雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

おかぐら」 みんなの声

おかぐら 作:脇 明子
絵:小野 かおる
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年
ISBN:9784834011784
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,696
みんなの声 総数 5
「おかぐら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お神楽ってなに??

    私、お神楽って聞いても全くピンとくるものもなく、興味もなかったんですが古書のまとめ買いで一緒に買って本棚に入れときました。
    そして、息子が「これ、買って〜」と持ってきたのが、このおかぐらでした。
    図書館の本と勘違いしていたようで、「これはうちの絵本だよ」と言うと「買ってきてくれたん?ありがとう、めっちゃ面白くて欲しいなって思ったやつだから嬉しい」と喜んで、数日間は毎日読んでました。
    そんなに面白いなら、と私も読んでみると、田舎の昔ながらの雰囲気が漂っていて、用意から始まって、神様やら龍(八岐大蛇)など登場するお神楽というものの舞台の様子が丁寧に、臨場感たっぷり描かれていて、なかなか興味深いものでした。
    ラストはくにちゃんの夢の中のシーン。可愛らしくて夢があってよかった。舞台は途中で、くにちゃんが寝てしまったのでラストまで描かれていないのですが、舞台上のラストが気になるという息子に八岐大蛇と須佐之男命の話を聞かせてあげました。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさしく同じ状況!!

    先日私の実家の父母からの誘いで田舎のお神楽を娘と見に行ってきました。
    そしてその時の様子を伝えたらNET友さんがこんな絵本があるよ・・・と教えてくれて早速図書館から借りてきて読みましたが
    とてもビックリしました。
    お神楽が催された場所こそ 田んぼの中ではなく神社だったけれど
    火をたいて夜通しお神楽をすることとか
    お神楽の内容とかほぼ一緒で娘も異常なほどに興味をしめしていました。
    お神楽の細かい内容とか詳しく判り易く語られていて
    大人が読んでもなるほどなあと思えて
    とてもいい絵本だなと思いました。
    お神楽の山場『やまたのおろち』も端的に説明されていて
    なかなかだと思います。
    ぜひ手元にと思ったのですが今はもう絶版扱いになっているようで
    とても残念です。
    興味のある方はぜひ図書館で借りてみてください。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今の季節にぴったり

    今の季節にぴったりだと思ったのでこの絵本を選びました。絵がとても素敵でした。田舎の様子をとてもよく観察されて描かれているという事が伝わってきました。季節の行事である”おかぐら”を魅力いっぱいに分かりやすく書かれているところが良かったです。お祭りに対する人々の高揚する気持が絵に生き生きと躍動感を持って描かれており私もその場面の中にいるように感じる事が出来ました。日本の素晴らしい文化を後世に伝える事が出来る素晴らしい絵本だと思いました。私が好きな場面は竜に乗るところです。圧巻です。

    掲載日:2008/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 御神楽ってなあに

    • ぴょ〜んさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子1歳

    くにこという女の子が、おかぐらを見にお母さんの田舎に出かける絵本です。

    御神楽とは神話をもとにしたお芝居のようなもので、くにこのお母さんいわく
    「無い年稲刈りが済んだら、こうじんさま(村を守ってくれる
    古い古い神様)をお祀りして夜通しおかぐらをする」のだそうです。

    日本の古い習わしに触れるにはいい絵本だと思います。

    掲載日:2006/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかぐらの本!

    • きりんとらさん
    • 30代
    • ママ
    • 大分県
    • 男の子5歳、男の子0歳

    おかぐら見たことありますか?子供にはちょっと怖くて、でも意外と好きだったりします。この本はおかぐらを行う訳や踊りの説明をわかりやすく書いています。読んでからおかぐらを見るとより内容がわかって面白いですよ。かがり火の火の粉がぱちぱちと舞って、寒い冬の空に星が輝いている田舎の風景は大人のほうが惹かれるかもしれません。

    掲載日:2006/03/17

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット