ぴょーん ぴょーん ぴょーんの試し読みができます!
作・絵: まつおか たつひで  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「かえるが・・・ぴょーん」「こねこが・・・ぴょーん」ページをめくると次々にいろんな動物がジャンプします。くりかえしが楽しい絵本です。
はるとうちゃんさん 30代・せんせい

ぱぴぷぺぽ…の音の面白さ
 「ぴょーん」という音の面白さを改めて…

雨のしずく 漢字の絵本」 みんなの声

雨のしずく 漢字の絵本 著:飯島 太千雄 乾 侑美子
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\854+税
発行日:1995年11月
ISBN:9784097271932
評価スコア 4
評価ランキング 20,852
みんなの声 総数 2
「雨のしずく 漢字の絵本」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あえて“象形文字”としての漢字

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    漢字をあえて象形文字としていろいろとらえて描いている作品です。
    たぶん、「書道」をやっていれば、いろいろな字を見る機会はあるでしょうが、一般的な人にはなかなか珍しい字が登場します。
    この作品に挙げられているのは、すべて『雨』を表現した字なのですが、実際にあった記録や書体を紹介しながらなので、科学的に歴史的にも面白いです。

    例えば、最初に登場するのは、中国の殷の時代に骨占いに使われていたとされる甲骨文の『雨』の字。
    ちょっと、ホントにこんな字があったの?と、面白かったのは、
    日本の江戸時代良寛さんが描いた楷書の速書きの行書体で、
    イメージとしては子だぬきが巣穴で雨上がりを待っている。ところだそうです。どの辺が子だぬになのだろぅ?天才的な感性を持っている方のやることはすごいなぁと思います。
    巻末には作者から「字」についての簡単な解説も載っているので、興味のある人は最後まで楽しめます。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の表情

    文字にはいろいろな字体があるのですが、それにしてもこの絵本の「雨」の文字は、さまざまな表情を見せてくれて驚かされました。
    中国の文字、良寛さんが書いた文字、雨に対する思いが込められていると思いました。
    文字というよりも絵画に近い世界でした。

    掲載日:2014/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ごっこ遊びで楽しくやりたいお仕事ができちゃう♪

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット