大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ピクニック」 みんなの声

ピクニック 作:ジョン・バーニンガム
訳:谷川 俊太郎
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年02月01日
ISBN:9784776406174
評価スコア 3.78
評価ランキング 29,366
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わざと子どもが描いたみたいな絵なのかな?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    ジョン・バーニンガムの作品はたくさん評価されていて、いろいろな人が好んで読んでいますが、この絵本を誰かが読んでくれたところに出くわしたことはないです。

    男の子と女の子がお弁当を作って、友だちのヒツジとブタとアヒルを誘ってピクニックに行って帰ってくるだけのお話ですが、
    邦訳が谷川さんなので、1つ1つの会話のリズムも声に出して読むと、なんだかすごく味わいがあっていいんです。

    これは絶対わざとだと思うのですが、絵の具が絵の輪郭からはみ出していたり、ちょっとデッサンがくるっていたりする作風なんですよ〜。
    まるで小学校の低学年くらいのお子さんが描いたみたいな…。
    だからこの絵本は、すごく有名な作家さんが描いた作品というより、もっと身近な誰かが描いた絵という印象を受けました。

    さらにこの作品はちょっとした参加型に作られていて、聞き手の子どもたちに「○○は見つかったかな?」と、聞いてくるんです。
    ここもいい!
    作り手が作ったものを、読み手がただ読むだけでなく、ちゃんと聞き手に尋ねていることで、みんなの世界が1つの作品の中でつながってると感じました。
    今度、おはなし会で使ってみたいです。
    タイトルが「ピクニック」だし、絵の中の世界が初夏っぽい色あいなので、読むのは絵の中の季節に近い時期がいいかなと、思います。

    掲載日:2016/03/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ピクニック,いいですね!

    訳が谷川俊太郎さんなので安心して読むことのできる絵本に思いました。
    読み聞かせはもちろん,一人読みにもいいかもです。
    「ピクニック」のお話に柔らかなイラストなのでほのぼのした感じが漂っていて,早くピクニックのできる季節にならないかな〜と思ってしまいました。
    温かいお日様の下,ピクニックしたいです!
    楽しそうな様子が感じられる絵本です。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆったりした気分になります

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子2歳

    お外でお弁当を食べるシーンはほのぼのします。隠れた帽子などを探すページなどもあるので(ごく簡単なものです)、娘はそれが楽しかったようです。
    最後の1ページはまだ意味がわからないようです。
    でも、1歳児から幼稚園児まで楽しめるのではないかと思います。
    翻訳が谷川さんということで、少し味のある日本語訳になっているのでしょうか。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳1ヶ月の息子に図書館で借りました。
    バーニンガムさんの新作なので。

    ぼくと私と羊と豚とあひるが、ピクニックに出かける話。
    息子くらいの年、3歳くらいにちょうどいい内容。
    春のピクニックの楽しさを感じるほかに、
    絵本の中で、登場人物を探したり、
    帽子、ボールなどの持ち物を探すことができたりします。
    とっても簡単なのですが。

    とにかく、色が春らしくて、バーニンガムさんにしてはシンプルで、
    春の楽しいピクニックを表すには最適な絵です。
    ただ、親としては、ちょっとひねりが欲しかったかな。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいピクニックごっこ

    ピクニックの楽しさと、もの探しの楽しさが描かれています。
    ただそれだけと言ってしまえば、その通りですが、まだピクニックをそれほど経験していない幼児には、アウトドアの楽しさを伝えてくれる、動機付けの微笑ましい絵本だと思います。

    掲載日:2014/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 開放感があります

    大好きなジョン・バーニンガムの新作ということで、楽しみにしていました。
    大型の絵本なので、開放感があって、楽しい雰囲気が画面いっぱいに広がっています。
    簡単な探し絵のような要素もあり、「どこにあるかな?」の問いかけに、子供たちがうれしそうに指差してくれました。
    これからあたたかくなって、出かけるのにピッタリな季節がやってきます。家族でピクニックに出かけたくなりました。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 皆でピクニック

    このお話は動物と一緒に人間の男の子と女の子がピクニックに行くお話でした。途中でいろいろハプニングがあるのですが、そこがこの絵本の楽しい所でした。うちの子にはちょっと字数が少なかったみたいですぐに終わっちゃったって言っていたのでもう少し小さい子だったらちょうどいいかも。

    掲載日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春っていいな

    春の気持ちのいい日のピクニック。特別な事件なんてないし、シンプルなお話なんだけど、バーニンガムが描くとどうしてこうも、いいって思えるのかな、とおもいました。描くものに無駄がなく、シンプルに頭に入ってくる。子どもの表情や動きも感じられます。子どもの心まで描かれてあるみたい。

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット