あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。

ねずみの歯いしゃさんアフリカへいく」 みんなの声

ねずみの歯いしゃさんアフリカへいく 作・絵:ウィリアム・スタイグ
訳:木坂 涼
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1995年
ISBN:9784883301010
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,559
みんなの声 総数 14
「ねずみの歯いしゃさんアフリカへいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 奥さんが素晴らしい

    小学校での歯科健診が終わったタイミングで、読んでみました。
    象のムダンボを見ていると、虫歯には絶対になりたくないな〜と思います。
    それくらい、ものすごく痛がっているのですから。
    助手でもある、奥さんが素晴らしいですね。
    夫婦のコミュニケーションが、良かったと思います。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピンチの先生

    歯医者のチュー先生の続編を見つけ借りてきました。

    今回の方が大ピンチ!いつかも閉じ込めれらてるなんて

    想像しただけでかわいそ過ぎます。その間ムダンボは・・・

    なんて考えてたらまた災難。

    しかし奥さんがえらい。私のイメージではムーミンママみたいな

    度胸と懐の深さがあります。

    ハラハラしすぎたので私は前作の方が好きです。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夫婦愛

    とても仲良しでお互いを思いやるねずみの歯医者さん夫婦に、娘夫婦を重ねて読みました。娘夫婦もアフリカにたどり着くまでお互いに協力して知恵を出し合ってたと思うと当時を懐かしく思いました。ゾウさんの歯の治療までハラハラドキドキとしながらもあってよかったです!

    掲載日:2013/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相思相愛なねずみの夫婦

    偶然借りた『歯いしゃのチユー先生』がとても楽しい本だったので、その続きの話があることを絵本ナビの検索で知り、早速借りてみました。

    私たち親子には、『歯いしゃのチユー先生』の方がずっと面白かったのが正直なところですが、この『ねずみの歯いしゃさんアフリカへいく』でも、ねずみ夫婦が本当に互いを愛していて、すごいなぁと思ってしまいました。

    掲載日:2012/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハプニングが面白かったです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    ウィリアム・スタイグの絵本は個人的にちょっと好き嫌いがあるんですよね〜。すごく感じるものがある時と、「ロバのシルベスター…」なんて、読み聞かせのボランティアをしているとめちゃめちゃ評判がいいのに、私的にはもう一つって感じですが、「きいろとピンク」とか「ぶたのめいかしゅ…」とかは大好き!「ゆうかんなアイリーン」もドキドキして好きです。

    「チュー先生」の1巻はいまいちでしたが、「アフリカへ行く」はなかなかハプニングが面白かったです。
    しかも邦訳が木坂涼さん!
    もしかしたら、木坂さんの訳のテンポが自分には面白く感じられるのかもしれません。

    最後にゾウの歯の治療を執行したのは、奥さんの方みたいですね。できた奥さんに拍手!!

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • も〜これは夫婦愛のお話だわ

     この作品を読む前に「歯いしゃのチュー先生」をお薦めします。
     名歯科医チュー(本作の訳では原題通り ソト)先生が、腕をかわれアフリカまで治療に出かけます。
     体の大きい患者のゾウさんの歯の治療方法にも興味がありましたが、ソト先生夫婦の船旅の様子が楽しそうでラブラブな感じにポッとしてしまいました。
     どこにもひどい事をする輩はいるものです。
     ソト先生のピンチを心配し読み進めたら、奥さんのデボラさんの夫を心配する様子、ソト先生の患者もさることながら妻のための火事場の馬鹿力を出す様子に感動です。
     患者のムダンボさんの治療が見事な夫婦の連携作業で行われたページで、『も〜これは夫婦愛のお話だわ』って、思いました。
     エンディングもやっぱりそうでした。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみのお医者さん、大健闘

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    以前にねずみのお医者さんを読んで面白かったので、同じシリーズらしいので読んでみました。

    今度はアフリカへ、ゾウの歯の治療です。

    相変わらず、スタイグのはなしは展開が面白くて、とんでもないハプニングにみまわれて・・・とあっという間に続きを読んでしまいます。

    ゾウの虫歯が治って喜ぶ顔はとても嬉しそう!

    子供も虫歯をほっとかないで、歯医者さんへ行ったほうがいいなとおもったかもしれませんね。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい名医ですね

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    「歯いしゃのチュー先生」が面白かったので、続きのこの本を借りてみました。
    「チュー先生」ではなく「ソト先生」となっていましたが、相変わらずの名医ぶりです。
    だって、外国から治療をして下さいと電報が届くのですから!

    電報をくれたゾウの歯の治療が済む前に、ソト先生がさらわれるというハプニングが発生。
    どうなるの・・・ドキドキ。

    でも、前作の「歯いしゃのチュー先生」の方がおもしろかったです。
    今回は、先生と奥さんの仲の良さが印象に残りました。

    掲載日:2009/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキハラハラ

    ねずみの歯医者さんがゾウの治療をしに行きます。

    ねずみがゾウの治療をどうするのか興味が湧きました。

    歯医者さんが悪者に捕まるのにドキドキハラハラ、スタイグのお話はこういう展開が多いですね。

    歯医者さん夫婦の絆の固さ、仲の良さがいいなと思いました。

    掲載日:2009/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ね、すごくおもしろいだしょ」

    娘が図書館で「絶対これを借りる」といって譲らなかった本です。
    何が娘の心を捉えているのか・・・。
    近頃、ねずみ年のためか、ねずみの物語ばかり読みたがります。
    そして、この本も、ねずみの夫婦の歯医者さんが
    わざわざアフリカまで出かけていって象の虫歯をなおします。
    「アフリカには腕のいい歯医者がいないのか?」という大人の疑問をよそに、
    客船で旅をして現地に向かうねずみの歯医者さん。
    とてもとても夢があります。
    また、むずみ歯科医が拉致されるシーンなど
    手に汗握るドキドキ感。
    読み終えて娘は「ほらね、すごくおもしろかったでしょ」と
    自分の選ぶ本に間違いないとでも言いたげな得意顔。
    翻訳もとても読みやすく
    (あまり砕かず、味も素っ気もない感じの訳なんですけど)
    飾り立ててない感じが私は好きです。

    掲載日:2008/01/30

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット