なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ウサギのいえにいるのはだれだ? アフリカ・マサイ族民話より」 みんなの声

ウサギのいえにいるのはだれだ? アフリカ・マサイ族民話より 作:ヴェルナ・アールデマ
絵:レオ・ディロン ダイアン・ディロン
訳:やぎた よしこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,553+税
発行日:1980年
ISBN:9784593500864
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,173
みんなの声 総数 2
「ウサギのいえにいるのはだれだ? アフリカ・マサイ族民話より」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 劇にしたい絵本!

    アフリカといえば異国の地。というイメージがとっても強く、アフリカの民話ってどんなの??と思い手に取った絵本でした。息子も表紙のマサイ族がかぶっているお面に惹き込まれ、すぐに読んで!読んで!といっていました。

    お話はマサイ族に伝わる民話をマサイ族が劇で演じていくお話なのですが、最後まで犯人が分からなくて、誰?誰??と思ったり、分かったときの面白さに噴出しちゃったり、最後まで飽きることなく読める絵本です。
    少しボリュームがありましたが、年少児の息子でも最後まで楽しんで聞き入っていました。
    ところどころにマサイ族の表現があって、その響きもまた素敵な味わいをだしています。

    そして不思議なことに、この絵本は読んでいるとより、実際にその公演をみているような気がしちゃいます。
    多分最初のページに、幕の前で観客が開演を待っているシーンが書かれているせいでしょうか。
    だからこそ、この絵本を本当の劇でやったらどんなに面白いかと思いました。

    掲載日:2006/03/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • くすぐられる表意音

    ウサギがある日出かけている間に、自分の家を何者かに占拠されてしまい、その事態に、いろいろな動物がおせっかいを焼いてくれるという、民話です。お話自体、民話らしいくり返しの多用で愉快ですが、絵も独特の色彩で目を引きます。マサイ族が動物の仮面をかぶって劇をしているという設定もおもしろい。
    そして、アフリカ人が使う言葉ををそのまま標記しているという表意音。カエルが「せむ」としゃがんだり、ジャッカルが「くぴどぅ、くぴどぅ」と逃げていったり、ゾウが「がむ、がむ、がむ」と歩いたり。
    最初は「?」だった表意音の数々が、だんだん口に馴染み、とってもそれらしくなってきました。
    刺激的な絵本です。

    掲載日:2011/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ペレのあたらしいふく / つみき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


入学・入園・進級の準備に、知育しかけ絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット