アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

どっしーん!」 みんなの声

どっしーん! 文・絵:岩田 明子
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年02月05日
ISBN:9784477026909
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,892
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • シンプルで楽しい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    楽しい!
    うさぎとしかが「どっし〜ん」で、うさしかに。
    うさしかとわにがぶつかって、うさしかわにに。
    こういう楽しい絵が大好きな子どもたちは、大爆笑でした。
    どっし〜んでぶつかる動物たちが、しびれるほどに痛そうで、おもしろっくて…単純な繰り返しに、安心して楽しんでいました。

    掲載日:2017/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんでそんなに急いでいたの?

    大慌ての、うさぎさんとしかさんが、あっちとこっちから走ってきて
    ぶつかったら、あれ、うさしかくんになってしまった。
    そのまま走ってゆくと、またどっしーんで、今度はうさしかわにに。
    なんだかみんな合体してゆきましたが、はちさんのおかげというか
    最後は、みんなは元に戻りました。ホッとしました。
    ユーモラスですが、よいこのみなさんは、ぜひぜひ気を付けてほしいですね。

    掲載日:2016/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい展開!

    うさぎとしかがそれぞれ急いで走ってきて、ぶつかって「どっしーん!」
    するとうさぎとしかが合体して「うさしか」に!
    それから急いでやってくる動物たちとどんどんぶつかり合体してきます。
    これ、最後はどうなるの?と思いましたが、面白い展開でみんな元通りになります。

    掲載日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気をつけて〜!

    岩田明子さんの絵本は,「ばけたくんシリーズ」にはじまり,「はらぺこソーダくん」「とんねる とんねる」と読ませていただきましたが,イラストがとても面白くまさに見て楽しむ絵本という感じがします!
    こちらの絵本,最後はみんな元に戻って何よりです!
    子供達は,どっしーん!しないように気をつけましょうね。

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物たちの表情が愉快です

    毎回ぶつかって驚いている どっしーん! の見開きの動物たちの表情が愉快です。
    動物と動物がぶつかって、混じっちゃうっていう発想も楽しい。
    見開き左の混じっちゃったヘンテコ動物の名前にも、笑います。
    きちんと、元の動物の体の色を名前の文字にしているから、小さい読者さんも混乱しないのでしょうね。

    結末にびっくりしながらも、あ〜よかったって思いました。
    それにしても、何をみんな急いで、どこに行こうとしていたのかしら?

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳11ヶ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    ばけたくんシリーズが気に入っていたので、この絵本を選びました。
    面白いですね!!
    子供が喜ぶこと間違いなしの絵本だと思います。
    読み聞かせてるこちらも楽しく読むことができました。

    掲載日:2015/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 混じり方を楽しむ作品かな〜。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    物語性は全くありません。
    いろんな動物ったちの掛け合わせを楽しめる作品です。
    ぶつかればぶつかるほど、どんどんいろんな要素がまじりあって不思議な動物になっていきます。
    個人的には≪うさしかわにしま≫あたりの混じり方ぐらいが一番面白いです。
    最後は昔話のオチのように、ハチに刺されてパ〜ン!となって、とても痛かった様子ですが、無事にみんな元の姿に戻ります。

    絵の状況だけを楽しめるお子さんには向いていますが、
    変にいろんな動物と混ざってしまうのでそのことを心配するお子さんや、
    ハチに刺されて「痛いだろうな」と深く考えたり感じすぎたりしてしまうお子さんには、ちょっと様子を見ながら与えたほうがいいかもしれませんね。

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!

    絵本ナビで表紙絵を見たときからとても気になっていました。
    中身は、色々と衝撃的です。笑
    どっしーん!が毎回痛そうで、面白くて。
    最後の方はもうごっちゃごちゃすぎて凄い姿になっていて、息子は「気持ち悪い〜」と言いつつ大笑いでした。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい迫力

    表紙からして、インパクトがあります。
    いそいでいる動物同様、この絵本も、すごい迫力ですすんでいくかんじです。
    どっしーんの場面は、なんだか、いたそうでかわいそうなきもしますが、そんなことをのんびり思ってるまもなく、次の場面にいくような、スピードのある絵本です。
    ばけたくん同様、つぎつぎまざっていく絵がみものです。
    岩田さんの絵本は、くせになるおもしろさです。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなことって!

    どっしーん!

    そうか、ぶつかるお話なんだなと思ったら、スゴイことが起こりました☆
    こんなことって!

    さすがに、ここまでは考えなかった〜。
    娘とふたり、ビックリ!

    これは、ゼッタイ楽しい♪
    幅広い年齢にウケそうです!

    掲載日:2015/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット