十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

花ぐるまの井戸」 みんなの声

花ぐるまの井戸 文:早船ちよ
絵:二俣 英五郎
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年04月
ISBN:9784337095137
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「花ぐるまの井戸」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 井戸のかみさま

    昔の遊びは大人でも のんびりしていますね
    とねり(ごてんで雑用していた人)はこうがいまわしのめいじん(あたまがかゆいときにかくへらのようなもの(昔の人は長い髪をしていたり髷をいうていて、しかも 今のようにお風呂も毎日は要らない生活でしたからね)
    こんなこうがいまわしを楽しんでいたとは・・・
    そして 井戸の神様がいた時のお話しです(井戸 今の子は知らないでしょうが、私は田舎のお婆ちゃんの家の 深い井戸を覚えています)
      
    はりまわしのおばあさん これまた名人でこうがい回しの名人も負けてしまいました(のんびりした時代ですね)

    そんな遊びをしているとき、山犬に追っかけられた女の子と山犬が井戸の中に落ちてくるんです
    つるべにのって おんなのこは助けられますが・・・・
    そのつるべから 花ぐるま(かざぐるま)がくるくるまわりながらあがってきたのですが・・・(女の子の花ぐるまですが、わすれられて)

    井戸に落ちた 山犬は井戸の神様に「もうわるいことはしないから 助けてください」と頼むのです
    神様も優しい 山犬を助けてやるのです  つるべにのって

    そしたら きれいな花ぐるまが つるべにのって 井戸の中へ降りてきたのです(女のこん持っていた花ぐるまだったのですね)

    こては 井戸の神様に娘へのプレゼントとなるのです

    ラストの花ぐるまがきれいです!
     
    昔話  今の時代とはずいぶん生活様式が違いますが
    美しい物へのあこがれは今もおなじですね
    山犬はどうしているのでしょうね??

    掲載日:2014/01/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット