だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

いのちの木」 みんなの声

いのちの木 作・絵:ブリッタ・テッケントラップ
訳:森山 京
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年09月
ISBN:9784591134931
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,856
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 幸せに暮らしたキツネ

    やっぱり森の仲間と一緒に幸せに暮らしたキツネの一生が、羨ましく思いました。どの世界でも仲間と一緒に幸せに暮らせるのが一番だと思いました。亡くなるのも、お気に入りの場所で、大好きな森の景色を眺めた後に、そっと目を閉じてと言う表現がとてもいいと思いました。キツネは大往生だったと思いました。亡くなった後にもお友達にいっぱい囲まれて幸せだったのだと思いました。

    掲載日:2014/12/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • かんじるままに

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    もりの仲間たちから慕われていた
    きつねがしずかに死んでしまいました。
    「死」ということに向き合うともだちの動物たち。
    何とも言えない静寂や空気が絵本を通じても
    感じ取れるような気がします。
    そして生きているものたちはどうしたのでしょう。

    仲間の死をどう感じ、
    どう受け入れて前に進んでいくのか?
    子供達が読んで何を感じたのだろうと
    興味津々になりました。でも言葉で聞いてしまうと
    軽い感じになって小さく収まってしまいそうなので
    感想を聞かないでおきました。

    おとなにとっても「死」と向き合うことと
    さみしさを乗り越えて一緒にくらした楽しい思い出とともに
    前を向いて生きていくことのヒントになったような気がします

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    2
  • お友だちのおうちで読ませてもらった本です。
    娘のお友だちが最近亡くなりました。

    娘にどう説明したらいいか、悩みながらも
    娘に分かる言葉で話をしています。

    そんな中で、この本を見つけました。
    天国にいるお友達の姿はなくなったけれど、
    心の中にいき続けていくんだよ。

    そんな風に娘が理解してくれたらいいな。と
    おもいます。

    最近、私の親友も辛く悲しい時間を過ごしています。
    その友人に贈ろうとおもいます。

    掲載日:2014/09/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • いのちってつながってる!

    年長の子どもたちに命について絵本を通して伝えたいと思って、選んだ絵本。

    読んだ後に子どもたちの中に、自然と、静かであたたかな雰囲気が生まれたと感じた絵本でした。

    きつねが死んでしまっても、仲間の動物たちの心の中には確かにきつねがいる。
    その思い出が、悲しみをやさしく包んでくれたと感じました。

    子どもだけでなく、大人の方にもおすすめする絵本です。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • 年をとったキツネは命つきて死んでしまいます
    雪の中で眠るキツネがかわいそうで 涙が出ます

    森の動物たちはみんなキツネのことが好きで悲しみますが・・・・
    楽しく過ごした思い出をみんなで語り合うのです
    夕日を見つめた後ろ姿はじーんときます キツネのおかげで「こころがほぐれた」とネズミがいいます
    キツネの優しさがにじみ出ています

    そんなみんなの思い出を語るうちに、キツネがねていたところから芽がでてきて、それが 大きなステキなオレンジ色の木に育つのです

    そして その木のなかで 森の動物たちが楽しく過ごすなんて なんてロマンチックなお話しでしょう

    ラストのキツネのすがたはみんなを見守る目ですね

    私の母も年老いて93歳の誕生日を迎えようとしています
    がんばっていますが・・・・眠っていることが多くなってきたのでこのお話を読むと母をかぶりました 

    掲載日:2014/02/14

    参考になりました
    感謝
    2
  • 1年生の読み聞かせ

    小学校1年生に読み聞かせをしました。

    年老いて死にゆくキツネと残された仲間の動物たちの物語
    友の思い出を胸に、仲間の動物たちは強く成長していきます。

    読み聞かせの前に、息子(二年生)に読み聞かせました。
    あまり読んだ後に感想を聞いたことがないのですが、
    ちょっと聞いてみました。(一年生や二年生には難しいかなと思い)
    息子の答えは「生きようと思った」とのこと…(ちょっとビックリ)
    あまり深く考えず子供達の感性にまかせることにしました。

    前向きで素敵な絵本だと思います。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • キツネの死というショッキングな出だしと、降り始めた雪の冷たさとおごそかさでしたが、次第に心がほっこりしてきました。
    誰にでも死はおとずれるけれど、思い出がそれを包み込んでくれるのだと教わりました。
    何よりも楽しい思い出がいっぱいで、誰にでも愛されたキツネは、森の動物たちの生きる支えになってくれました。
    「いのちの木」、とても素晴らしいタイトルだと思います。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    1
  •  放送作家で作詞家でタレントの、永六輔さんの訃報が届いた時、多くの人がその人柄をしのび、惜しい人を亡くしたと涙をこぼしました。
     そんな時、見つけたのが、この『いのちの木』という絵本でした。
     作者のブリッタ・テッケントラップさんはドイツの絵本作家ですし、この絵本が日本で出版されたのは2013年ですから、永六輔さんの死とは何も関係ありませn。
     それでも、この絵本に描かれているのは永六輔さんのことではないかと思いました。
     それはこんな話です。

     雪の降るある日、年老いた一匹のキツネが森の中で死んでしまいます。
     キツネの死を知って、森の仲間たちが集まってきます。そして、キツネとの思い出をそれぞれが語るのです。
     フクロウは若い頃に落ち葉を拾う競争をしたことを、クマはコグマの世話をしてもらったことを、ウサギはオニごっこをしたことを、 たくさんの森の動物たちがそれはそれは楽しそうにキツネとの思い出を話しました。
     キツネが亡くなっていたところから小さなオレンジ色の芽が出てきました。そして、それは次第に大きくなって、森一番のりっぱな木に育ちました。
     森の動物たちはその大きな木に集まりました。いつまでも動物たちの心にはキツネが生き続けているのです。

     永六輔さんのことを思うと、この絵本のキツネのように思えて仕方がありません。
     きっとこれからも私たちは永六輔さんが作った歌を歌うでしょうし、永さんが感じたことや怒っていたことを自身のこととして振り返ることがあるでしょう。
     永六輔さんという木は、多くの人の心の森にりっぱに育っているような気がします。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    1

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット