あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

白い街 あったかい雪」 みんなの声

白い街 あったかい雪 文:鎌田 實
絵:小林 豊
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年11月
ISBN:9784591136843
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,884
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • そんなノリで読むような本ではありませんでした。お話を黙って読み続けていた私ですが、鎌田先生のあとがきで涙がぼろぼろとこぼれました。この本に出てくるお医者さんご本人なんですね。優しさは連鎖する。私も優しさを連鎖させられる人間になりたい。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • チェルノブイリ原発事故に合った少年の話

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子15歳

    チェルノブイリで起きた原発事故で多大な被害をこうむったベラルーシという地区に住んでいたアンドレイという男の子の話をアンドレイのお母さんの目線で語ったものです。

    この絵本には作者の鎌田さん自身が描かれた元ネタ、大人のための児童書みたいなタイプの本があり、その話を絵本にしたものがこの作品になっているようです。

    被ばくしたため白血病になってしまったアンドレイのために、
    アンドレイの食べたいといった南国のフルーツパイナップルを
    極寒マイナス20度の大雪の中、捜し歩いた日本人看護師「ヤヨイさん」。
    アンドレイのお母さんはそのことにとても感謝しているので、タイトルが「あたたかい雪」になったんでしょうね。
    表紙絵はやや暗く重たい感じがしますが、中身はとてもあたたかい内容です。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 国境を越えて

    一貫して地域医療に従事し
    「がんばらない」等たくさんの著書や
    介護5でも家族と海外旅行へ行ったり
    海外への医師団の派遣や薬を送ったり
    と、人道的な活動をなさっている鎌田實氏
    その鎌田Dr.の絵本?
    と、新聞に紹介されていたので
    図書館にリクエスト

    梅雨の晴れ間に
    雪の表紙であります
    日本ではない雰囲気
    ベラルーシの男の子の母親が主人公のようです

    チェルノブイリ原子力発電所の事故は
    隣国の旧ソビエトで
    現ウクライナですよね?
    地続きな国での被害

    事実を「知らない」「報らされなかった」恐怖を
    感じます

    「あのひ さんぽにいかなければ
    あのひ くろいあめに ぬらさなければ
    そとで あそばせたりしなければ」

    自分を責める母親の気持ちが
    痛いほどわかります

    あきらめの気持ちが
    日本から来たDr.カマト(鎌田と言えないそうです)や
    看護師のヤヨイさんの“心”が
    伝わり、前向きになるんです

    何も食べれない息子アンドレが
    唯一食べたいという「パイナップル」を
    探すヤヨイさん
    その優しい心がひとからひとへとリレーすることには
    本当に感動してしまいました

    絶望から希望へ

    すごいですね
    ほんとうに、すごいです

    じっくり味わいたい

    「命」について
    「だれかのために自分が出来ること」について
    国境を越えてーと、
    じっくりあじわいたい絵本です

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絆のパイナップル

    何事もなければしあわせのままのはずのアンドレイでした。
    事故が起こったのは、離れた土地のチェルノブイリ。
    風に運ばれた放射能の雨がアンドレイの人生を変えてしまいました。
    わずか14年の人生。
    日本人医師の治療、アンドレイの食べたいといったパイナップルを探し求める看護師、、事実の中に温かみもありました。
    ひと時の間回復したアンドレイは幸せだったのでしょうか。
    でも、この絵本は事実だから、人情物語にしてはいけない。
    同じことが、日本でも起きようとしているのだから。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • あらかじめ、悲しいお話だよと言ってから
    読み聞かせをしました。
    ベラルーシで生まれた男の子が
    チェルノブイリ事故のことを知らないまま
    放射能を浴びてしまい、14歳で亡くなるお話です。
    途中、日本人医師によって体調が回復するものの
    やはり死んでしまう。
    男の子がどうしても食べたいと行ったパイナップルを
    求めて日本人看護士が寒い街を訪ね歩くのですが
    そのシーンは感動的でした。
    小林豊さんのすばらしい風景画が心をゆさぶります。
    もう原発はやめよう、こんな悲しいことはおきてはいけない。
    読み終わったあと、娘は言葉すくなでそのまま
    眠ってしまいましたが、少しはわかってもらえたと思っています。
    この絵本は、小学校の読み聞かせなどでも
    積極的に読みつがれていくべき絵本だと思います。
    戦争をテーマにした絵本とともに、
    フクシマを経験した日本人としてはこのテーマは必須でしょう。
    もっと宣伝してほしいです。

    掲載日:2014/02/24

    参考になりました
    感謝
    1

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット