うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

1わのおんどりコケコッコー」 みんなの声

1わのおんどりコケコッコー 作:イリーナ・ザトゥロフスカヤ
訳:こじま ひろこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2014年02月15日
ISBN:9784834080742
評価スコア 3.88
評価ランキング 28,736
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この絵本を手にしたら、ミミズク必見!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子15歳

    朝日が昇るところを印象付けたくてバックがずーっと黒で描かれていたのでしょうか?
    1つ1つのページの絵は個性的で面白いと思いましたが、描かれているものによって、バックがずっと黒だと全体のイメージがおどろおどろしく見えてしまう気がしました。
    ラストシーンが4ページくらい夜の風景だったのですが、
    そこに登場したミミズクたちの姿が個性的で、ちょっとくたびれたサラリーマンみたいに見えて笑えました。

    作者はモスクワ(ロシア)の芸術家さんだそうです。

    掲載日:2015/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数にも興味をもてます!!

    絵にとても勢いのある絵本です。
    初めての作家さんだったのですが、とても印象的でした。
    初めての作家さんに出会うと、大人のわたしは、それだけで
    わくわくしてしまいます♪
    内容は、数字が出てくる絵本なので、数に興味をもってもらうことも
    できると思います。
    娘も鳴き声を数えながら、数を確認していました!!

    掲載日:2015/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数の絵本

    タイトルや表紙の絵からはわかりませんでしたが、数の勉強になる絵本でした。
    動物たちの鳴き声の数で数えるというとらえかたが、面白いと思いました。
    お洒落な雰囲気の絵だなと思っていたら、ロシアの作者さんだったのですね。

    掲載日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロシアの絵本なんですね

    ロシアの絵本のようです

    わらべうた みたいな感じなのかな?
    と、思ったら

    で、ストーリー性はないようで
    「???」って
    思っちゃう

    表紙の絵がにわとりが
    太陽を加えてるのかな?
    朝?

    ページを開くと
    今度は、カラスの親?

    黒板に絵の具で描いたような
    こどもが描いたような雰囲気です

    掲載日:2014/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本の地の色が

    3歳1ヶ月の息子に図書館で借りました。
    ロシアの絵本ということで。

    もっとストーリーがある物語的な絵本かと思いましたが、
    数の絵本です。
    インパクトがあるのが、本の地の色。なんと黒です。
    なので、絵がちょっと幻想的な感じがします。

    息子は一緒に数えていましたが、くいつきは普通でした。
    もっと早く読みたかったな。

    掲載日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロシアの絵本

    現在調べてみたいと思っているのがロシアの絵本です。

    今までロシアの絵本で乳幼児さん向けの絵本を見かけたことがないのと、黒い表紙に惹かれました。

    かぞえうた風の体裁で、数に興味を示し始めたお子さんによさそうです。

    ちょうど1歳児さんに読み聞かせができたので読んでみました。黒い画面に吸い込まれるように静かに聞いてくれました。

    はちやかえるのページが身近だったようで、「はちだ」とかかえるは雨が降っている場面で出てくるので「かさ」という反応がありました。

    動物の鳴き声も出てくるのですが、くまって「オロロロロー」なんですね。なかなか身近な動物とは言い難いので、新たな発見でした。

    男の子がお散歩に行くお話になっているのですが、バックの色はずっと黒のままです。

    日本の絵本でお散歩の本なら、空が青くてお日様が照っているとか、白いバックで明るい感じに仕上げそうなので、その辺がお国柄なのかなあ。とにかくいろんな意味で新鮮に感じたロシアの絵本でした。

    掲載日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子向けかな

    このお話は一から十までを楽しく学べる絵本でした。数字に合わせていろいろな動物が現れてきます。どんどん動物の数が多くなっていくのがうちの子は面白かったみたいでとっても楽しんでいましたが、ちょっと対象年齢的に幼かったような気もします。

    掲載日:2014/03/19

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット