しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

チャマコとみつあみのうま」 みんなの声

チャマコとみつあみのうま 文:清水 たま子
絵:竹田 鎭三郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1997年11月
ISBN:9784834014464
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,046
みんなの声 総数 2
「チャマコとみつあみのうま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 生きている者は皆兄弟

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子19歳

    メキシコ・ミステカ(ミシュテカ)族のおはなしです。
    ミステカ村に住むやんちゃな男の子、チャマコは、
    ある日、不思議なおじいさん「ドエンデ」に出会います。
    ドエンデは、ミステカ族の歴史を語り、生きている者は皆兄弟であるという
    教訓を教えるのです。
    自然と共生するという、信仰に似た営みが伝わってきます。
    チャマコ少年にとっては、通過儀礼だったのかもしれません。
    日本人ですが、メキシコ在住の作家二人による作品だけに、
    古文書をながめているような、独特のオーラを感じました。

    掲載日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『ドエンデ』って?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    副題にありますが。これはメキシコ・ミステカ族のお話(伝説?)です。
    邦訳は清水たま子さんでした。

    この物語の中には『ドエンデ』という伯父さんが登場するのですが、その人の役割というか、その人がどんな存在なのか、この本の説明では今いち分からなかったので調べてみたら、スペイン語で、「(家の)精霊、妖精」みたいなものカだと書かれていました。

    神話って、どこの国のものでも「え?そんなことありえない〜っ!」というような展開が起こります。
    でも、そこが神話ならではの面白さなんだなぁと、最近は思えるようになってきました。
    主人公チャマコの馬になった黄色い馬、すごくカッコいいです。
    特に体を大きく伸ばして、大地をかけているシーンは、馬らしい筋肉質な四肢の線がカッコ良すぎでした。

    好き嫌いはあると思いますが、不思議で面白い作品でした。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット