雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

やくそく」 みんなの声

やくそく 著:ニコラ・デイビス
絵:ローラ・カーリン
訳:さくま ゆみこ
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2014年02月10日
ISBN:9784776406334
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,795
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スリをして生きている少女が主人公ということが、まず衝撃でした。
    色彩のない街は少女の心そのもののようです。
    その少女が奪い取ったのは、カバンいっぱいのどんぐりの実。
    不用意に「どんぐりを植える」ことを約束した少女ですが、約束を守ることができたのは、少女の心のどこかに良心があったからでしょう。
    どんぐりを植えることで、町には次第に緑が芽生え、色が埋めていきます。
    象徴的な絵の中に、少女の救済が描かれています。
    少女もまた、どんぐりの実の入ったカバンを盗まれます。
    でも、かつての自分のように、盗んでいった若者に夢を託す少女は、いつか心豊かになっていました。
    ローラ・カーリンの絵には、いろいろなものが埋め込まれていて、意味深く感じました。

    掲載日:2014/03/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • おばあさんのどんぐり

     町がすさんで、おとなたちもすさんでいたら、子どもだってすさんでしまいます。
     すりをしている少女が、ある日うばったのは「どんぐり」でした。 かばんの中に、どんぐりをいっぱい入れていたおばあさんは、いったいだれっだのでしょう、、、。

     どんぐりが育って、町や人の心は明るくなっていきます。人を癒す、木の力、自然のパワーを感じました。
     暗いまちが、いろとりどりの町になっていく場面がよかったです。
      
     語りかけるような文章と絵に、しみじみしました。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    1
  •  すさんだ街で暮らす、すさんだ心の私が、行きずりのおばあさんとの約束を守ることによって、自分自身も街も人々も変えていったというお話。街を植物で潤わせていくストーリーは、バーバラ・クーニーの「ルビナスさん」をちょっと思い出させます。
     簡潔で美しい文、センスを感じさせる絵・・・。素晴らしい文、絵、訳のハーモニーのおかげで、素敵な絵本を読むことができる幸せを感じました。表紙を開いてまず見る見返しから、裏表紙を閉じる前の見返しまでの、色彩の変化!変わるってこういうことなんだ、変わったらこんなに心がわくわくするんだ・・・と一目瞭然。
     大きな子向けの、一見地味なこの絵本を、自分から手にとる子どもは、ほとんどいないのではないでし ょうか?身近なおとなが手渡したり、または学校での読み聞かせやブックトークの活動を通して、多くの子どもたちのもとに届いたら良いなぁと思いました。

    掲載日:2014/04/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 出来ればもう少し希望が持てる表紙絵で

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    ストーリーは将来的に希望の兆しを感じる前向きな内容でしたが、いかんせん表紙絵が暗すぎます!
    確かに、物語の設定上、最初はどうしようもないどん底の暮らしぶりを描かなければならないと思いますが、絵本という媒体で表現しているからこそ、もう少し前向きになれる表紙でもいいんじゃないかな?と、感じました。

    面白いのは作者の経歴!
    ケンブリッチ大学卒で専攻は動物学だそうです〜。
    へぇ〜へぇ〜って、感じです。
    絵は今イギリスで注目のイラストレーターですが、絵本はこの作品が初めてだそうです。

    「やくそく」の真意を理解できる年頃というのを考えると、
    読み聞かせたりブックトークしたりするなら、小学校高学年以上にお薦めします。

    掲載日:2015/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット