ハッピーイースター ハッピーイースター ハッピーイースターの試し読みができます!
作・絵: ヨシエ  出版社: くもん出版
イースターってなあに? たまご探しと楽しいパーティー!?

ひとりでおとまりしたよるに」 みんなの声

ひとりでおとまりしたよるに 文:フィリパ・ピアス
絵:ヘレン・クレイグ
訳:さくま ゆみこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2014年01月18日
ISBN:9784198637415
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,227
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お泊りのドキドキ、不安、そしてお母さん!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘と読みました。

    今年は一人でお友達のところにお泊りしたり、
    保育園のお泊りキャンプに参加したりと、
    「お泊り」と通じてぐっとお姉さんになった娘。

    そんな娘と寝る前に読んだ素敵な一冊です。

    絵本の主人公、エイミーがお泊りするのは、
    おばあちゃんのおうち。
    近くに住んでいるようですが、それでも「お泊り」初めてのエイミーは、
    自分のお気に入りのアイテムを3つ、持っていきます。

    そしてそのアイテムは夜にどう変身したか・・・!

    お泊りのドキドキ、ちょっぴり不安な夜、
    自分の持ち物と一緒であるという安心感。
    なんだかとっても分かる〜!
    私も自分の子供時代の「お泊り」を思い出しては、
    夜寝る前の寂しさや不安が心の中に蘇るのでした。

    そして、来てくれたお母さん!
    やっぱり、お母さんとおうちが一番!

    「お泊り」して帰ってきた後に、いつにもまして私に甘えてくる娘が
    とってもいとおしく思える一冊です!

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキのお泊り

    初めてのそれも連日のお泊り。
    楽しみでワクワク。だけどドキドキだし不安だし、やっぱり夜は心細い。そんな彼女の気持ちを汲んでくれる素敵で優しいおもちゃたち。
    とても楽しくて、共感も出来て、夢のあるお話でした。

    掲載日:2015/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとりでおとまりできるかな?

    はじめておばあちゃんのおうちにお泊まりすることになった女の子エイミーのおはなしです。
    家から宝物を3つ持って、はりきっておばあちゃんのお家にでかけたエイミー。昼間は全然大丈夫で楽しく過ごせたのですが、やっぱり夜になったら不安になってきてしまいます。
    もってきた宝物のおかげで、なんとか乗り切ることが出来たエイミー。想像力豊かな子供だからこそ、頑張れたみたいです。
    5歳の息子はまだひとりでお泊まりしたことがありませんが、この絵本を読んでちょっぴり勇気をもらったようで、「ぼくもひとりでおとまりできる」と言っていました。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごく良かったー

    6歳長女がもう一人でおばあちゃん家にお泊りできるころかな?と思い、長女と重ねて借りました。

    とっても良かったです。お泊りできるという自分と、でも行ってみたら寂しくて家族が気になる気持ち、それがわかりやすく書かれています。3つだけおばあちゃん家に持って行ったものが、寂しい夜にいきなり大変身。長女は「すごーい」。絵もとても素敵で、これは購入してもいいなと思いました。購入考え中です。

    掲載日:2014/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • エイミーの成長

     自分から「おばあちゃんの家に泊まりに行く」と言ったエミリー。おばあちゃんの家は楽しいけれど、夜になるとやっぱりうちが恋しくなりました。
     でもエイミーがおうちからもってきた宝物が、大活躍です。おもちゃの小さな木馬がおおきくなって、満月の空を駆けている場面が、いいなと思いました。

     ひとりでおとまりができて、エイミーの成長が感じられました。
     やさしい色合いで描かれた、いきいきしたエイミーがほほえましかったです

    掲載日:2014/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いホームシック

    初めておばあちゃんのうちにひとりでおとまりしたエイミー。
    楽しいけれど、夜になると自分の家が恋しくなるのです。
    おとまりする時に持ってきた、エイミーのお気に入りが彼女を夢の世界に誘ってくれるところがとてもファンタスティックです。
    魔法のじゅうたん、魔法の馬、魔法のヨット。
    でも、本当のお母さんが一番でした。

    掲載日:2014/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    教科書でもおなじみ、塚本やすし先生の楽しい読み聞かせ絵本。おでんしゃ出発しまーす。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット