ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

さいごにのこるの、だあれだ」 みんなの声

さいごにのこるの、だあれだ 作:ユンクビョン
絵:イテス
訳:黛まどか
出版社:平凡社
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年
ISBN:9784582831832
評価スコア 4
評価ランキング 18,977
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 昔話を聞けたのは誰?

    だんだんと数が増えていくお話はありますが、こちらは、一匹ずつ減っていきます。

    最後に残るのは誰なのか?
    本当に気になりました。

    モノトーンの絵が、色を失った冬の森の様子を、よく表現されていると思います。
    動物の毛並みがわかるくらい、リアルな絵でした。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物たちの後姿が超・キュートです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    シリーズの「秋」の話で、人間たちは収穫を終え、ひと段落してしまったようで、シリーズ最後の「冬」のこの絵本では森の動物たちが主役です。

    雪に覆われている(山間の)森の中、森に住む小動物たちは、
    山の上の方に住んでいるトナカイじいさんに昔話を聞かせてもらいに出発します。
    ところが、道中いろいろな出来事があって、最初に出発したメンバーはどんどんコースアウトしていきます。
    その理由がいかにも森の中で起こりそうなことで、動物たちの習性などにもあっていて、よく考えているな〜と、感心しました。

    雪景色なので、今までの絵本と比べると鉛筆書きのような白黒で表現されています。
    そして森の奥へ奥へ歩いていく動物たちの後姿がすごくキュートでした。イ・テスの画は本当に、その生き物をよく観察しているなぁを、思います。

    シリーズ「韓国の四季」の作品はどれも甲乙つけがたい良作ばかりですが、私はこの「冬」が一番気に入りました。
    うちにはハムスターがいるんですけど、リスの子が口の頬袋いっぱいに木の実を詰め込んだ姿に、子どもたちは興奮して喜んでいました。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 韓国絵本

    韓国絵本に興味があるのでこの絵本を選びました。物語りも素敵でしたが、絵が素晴らしい!雪の質感がとても上手に表現されていて思わず息をのみました。白と黒だけで構成されているのがとても潔くてセンスを感じました。早く読み進めるのではなくてゆっくりとかみしめながら味わって読みたい絵本でした。私が好きなのは最後の場面です。おじいさんの優しさと心の暖かさを感じる事が出来ました。さすがおじいさんは凄いな!と思いました。動物の毛並みも本物の様で思わず紙を触ってしまいました。

    掲載日:2008/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 穏やかな内容と細密画がベストマッチ

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子3歳

    「韓国の四季の絵本」の冬バージョンです。

    作品タイトルから、アガサ=クリスティーの
    「そして誰もいなくなった」を連想してしまいました。f(^∇^;
    もちろんミステリーではなく、ほのぼのとした絵本です。

    淡々と進められる展開に、「この次はどうなるのだろう?」
    という興味が湧いてきます。

    イラスト担当のイ=テスさんは細密画が得意なんですね♪
    すごぉーく細かく写実的なイラストに目が釘づけになってしまいました。
    内容のほのぼのとした印象に、イラストの写実性がベストマッチな作品です。

    掲載日:2006/03/17

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット