貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

コマツグミのむねは なぜあかい」 みんなの声

コマツグミのむねは なぜあかい 再話:大塚 勇三
画:羽根節子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2011年01月
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,849
みんなの声 総数 1
「コマツグミのむねは なぜあかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 火を守る 偉大な鳥の物語

    北アメリカ  チペワの人たちの民話

    人間や動物たちにとって 大事な火
    その火を守ろうとしていた、かりゅうどの父と息子 その火を守る大切な仕事  
    その火をシロクマが消してしまったのです。 あ〜 大変な事がおこってしまう

    この時火を守ったのは コマツグミという鳥だったのです、必死に命がけでがんばる姿に勇気づけられます
    コマツグミの胸は火で焦げてしまったのです  でも 自分の胸が焼けてしまっても、火を消さなかったことが嬉しくてたまらなかったのです

    コマツグミの勇気のある行為は、人間の力を越えているように思えました
    この民話は  北アメリカのチベワの人たちに言い伝えられているのでしょう   いつまでも いつまでも・・・




    掲載日:2014/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット