あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

あっ、ひっかかった」 みんなの声

あっ、ひっかかった 作・絵:オリヴァー・ジェファーズ
訳:青山 南
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年03月13日
ISBN:9784198637798
評価スコア 4.23
評価ランキング 15,371
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 爆笑でした。

    1年生の読み聞かせで、読みました。
    3冊読んだうちの1冊で、1冊目に季節関係の本、
    2冊目に「あっ、ひっかかった」を読みました。

    「あっ!ひっかかった」と奇想天外に いろんなものが引っかかる繰り返しですが、これが子どもの心に響くようで、爆笑の嵐。

    読み手が、ここまで子どもに受けるとはと、驚くくらいに楽しかったようで、
    その笑顔に やった!!と思いました。
    先生もニコニコ聞いてました。

    読み聞かせをされている方、お勧めの1冊です。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • ひたすら、投げる

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    『STUCK』が原題。
    訳の面白さは、表紙の絵を見てもわかります。
    ひらがなだと、難易度アップですね。
    そう、最初は、フロイドの凧が引っかかったことなのです。
    どうしてもはずれないので、靴を投げたら、それも引っかかってしまったのです。
    あとは・・・、もうお分かりでしょうか。
    靴を落とすため、もう片方の靴を投げ、さらに、ねこを投げたけど、
    やっぱりみんな引っかかってしまうのですね。
    梯子を持ってくるあたりで、やれやれ、投げるのとは違う方法、
    と思いきや、梯子を投げて…。
    そして、次々にエスカレート。
    椅子、玄関ドア、牛乳屋さん、船、灯台、クジラ…。
    最後に、ナイスアイデア、と思ったのこぎりも・・・・、やはり、そうなんです。
    さらに、オチは唖然ですね。
    幼稚園児以上くらいから、大人まで楽しめそうです。

    掲載日:2014/05/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • ひっかかりすぎ

    いろんなものを投げすぎです。
    そして、ひっかかりすぎです。


    投げるものも、とても現実ばなれしたもので、全体的にナンセンスです。
    ユーモアにあふれているけれど、どこかぶっとんでいる感じです。

    子どもは面白がるのですが、個人的にはあまりオススメはしない、絵本です。
    だって、子どもがまねして、こんなにひっかかったら困るもん。

    掲載日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大胆〜!!

    木にひっかかった凧を取ろうと、靴を投げたらそれもひっかかり、もう片方も投げたらまたまたひっかかり、はしごを持ってきたので一安心と思ったら…!?!?

    とにかく、大胆なお話でした。
    「えっ!?」
    「なんで!?」
    娘とふたり、ツッコミまくりの大ウケでした!
    終盤までやってくると、娘はボソッと「ちからもち…」とつぶやいていました(笑)

    絵もオシャレでコミカルで素敵!
    登場人物たちのつぶやきも面白い!!
    とっても楽しいお話でした♪

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い入れのある本

    • どどさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    息子が一人で読んで絵本。
    私は、一人で読み始めてくれたのがうれしくて、うれしくて。
    今までは眺めながら、流し読みのような感じだったので、
    ぜーんぶ、読んで、
    「おもしろーい!!
    この絵本、買ってほしい!!(図書館で借りた本でした)」と頼まれた時は、感激しました。
    妹にも「おもしろいよ!」と読んであげていました。

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • いったいどこまでつづくのやら・・・

    フロイドは遊んでいた凧を木にひかかってしまう。それを落とそうと靴を投げたらそれもひっかかってしまう。靴を落とそうと・・・。
    ここまでは日常でも体験したことあるような話ですが、この絵本ではどんどんどんどん物がひかかって〜。どこまでつづくんだ!と娘も叫んでいました(笑)

    表紙の絵も面白くてかわいいです。

    掲載日:2014/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナンセンス♪

    なんてナンセンスな絵本なんだ!!と、思わず笑ってしまった
    絵本です。
    木にひっかかってしまった凧を落とそうと、いろんなものを投げる
    のですが、その投げるものが、なんとも現実離れした・・・。
    たんたんと投げ続けていく男の子にも笑えますし、木にひっか
    かってもだまっている大人たちにも笑えます。
    娘はまだ反応が微妙で、なんでいろいろひっかかっていくん
    だろう???みたいな顔してみていました。
    大人が読んでもおもしろい絵本ですよ♪

    掲載日:2014/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • フロイドは大物

    他人事ならば笑い飛ばせることですが、自分のことに当てはめると、笑ってばかりいられない、そんな絵本です。
    木に引っかかったタコを取るために、次々といろんな物を投げ込むフロイド。
    段々と収拾がつかなくなって、エスカレートしてとんでもないことになります。
    たぶん自分ならば、ノコギリが登場したところで、木を切り倒すのですが、ここだけは笑えます。
    タコを取り戻したフロイドは、安心して家に帰るのですが、木の上に残された人たちはどうなるのでしょう。
    後が怖いですよ〜。
    自分だったら、ホドホドで終わるだろうか。
    戒めのような絵本です。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • スタックStuck

    英語版を読みました。

    凧を揚げていて、木に引っかかるところからストーリー(トラブル)は始まります。いろいろ(靴とか、猫とか、大型船とか)投げるんです。取れないから。たぶんみんな一回は「アレとろうとして別のもの投げたらどっちもひっかかっちゃってあーあーあー」ってのやったことあると思うんで、「ちょっと、どうする!?」と笑いながら読める本です。

    凧はね、取れるんですよ。取れるんですけど…

    私が好きなページを子供たちが記憶するくらい読んでいる本です。子供たちもそれぞれ好きなページがあるらしく、絵を毎回じーっと眺めています。

    掲載日:2014/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ツッコミどころ満載

    • わにぼうさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    はじまりは・・・フロイドのたこが木にひっかかったことだ。

    そう、本のはじまりもこんな感じで始まります。
    引っ張っても、ぶら下がってもとれないので・・・
    お気に入りのくつを投げたけれど、それもひっかかってしまった。

    次男坊。「え〜、だめじゃん」

    そして次々にフロイドくんが挑戦するのですが、
    どれもこれも「ひっかかってしまった」

    段々、次男坊も無言になっていきます。
    そしてひっかかるものも、だんだんと大物に(笑)

    無事、取れたときの次男坊の表情ったら。
    「これ・・・どうするんだろうね」

    はい、ハハも気になりました。どうするんでしょ。

    掲載日:2014/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / じゃあじゃあびりびり / ゆらゆらばしのうえで / あらまっ!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット