たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

くちばし どれが一番りっぱ?」 みんなの声

くちばし どれが一番りっぱ? 作:ビターリー・V・ビアンキ
絵:藪内 正幸
訳:田中友子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784834021882
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,282
みんなの声 総数 15
「くちばし どれが一番りっぱ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ラストに驚愕です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    来年が酉年なので、鳥のいい絵本はないかなぁと検索していて、この絵本に辿り着きました。
    (文)はビヤンキだし、絵は薮内さんだし、ともって、図書館で借りてきたのですが、図鑑に登場するように描かれた薮内さんの精密な鳥たちに、この物語形式の文は微妙な印象を受けました。
    おまけにこのラスト!(読んだ人はわかりますよね?)
    主人公のヒタキがあんなことになってしまうなんて、ガーンという感じでした。

    物語の構成もいいし、薮内さんの絵も素晴らしいです。決して悪くなない作品だと思うのに、子どもたちに紹介するのは……、う〜ん。でした。

    掲載日:2017/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図鑑のようです

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    いろいろな鳥のくちばしが特徴と共に紹介されていきますが、
    絵がとてもリアルで図鑑を見ているようでした。

    子供たちは、それぞれこのくちがしが一番立派だと思う、と言い合っていました。
    長女はタシギの細長く、まっすぐなくちばし、
    次女はペリカンの大きなくちばしが一番りっぱだと思うと言っていました。

    ラストはちょっと衝撃的ですが、自然界の厳しさも教えてくれるので私は嫌いではありません。
    子供たちも特に残酷とも言わずに受け入れていました。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなか衝撃的ですが

    シメ、イスカ、シギ、カモ、ヨタカなど…
    ヒタキは、そんな自分にはないそれぞれ特徴的な
    鳥たちのくちばしをうらやましがります。
    リアルな絵と共に、鳥たちのくちばしの役割が
    分かり易く説明されています。

    衝撃だったのはやはりラスト。
    初めて読んだ時は読みながら内心「えぇ〜?!」と驚きました。
    しかし、鳥たちの世界では鳥同士喰う、
    喰われるものがあることは現実です。
    自分のくちばしに自信を持ち、誇りを持って生きている
    鳥たちに対し、自分の暮らしに満足できないヒタキ。
    それぞれが便利なくちばしをもっているようでも、
    それはその暮らしに見合ったものが与えられているということ。
    その中で懸命に、生きるために生きていくしかないのだと
    いうことがメッセージとして込められているような気がしました。

    息子は最後の場面を見てしばらく固まっていましたが、
    「ペリカンさんのくちばしでオオタカをつつけば
    助かったんじゃない?」としきりに言っていました。
    少し大きな鳥が怖い息子は、ペリカンのくちばしを武器としても
    認識していたようです。
    なかなか奥が深く考えさせられる1冊です。

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヒタキがキュート

    可愛いくちばしのヒタキが、強そうなくちばしのシメ、つまみやすいくちばしのイスカ、長いくちばしのタシギ、シギ、えさをすくえるくちばしのカモ、そして魚をすくえるペリカンまでがいて面白い。

    鳥の名前やくちばしの用途などを覚えられてよかったです。

    ただ、ラストでタカがヒタキをくわえてしまい、王者はタカかな、、、、というオチが子供にはちょっと残酷かもしれません。自然の摂理ではありますが。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。絵がとっても綺麗で図鑑みたいで見ごたえがあります。今まで見たことの無い鳥がたくさん出てきました。そして、くちばし。こうしてみるととても面白いです。娘は長いくちばしを「お箸みたい」といってましたが、本当にその通りですね。鳥にとっては食べ物を上手に取るための道具です。最後、弱肉強食という自然の摂理の事が出て来てちょっと衝撃的なないようでしたが、娘は自然に受け止めてました。

    掲載日:2011/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • どれもりっぱ

     ヒタキは自分のくちばしでは虫や蝶を一匹しかつかまえられないので大きくて立派なくちばしの鳥をうらやましいようでしたが、娘は「ヒタキのくちばしがいちばんかわいい」と言っていました。

     あまり聞いたことのない鳥が多かったですが、くちばしのもつ役割にもいろいろあり、どれがりっぱかなんて決めることなんてできないと思いました。

     最後のオチはなんて残酷なんだろうと思いましたが、他の鳥たちが「ぼくのくちばしはこんなことができるんだ!すごいでしょう」と自分で言ったのに対し、オオタカはだまって実力を披露したのでしょうか。
    かわいいヒタキがつかまえられたことにショックをうけていた娘でした。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • くちばしいろいろ〜

    普段お目にかかれない沢山の珍しい鳥が出てきます。藪内さんのリアルな絵がとってもキレイ!鳥の毛並みも美しく表現されています。いろんなくちばしがあって面白い形や珍しい形など、子供と一緒に沢山観察できました。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • くちばしの役割

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    教科書にくちばしの話があったので、さらにいろいろなくちばしが出てきて面白いかなと図書館で借りました。

    いろいろな鳥、くちばしが登場し、くちばしの形によって食べもの、できることが違うのが分かりやすかったです。ただ、娘が鳥にさほど興味をもてなかったので・・・。絵がリアルすぎたのが怖かったようです。

    掲載日:2009/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 薮内さん

    薮内さんの作品だったのでこの絵本を選びました。くちばしに焦点を当てて紹介している作品は初めてだったのでとても参考になりました。本当に色々な種類の鳥が登場し、それぞれのくちばしが皆異なっているのに驚きました。自分自身のくちばしの特性を自分でしっかりと理解しているのに感心しました。リアルに描かれている絵も臨場感があってよかったです。くちばしについて、鳥の特性について学べる絵本です。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 教科書の学習のあとに。

    小学校1年生の教科書には、「くちばし」のお話しが載っています(光村1年上)。
    このお話しの延長として私はこの本を読み聞かせています。
    丁寧に描かれた図鑑のような絵をどんどん開いていくと、それぞれの鳥が自分のくちばしの素晴らしさを語っていきます。

    最後の場面については、賛否両論あるところかと思いますが、私は1年生でも読んで聞かせてしまいます。
    強い鳥に弱くて小さな鳥が食べられてしまう―――これは、実際にある場面だからです。
    細かい説明もしません。わかりずらい場面なので子どもから質問がでれば説明をする程度です。「ええっ!」「いやだー」「かわいそう」と思う子ども達もいます。けれど事実なので、そのまま伝えます。
    大人の細かい感情や自然の摂理とかそういうことはこの場面では無視です。ただ、淡々と読みます。

    難しいことがわかる年齢になったとき、この絵本の結末を子ども達は納得してくれるんじゃないかと思うからです。

    大人が思うより、意外と子どもは強いのです。

    掲載日:2009/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『からだ♡あいうえお』 吉澤穣治さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット