あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。

すぎのきと のぎく」 みんなの声

すぎのきと のぎく 作・絵:やなせ たかし
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2014年01月22日
ISBN:9784577041895
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,813
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 愛の形

    のぎくとすぎのきの愛情物語が、やなせたかしさん流の表現法で描かれています。
    のぎくの姿の愛らしさ、すぎのきの可愛さがとてもメルヘンチック。
    雷が落ちて焼けてしまっても再生するすぎのきのたくましさに、愛の永遠性を教えられました。

    掲載日:2015/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 純愛

    このお話は、大きな杉の木と小さな野菊のお話でした。両方とも相思相愛で、お互いの事を思いやっている姿がかわいかったです。でも、ある日、天気があれてその時に雷で撃たれて杉の木は燃えてしまいました。でも、その杉の木は小さな杉の木となっていて死んではいなかったのです。大きさが一緒ぐらいになってさらに仲良くなっている感じがまた更にかわいいお話でした。

    掲載日:2015/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • すぎのきが すき

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    アンパンマンのやなせたかしさんのメルヘン絵本の復刊ですね。
    大きな杉の木と、その木の下に咲く小さな野菊。
    お互いに控え目に、相手のことを想っているのです。
    ところが、嵐で、雷に焼かれた杉の木。
    悲しむ野菊ですが、傍らには、杉の子が生えてきたのですね。
    お互い相手を思いやる気持ちが伝わってきます。
    まさしく、メルヘンやなせたかしワールドです。
    「好き」と素直に言葉にするところも素敵でした。
    小学生以上くらいからでしょうか。
    思春期の子どもたちにもいいかもしれませんね。
    大人もぜひ。

    掲載日:2014/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2歳からの日本語エンターテイメント第2弾は、つけたし+

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット