モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

心の宝箱にしまう15のファンタジー」 みんなの声

心の宝箱にしまう15のファンタジー 著:ジョーン・エイキン
訳:三辺 律子
出版社:竹書房
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年02月
ISBN:9784812425831
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「心の宝箱にしまう15のファンタジー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 堪能しました……。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    小学校のこうハ学年くらいから、大人まで楽しめるファンタジーの短編集です。
    この作品は作者自身が70歳の誕生日を記念して気に入っている作品を選んで収録したのだそうです。
    ラストがちょっぴり不気味なものもありますが、昔話っぽい作りのも、現代のファンタジーっぽいものと、舞台は様々でどれも面白かったです。

    個人的に好きなお話は
    「ゆり木馬」(継母ものは、意地の悪い継母が憎らしくて仕方ないですが、その分鮮明に記憶にも残ってきますね〜)
    「魚の骨のハープ」(なんだかとっても不思議な話でした。ネリーンはいったいどのくらい水の中に潜っていたのかしら?)
    「神さまの手紙をぬすんだ男」(人のものを盗むことは決してよくないことですが、良心からフレッドが人としてできることを手紙を書いた方にも送った方にもしてあげたところはよかったです)
    「お城の人々」(この話を読んだ印象は“安房直子さんみたい”でした。しっとりした「愛」が見えました)

    1話1話は大したページ数もなく読みやすかったです。

    掲載日:2014/02/04

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット