すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

おがわのおとをきいていました」 みんなの声

おがわのおとをきいていました 作・絵:スズキ コージ
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年08月
ISBN:9784052023798
評価スコア 4.35
評価ランキング 10,301
みんなの声 総数 16
「おがわのおとをきいていました」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 珍しくわかり易いスズキコージ作品!

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    スズキコージ作品にしては、とてもわかり易く、静かな感動をよぶ作品です。スズキコージさん、こんな感動的なお話も描けるではないですか。

    主人公のはなめんちゃんは、『ほかほかパン』の主人公と同じ名前。同一人物かどうかは不明ですが、スズキコージさんのお気に入りの名前なのでしょう。変わっているけれど、親しみやすい名前です。

    はなめんちゃんが、小川を飛び越えようとする思いと、周りの生き物たちの静かな応援が、物語を進めていき、いよいよ「飛ぶよ!」というところで、クライマックスはやってきます。
    水しぶきがあがってハッとした後の静寂が、心に響いてきます。そして、最後にタイトルの文が置かれ、余韻を残して締めくくられます。
    読見終わった後に、何とも言えない心地良さが残ります。

    個人的には、銀色の水しぶきをあげて、集団で泳ぐ魚達の姿が好きですね。現実と神秘の間を行き来しているような神々しさがあります。

    ハチャメチャなスズキコージ作品も大好きですが、こんな静かなスズキコージ作品もとても素敵で、大好きです。

    掲載日:2006/06/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • やったあ

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    小川を飛び越えようと意気込む女の子,はなめんちゃんの姿がいきいきと描かれていました.今まで読んだスズキコージさんの絵本とは一味違ってて新鮮でした.
    絵本を読んでいると,キリギリスやトノサマガエルの鳴き声,フナの跳ねる音,小川の水の流れる音など,いろんな音が聞こえてくるようです.
    はなめんちゃんが小川を飛び越えられたときには読んでる私もうれしくなりました.うれしい余韻にひたりながら小川の音を聞いているはなめんちゃんの表情がいいなあと思いました.

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 味わい深い作品

    おがわを、とびこえる。
    ただその一瞬の出来事が、ひとつの作品に仕上がっています。
    女の子の気持ちの動きが、お話に大きな変化をつけていたと思います。
    お話の最後には、小川の水音や風を感じて、こちらも清々しい気持ちになりました。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度もチャレンジ

    スズキコージさんの独特な絵がどうしてか
    引き込まれてしまいついつい
    みつけると借りてきてしまいます。

    はなめんちゃんは小川を飛び越える
    挑戦をします。
    1回目はどうも失敗した模様

    まわりで見守る動物たち
    応援してくれる動物もいればそうでない動物も。

    でもはなめんちゃんは優しさと勇気をもって
    飛び越えるのです!

    ジャンプしたあとの魚たちの喝采!

    私の中でははちゃめちゃ絵本のイメージのスズキさんですが
    今回はちょっと覆されました!

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気をもらえる

     女の子が小川を飛び越えるお話です。女の子のなまえが「はなめんちゃん」というのが、おもしろいなと思いました。
     小川を飛びこえる前、はなめんちゃんの「気持ちをあごのあたりにあつめた」顔が、いいですね。見ている私も、緊張しました。
     応援してくれるさかなたち、じゃまをするトノサマガエルもいます。
     
     ほのぼのしながら、勇気をもらえる絵本でした。
     スズキさんらしい、奥行きのある絵が楽しかったです

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小川を飛び越えるようになれる

    はなめんちゃんが、以前は飛べなかった小川をいろんな動物に励まされて飛べるようになったという絵本。まあ悪くはないけど、意地悪っぽいトノサマガエル、もう少し役割があっても良さそうでした。何かの伏線かと思ったら何もなくてちょっと拍子抜け。

    掲載日:2011/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • はなめんちゃんだけに聞こえる小川の音

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    娘は表紙の絵を見て
    「きゅーりさん」「サルビルサ」と
    スズキコージさんの作品を回想しています。
    独特な作品が多い中、この作品は読んで話が通じます。

    はなめんちゃん!?(やっぱり名前は変わってる。)
    はなめんちゃんは以前、小川を跳び越すとき
    失敗して落ちてしまったことがあります。
    そこで今日はリベンジです。
    飛ぶ前の緊張の様子、飛んだ後の快感を
    読み取ることができます。
    はなめんちゃんの小川の音はどんな音だったのでしょう?
    そしてわが子も達成の音を聞く日がきっとくるでしょう。

    何かに迷っている人、失敗を恐れている人に向けての
    メッセージが明確に描かれています。
    やり遂げたらこんなに素敵な音が聞けるんだよと。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 失敗を乗り越えて挑戦する勇気

    はなめんちゃんという おもしろい名前の女の子は 前に小川を飛び越えられずジャボーンとはまった経験があるの。

    怖いですよね・・・ でも今度は飛び越えたいという挑戦心は すごい!

    キリギリスや フナがたくさんで応援してくれるのは 励みになりますね
    挑戦する 勇気をもらえるものね!
     
    でも・・・ みんなが 応援してくれないの  川の主かな? とのさまがえるは意地悪 まあ! こういう物ですよね、 みんなが応援とと言うのは お話がきれいすぎて 作り話になるね

    スズキコージの大胆なタッチの絵は私は好きです!

    飛び越えられるか心配でしたが・・・ よかったね!  ホッとしました
    フナたちも喜んで「はなめんちゃん おめでとう」良いね、こういう喜びを 共有してくれるのって・・・・ フナさんたちの勢いよい絵がいいです!


    一番のお気に入りは キリギリスが 「おめでとう」とちいさな声でいった 絵です

    はなめんちゃんのホッとした顔・・・・


    挑戦することの大切さ 勇気をもらえました!

    子供たちに読みたい本です!

    掲載日:2010/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばったね、はなめんちゃん

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    スズキさんの作品は、独特の絵と色彩があまり好きではなくて敬遠してたんですけど・・このお話はよかったです。

    川を飛び越えようとする女の子が、飛び越えるまでの短い時間のことを
    女の子の目線で描いてます。
    意地悪かえるが出てきたり、虫がお話してくれたり・・
    女の子が勇気を振り絞る姿を応援したくなります。
    水しぶきだけのページで、一瞬失敗したのかと思いました。

    私も実家の近くにあった小さい池を飛び越えた日のことを思い出しました。
    緑基調で描かれた独特の絵と、ストーリーがとても調和してます。

    掲載日:2009/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ついにやったね!

    小川を飛び超える二度目の挑戦です。過去に失敗した経験のあるはなめんちゃんです。まわりのものの応援のかいがあってとうとう飛び越えました。やり遂げた喜びに浸り小川の音を聞いています。やり遂げた喜び、達成感でとても満足そうです。とても自信がついてこれからもどんなことにも挑戦できると思います。絵もとても挑戦的な強烈な絵に圧倒されます。個性的な絵も魅力的です。

    掲載日:2009/01/10

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クララ
    クララ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    今からおよそ300年前、ヨーロッパを旅したサイのはなし。実話をもとに描かれた感動の一冊。


『ぼーるとぼくとくも』 加藤休ミさん インタビュー!

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット