たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

どーしたどーした」 みんなの声

どーしたどーした 著者:天童 荒太
絵:荒井 良二
出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年01月06日
ISBN:9784087754148
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,038
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • じっくり読んで、じっくり考えて

    私の苦手な荒井さんの絵だし
    始めの方は
    ちょっと私的には
    「うんざりぎみ」の感じでした
    文字多いし・・・

    でも、天童さんの作だから
    何かあるはず・・・

    うぉ〜っ 重たい・・・
    いきなり 展開がすごいことに

    天童さんのあとがきでもありますが
    確かに、絵は難しいと思われます
    リアルだとリアル過ぎるし
    荒井さんの絵だから
    へたくそっぽくて(^^ゞ
    子どもが描いた感じに見えて
    重いテーマが、解決の方向に
    明るくどたばたで
    よく見えてくるのかも

    これを小学生に読むには
    こどもたちとの信頼関係築いてからでしょうか
    学校の先生の方がいいのかな?
    絵本の中の先生は、逃げ腰ですから(^^ゞ

    子どもより
    子育て中のパパママや
    おせっかいおばさん達にいいかな?

    考えさせられます

    掲載日:2014/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何にでも関心をもつこと

    とても社会性の強い絵本だと思います。
    何にでも関心をもつ全くんは、首をつっこみすぎて、家族からすると困った子どものようです。
    しかし、自殺しかけた人や、虐待児童を助けるスゴい力を持っています。
    社会の無関心さに対する強烈な批判のように感じました。
    でも、全くんがどのように育っていくのか、ちょっと心配です。
    「どーした」の使い分けを学んでいくと良いですね。

    掲載日:2014/02/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 首をつっこんでみる

    どーしたどーした、となんでも首をつっこんでくるゼンくん。
    我が家にもいます。誰かがなにか驚いたり話したりしていると
    「どーした?なになに?」と言ってくるちびっこがひとり。
    「あんたに関係ないから」と言っても「どーしたどーした」と(笑)。

    でも、こういやってどーしたどーしたと首をつっこむことは
    大事なことなのかもしれません。絵本を読んでいてそう思いました。
    ちょっと気になることでも「まいっか」とヒトは見過ごしがちで。
    そういうところから、悲しいことがうまれていってしまうのかも
    しれないから。
    天童さんの文だから、そういった類いの重い話だったりするのかな?
    と予想はつきましたが、ほんとに思った通り。荒井さんの挿絵で
    その重さがほんの少し軽やかになってよかったです(軽やかになって
    も、十分伝わってくるから)。

    掲載日:2016/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルからも絵からも想像できないくらい、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    かなり重いテーマを取り扱った本です。どーした、が自殺を考えていた一人の中年を、一人の児童虐待にさらされている子を救う。好きの反対は嫌いじゃない。無関心。無関心ではいけない。そんな事を思わせる本でした。深い…。

    掲載日:2015/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良いですね

    自分用に購入しました。
    子ども(5歳)には少し早いような気がして、読んでいませんが、小学校に入ったら読んであげようかと思います。
    人と人とのかかわり合い、声をかけるかけない、人を信じること、大切に思う事。。。いろいろ考えさせられた絵本でした。

    掲載日:2014/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの子に似ています

    このお話の主人公はうちの子どもにとっても似ています。何でも、「どーした?」と聞いてしまうので、最初はいいのですが何回も聞くのでみんなに怒られてしまいます。そんなとこがそっくりでした。うちの子はこの絵本を聞いて、「僕もこんな感じ!?」ってなんとなく時運が主人公に似ているのに気が付いたみたいです。

    掲載日:2014/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虐待は許せない

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    読み始めは「どーした」が口癖の子ということで3歳児の我が娘みたいだなーと気楽に読んでいたのですが、重いテーマのお話でした。
    サーカスのピエロみたいな青い顔をした子供。そうしたのはママの恋人だといいます。
    ピエロのメイクというのは大人にぶたれたあざのこと。子供目線だとそれは虐待だとはわからないのかもしれませんが明らかに虐待されています。
    周囲の人が気づいていても何もしていないということは現実でも多いようです。
    違ったらどうしよう等思う気持ちも分かりますが、少しでも虐待の疑いがあるのならば即通報でいいと私は思ってしまうのですが。一番守るべきなのはただおびえながら耐えることしかできない子供なのですから。虐待は絶対に許せません。

    掲載日:2014/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おえかきしりとり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット