆきんこ 作・絵:葉 祥明
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1989年
ISBN:9784783401865
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,795
みんなの声 総数 4
「ぼくの ゆきんこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんな雪がいいな

    最近、大雪のニュースが続いていたので、雪に対してネガティブなイメージになりがちでした。
    でも、この絵本のような雪ならばいいな、と思えました。
    雪が積もると、いつもの景色がなんだか違って見えたり、そんな気持ちがあると思います。

    掲載日:2015/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわか絵本です。

    登場するのは、白い犬と白い雪の妖精だけ。
    後は白い雪の世界。。
    ホントに飾っておきたくなるような優しい絵です。
    ワンちゃんとゆきんこのふれあいがほんわかしていて
    自然と優しい気持ちになります^^☆
    作者の冬のニューヨークの体験が元になっていると
    後書きで書かれているのを読んで、さらにオシャレ感が
    高まってしまいました。。単純ですが。。(笑)

    掲載日:2007/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飾りたくなる素敵な絵本

    とても雰囲気のある絵本でした。

    葉 祥明さんの絵とほのぼのしたお話がとても合っています。

    雪の日、ぼく(犬)がお気に入りのベンチに行くと、そこには雪が。今日は座れないと帰ろうとすると、どこからか呼び止める声がします。
    雪の精でしょうか。小さくてかわいい、まさしく「ゆきんこ」という名前がぴったり。

    この二人の遊びややりとりはとてもほのぼのしてつい微笑んでしまいます。

    字も黒じゃない色で書かれていて、この字の色もこの絵本の雰囲気をやわらかくしていると思います。

    雪の日といえば、雪国に住んでいた私にとってあんまり素敵な印象ではないのですが(ドカ雪を思い出してしまうので・・・)、この本を見ると、息子と一緒に雪の日、公園に飛び出してみるのもいいかな・・・と思います。

    掲載日:2006/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジェイクの2作目

    ぼく(犬)のお気に入りのベンチは雪でいっぱい。
    今日は座れないなと思っていると、どこかで「おーい」と呼ぶ声。
    声をかけたのはゆきんこ。
    二人で雪の中で遊びます。
    でも、ゆきんこは帰る時間。
    また来るねと空に消えていきました。

    葉祥明さんといえば、今や犬の「ジェイク」シリーズが有名となっています。
    この本では1度もジェイクという名は出てきませんが、この本がジェイクの2作目であることは間違いないようです。(葉さんの公式HPで確認してきました。)

    犬とゆきんこだけの、なんとなく幻想的な冬のお話。
    ついつい家にこもってしまうような雪の降る寒い日、人影のない公園では、こんなふうにわんちゃんとゆきんこが遊んでいるのかもしれないな、と、なんだかロマンチックな気分になれます。

    なんといっても、葉さんの素敵な絵ですので、部屋に飾っておくだけでインテリアになってしまいますよね。

    掲載日:2006/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / もこ もこもこ / てぶくろ / ねないこ だれだ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット