ペンギンクルーズ ペンギンクルーズ  ペンギンクルーズ の試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
オセアノ・ペンギーノ号で行く、南の島クルーズの旅! 55羽のペンギン達と旅に出よう。絵さがしをしながら物語を楽しむ絵本。船の断面図は迫力満点。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

一緒に楽しい旅を
全ページお試し読みで読みました。 船…

春はあけぼの」 みんなの声

春はあけぼの 文:清少納言
絵:たんじあきこ
編:齋藤 孝
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年12月
ISBN:9784593560509
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,854
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

37件見つかりました

  • 3歳の息子にはまだ早かったようです。
    一応聞いていますが、あまり興味を持っていません。

    しかし私は自分が古典が苦手だったので
    子供には少しでも馴染んで欲しいと思い
    比較的わかりやすい内容で、絵で理解を促進してくれる
    この絵本を選びました。


    綺麗な空の色使い、可愛いデザインの絵、
    わかりやすい季節の雰囲気、どれをとっても
    とても良いと思います。

    もう少し寝かせてから、また読んであげれば
    キレイな色が大好きな息子はきっと食いつくと思っています。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どものため、といいつつ、自分がほしくて買いました。絵がとってもかわいく、難しく思えていた日本語がこんなに身近に感じられるとは思いませんでした。息子たちは絵本がかわいすぎるのか、手にとって自分で読みはしませんが、読んであげるとちゃんと聞いています。
    このシリーズは他にも良いものがあるので、お気に入りの作品を覚えて読めるように働きかけています。

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に美しい日本語の絵本です

    大人でもぜひ買いたい、素敵な絵本です。

    内容は清少納言の「春はあけぼの」の章が冬まで書いてあります。原文のままで、フリガナだけつけて。私の大好きな詩なんですけど、さすがに枕草子を子供に読んでも難しいので、この部分だけ抜粋した絵本でもいいかなと思います。

    絵がとってもかわいらしくて、雰囲気にあっています。

    3歳の娘には同時にママが現代語に翻訳しながら読んだけど、難しかったようです。また大きくなったら読んであげるつもり。でも、子供のいない大人が部屋においておいてもものすごくマッチします。本当に美しい日本語なので、子供にも好きになって欲しいと思います。

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本で古典が学べるのって良いですね

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    最初、2歳の時に読んだのですが、難しすぎて反応なし。
    3歳の時に見た「にほんごであそぼ」のDVDで「春はあけぼの」の暗誦があり、「あれ、聞いたことがある」と興味を持ち、4歳になってからようやく絵本にも興味を持ち始めました。
    まだまだ難しいと思うので、小学校に入っても時々読んであげようと思います。絵本で古典が学べるのって良いですね。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いので大好きです

    この「春はあけぼの」可愛いです。

    子供は可愛いモノが好きなので
    この本をプレゼントされて大喜びました。

    内容は後ろの解説を読んで説明しましたが、
    何より清少納言と思われる可愛い女官が
    楽しそうに、時にうっとりと季節の「をかし」を
    話している風をとても気に入っています。
    絵もきちんと情景が浮かんで素敵です。

    子供としては最後の「わろし」のずっこけぶりが
    楽しいらしく良く笑っています。

    元々私は紫式部の方が好きで、清少納言の偉そうな?
    (斉藤先生の言うところの勝ち気な?)物言いが
    あまり好きではありませんでした。

    ですが、この分かり易い可愛い絵が
    実際の風景を頭に浮かべる手助けをしてくれたと思います。
    この本を手にとって見て改めて日本語の美しさを再発見
    出来て良かったです。親子して楽しめる本した。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しい!

    • ねこなさん
    • 30代
    • その他の方
    • 埼玉県

    中学の頃、紫式部の「源氏物語」と並んで、序章を丸暗記させられた記憶が蘇ります(笑)。
    古典が大好きだったので、全く苦ではなかったのですが、中には苦労していた友達もいました。

    そして、先日。大人のための読書会で、この絵本を取り上げてみました。
    「えー…古典?」という顔をされた方もいらっしゃいましたが、ゆっくりと、「春はあけぼの…」と読んでいくと、一様に目を閉じて、聞き入っていらっしゃいました。終わった後の感想では
    「まぶたの裏に情景が浮かんできた」
    「音のリズムが気持ちよかった」
    などなど。好評でした。
    ぜひ次は、暗記をして、空で読みたいものです。

    ちょっとイラストが可愛すぎるかな? という意見もありましたが、逆にお堅いイラストよりも、とっつきやすくてよいと思います。
    最後に口語訳がついているのもグッド。
    ぜひ、別の段も読んでみたいと思いました。

    掲載日:2011/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  •  書店の新刊コーナーで見つけた当時、「いやぁ〜、へぇ〜、そうか〜、出たかぁ〜」と声に出てしまいました。

     やはり編者は、齋藤孝先生でした。
     声に出すシリーズを手元に集め、教え子たちにも貸し出していましたので、絵本という形で清少納言の「枕草子」に出会えるとは感慨深かったです。
     今の子どもたちは、幸せだなぁ〜、なんてね。

     私の学生時代にこんな絵本があったなら、具体的なイメージを抱きつつ、暗誦も楽しく理解も深くできただろうな〜。

     久々に開いて、やはりたんじ先生の絵が素敵。
     この色合いはなんともいえぬ趣があります。
     可愛い“清少納言ちゃん”の頭の中に思い描かれた情景の美しいこと、日本って本当に四季の移ろいの綺麗な国ですね。
     そして、リズミカルな文体のみならず、清少納言のものの見方・感覚の鋭さを改めて実感できました。

     ほかの段も絵本にできないものでしょうか?
     出たら、揃えたいなぁ〜。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • むずかしい絵本だね

    一応、娘にも読んでみたのですが、「むずかしい絵本だね」と(笑)。
    「ややこしや」と同じだね、と(笑。教育テレビです)。
    そういうニュアンスはでもわかるのだなあ、子どもにも。

    英語の幼児絵本よりも、古文の方がやはり難しいものなのですね。
    そういえば、古文の時代は幼児用の絵本などなかったのかなあ?
    なかったのだろうなあ。昔話を口伝えで話すということはあっても。

    しかし、古文に触れたことのないほんの小さな子どもにとっては
    難しくとも、大人にとってはやわらかく馴染みやすい絵本だと思います。
    古文のちょっとかたっ苦しい雰囲気がなくなって、すうっと染みこんで
    くるように思います。

    このシリーズ、私はとても気になるのでまた読みたいです。
    娘にも本格的に古文に接する前にまた読んでみてほしいなあ。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文章にうっとり

    私も「むささきだちたる雲のほそくたなびきたる」が
    昔からとても好きで、口にするだけでうっとりしてしまいます。
    ただ絵そのものは可愛くて嫌いではありませんが
    組み合わせとしてはどうかなと思います。
    子供にとっては手に取りやすくよいのかもしれませんが・・・

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さいうちからぜひ!

    すてきな一冊です。
    発行されてすぐに購入しました。
    日本語の表現の素晴らしさの原点かもしれません。

    娘が言葉を覚え始めの頃だったので、何度も読んで覚えさせて楽しみました。しかし・・時が経ち5歳の今、すっかり忘れています。
    また読み返して楽しもうと思います。

    掲載日:2010/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

37件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / 三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット