モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

しろずもう」 みんなの声

しろずもう 作:丸山 誠司
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年01月30日
ISBN:9784333026326
評価スコア 3.64
評価ランキング 31,222
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わかりにくい

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子2歳

    絵がわかりにくくて、ひらがなばかりで駄洒落って、とても読みにくい。
    しかも自体がさらに読みにくくて、読み聞かせとてもしにくい。
    駄洒落は2歳にはわかりにくいらしく、5歳くらいの本にはついてこられる息子も無反応で、いつもの「もういっかい」は出ませんでした。

    もっと、大きな子供さんなら駄洒落を楽しむことも出来るのかもしれませんが、私のチョイスミスでした。

    掲載日:2015/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 斬新!

    「おしろのすもう」とは何て斬新な絵本でょうか(笑)。
    金のしゃちほこのお城は名古屋城?
    修行で奈良の大仏と戦ってスフィンクスにも挑戦して。
    何事も経験と努力を積んで行くことが大切ですものね!
    独特の世界観で楽しめました。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奇抜です

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    おしろが繰り広げるおすもうなのです。
    その発想がすでに想定外なのですが
    お話が進めば進むほどに
    ひょんな登場人物がおすもうをします。
    奇抜すぎて感心します。
    子供はとっても意外性が楽しかった様子です。

    大仏様のおしり・・・かわいかったです。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力強いイラスト

    お城とお城が勝負?!
    こんなに大きいものたちが2つも登場すると、
    やはり迫力がありますね。

    動物や植物が主役の物語は他にもありますが、
    これはなかなか珍しいと思います。

    力強いイラストが、物語にとてもよく合っています。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『おしろとおくろ』の方の作品ですね?

    今回はお城が相撲をとる?
    「城ずもう」→「尻ずもう」???か?

    ねこといぬさんも同じかな?

    修行ということで
    日本だけでなく
    世界にも!?
    有名なお城と思いきや
    そうでもなく(^^ゞ

    強いものを備えていくんだね
    でも、相撲って
    装飾は必要ないと思うんだけど(^^ゞ

    何も考えずに
    楽しめればいいのかな?

    頭の中、柔軟に・・・かな(^^ゞ

    寒い日に、お友達と
    お相撲ごっこや
    尻相撲でも楽しめればいいのかな(^^ゞ

    掲載日:2014/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後の対戦相手は

     黒いお城と、白いお城のおすもう、迫力があります。
     おしろうは、世界中いろいろな相手と対戦しますが負けてばかり。投げ飛ばされるおしろうが、気の毒だけど笑えてきます。
     おしろうが、最後に対戦した相手は、なんと、、、。ずっとしろずもうを見ていた彼でした。

     おおらかに描かれた絵と、言葉遊びが楽しい絵本です。どすこいどすこい、にぎやかな声がきこえてきそうでした。

    掲載日:2014/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相撲の世界

    このお話は人間じゃなくてお城の相撲のお話でした。うちの子はお城がおしりで相撲をしている様子がウケて大笑いでした。横綱に勝つためにいろいろな物と修行をしている姿もとっても面白かったし、言葉がちょっと変わっていて読んでいて面白かったです。

    掲載日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしろのすもうとは 発想がユニークです

    おしりふりふりのすもうは笑えます
    えっ! 大仏様の登場
    サイが出てきて だじゃれのすもう
    スフィンクスも登場
    そしてとどめはたいよう  たいようも やりたいよう かちたいようしろずもう
    こんなにナンセンスなだじゃれのすもう ちょっと迫力に欠けますね

    たいようの勝利ですかね

    しろずもうのナンセンスな絵本です

    子どもには受けるのかな?

    掲載日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダジャレもここまで来ると脱帽

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    『おしろとおくろ』が衝撃的だったので、思わず手に取ってしまいました。
    題名は???ですが、表紙を見て、あ、またあのお城さんたちが登場ね、と合点がいきました。
    城相撲かな、と読み進めていくと、ん?おしりふりふり?
    こ、これはもしかして、「しりずもう(尻相撲)」のダジャレ?
    ダジャレもここまで来ると脱帽です。
    「おしろう」という城の相撲修行に至っては、グローバルなダジャレ炸裂です。
    大仏様、サイ、スフィンクス、太陽。
    みんな、ダジャレを言いたいがための登場といった様相です。
    苦しいダジャレもありますから、やはり読者も心して聞いていないと、
    おもしろさをスルーしてしまいます。
    ということで、やはり小学生以上くらいからでしょうか。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆかいな絵本

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    しろがおすもうというのが面白い発想でした。
    ゆかいな絵本だと思いました。
    大仏様がぶつぶつ言っているところが私は面白かったです。
    案外おしろって弱い…?
    相手が強すぎるのでしょうが(笑)。
    おすもうだしイメージ的に男の子のほうが好きかな?

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / パパ、お月さまとって! / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット