十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

かず」 みんなの声

かず 文:西内久典
絵:安野 光雅
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\398+税
発行日:1986年10月
ISBN:9784834005684
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「かず」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゆびを使って

     数を教えてくれる絵本は、たくさんあります。この絵本は、指をつかって、数をかぞえていきます。

     5本のゆびを使って、「5」からかぞえていくのがおもしろいなと思いました。「0」から「12」までおぼえることができます。

     安野さんの絵は、ほのぼのしていいなと思いました。花や動物など、楽しく数えられます。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとかわったかずの絵本

    • ぷぴさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、男の子2歳

    ふつうは「かずのえほん」、というとだいだい1から順にイラスト等で数が示されているものが多いと思います。

    が、この本はまったくそういった順番では書かれていません。
    さらにイラストもたとえば「4」を数えるとしたら、4つのものが描かれているわけではなく、とんぼのはねを数えると4、うさぎのあしをかぞえると4といった感じです。さらに手の指の数で4を表し、それと比較がなされています。

    少しかずの絵本としてわかりにくいかな、とは思うのですが、指をつかって数を表すのが楽しい時期(2歳とか3歳?)によいのではないでしょうか?

    掲載日:2014/01/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット