貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

身がわり王子と大どろぼう」 みんなの声

身がわり王子と大どろぼう 作:シド・フライシュマン
絵:ピーター・シス
訳:谷口 由美子
出版社:童話館出版
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784887501225
評価スコア 4
評価ランキング 21,555
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スピーディに話が進む

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    スピーディに話が進み、また惹きつけられるお話でよかったです。
    王子の代わりにムチでうたれるジェミーとわがまま王子さま。
    ある日、2人は城を抜け出し…!?
    最初の2人の関係と最後の2人の関係の変化もいい感じです。人は変わりますねー。

    掲載日:2017/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一気に読み終えました

    自分では何もまともにやろうとしない悪たれ王子と、王子のいたずらのお仕置きに代わりに鞭打たれる身代り少年。
    心通うことなく憎み合う2人がそれぞれの思惑で、城から抜け出したところで出くわした悪党2人。
    スピード感のある展開の中で、お互いには言葉を交わさぬ悪たれ王子と身代り王子の心のやり取りが素晴らしく饒舌です。
    児童文学とは思えない完成度の高さを感じました。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



木村カエラはじめての絵本出版記念連載

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット