ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

カリブーをさがす旅」 みんなの声

カリブーをさがす旅 写真:前川 貴行
本体価格:\0+税
発行日:2014年02月01日
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「カリブーをさがす旅」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アラスカ!

    「月刊たくさんのふしぎ」シリーズを去年の4月から購読
    しています。購読していますが・・かなり濃い内容で文字も
    たくさんなので、娘の気持ちがのっている時にしかなかなか
    読み進めることができないのです。

    今月の『カリブーをさがす旅』は、珍しく娘の方から「読んで」
    と言って持ってきました。動物好き、おでかけ好きな娘の琴線に
    なにか触れる感じだったのかな?

    野生動物の写真家である前川さんがカリブーをさがして旅する
    様子が描かれています。
    読んでいて、うらやましいなあ・・と思ってしまいました。
    私もこんな風に旅がしたい!
    夫も、以前、バイクに乗ってまさに同じあたり、アラスカ界隈
    を旅したことがあるので(ガソリンがなくなって帰ってこれなく
    なるのでデッドホースまでは行けなかったそうですが)、うれし
    そうにこの本を読んでいました。

    イヌピアックと呼ばれる(イヌイットとは違うのかしら?)
    エスキモーの最長老であるおばあさんから教えてもらった
    暮らしぶりがとても素敵でした。
    カリブーのお肉を食べ、毛皮で服やふとんやしきものを
    作り、脚の腱は糸になるとのこと・・本当にカリブーの
    めぐみに助けられて生きてきたのですね。

    娘はカリブーの狩りの様子をみて「かわいそう」と言っていま
    したが、私たちが普段食べている豚肉や牛肉、鶏肉だって、誰か
    にさばいてもらってるおかげで食べられるのだよ、ということなど
    も説明しました。まだまだよく理解できないだろうけど、だんだんと
    わかっていってもらえたらいいなと思います。

    掲載日:2014/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット