あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

リッランとねこ」 みんなの声

リッランとねこ 作・絵:イーヴァル・アロセニウス
訳:ひしき あきらこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1993年
ISBN:9784834012064
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,042
みんなの声 総数 2
「リッランとねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とてもテンポのいいおはなしです。

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、男の子6歳

    とてもテンポよく読めるおはなしです。
    リッランという女の子が、ねこと出会って、一緒に行動するお話。

    ねこに出会ったときは、ちょっと怖がり?な感じを受けたリッランが、ねこと行動していると、何故かかなり強気な行動に出るところが面白いです。
    仲間がいると、怖くない?って感じで・・・・。
    でも、礼儀正しくもあるんですよ。

    最後に、幸せそうにお母さんのところで眠るところが、年頃の子供っぽくて可愛いです。

    掲載日:2006/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • たったかたったか楽しいおはなし

    • かあぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    ちいさな女の子リッランが、道でねこに出会います。怖がるリッランに猫は「どうぞ、せなかにおのりなさい」と言います。早速リッランがまたがると、ねこは駆け出します。たったかたったか早いこと、早いこと。やがて町までたどりつき、おうさまに出会ってさてそれから・・・。思ってもいない展開に子供たちはビックリしましたが、うちの子はこの本をとっても気に入りました。ページ数は多いですが、1ページの文章が少ないので、テンポよくページがめくれ読んでいるほうも楽しくなってきますよ。

    掲載日:2002/06/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット