かさちゃんです。 かさちゃんです。
作・絵: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
雨の日のおでかけも楽しくなるよ!

きのうはどこ?」 みんなの声

きのうはどこ? 作:遠山 繁年
出版社:ブイツーソリューション
本体価格:\1,000+税
発行日:2013年08月
ISBN:9784434180897
評価スコア 4
評価ランキング 23,113
みんなの声 総数 1
「きのうはどこ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 『きのう』が理解できないと、難しいかも。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    『きのう』を探しに行ったハトの郵便屋さんのお話です。
    “きのう”へ行くために散々動物たちに聞いて、飛びまわって、最後にはクジラが飲み込んじゃったから・・・。テンポよく次の展開へ移動するので、読んでいてお話のリズムが楽しかったです。

    ところで、最初に『きのうのぼく』に手紙を書いた。というカワウソ君は、いったいきのうの自分にどんな内容の手紙を書いたんでしょうね?
    その内容がちょっと気になりました。

    手のひらサイズの小さめな絵本で、多分作者や出版社が思うところの対象年齢は低いと思います。
    私の読んだ感触では、ハトが誰かとの会話しているリズムみたいなものを楽しむだけなら、4,5歳くらいでも聞けるかな?と、感じました。
    でもお話の『きのう』を理解して、物語の内容を楽しめるのは小学校の中学年以上ではないでしょうか?

    掲載日:2014/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット