モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

とうさんかあさん」 みんなの声

とうさんかあさん 作・絵:ながの ひでこ
出版社:石風社
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年12月
ISBN:9784883441310
評価スコア 4.82
評価ランキング 184
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • すきだなぁって 思っちゃう1冊

    • みぽみぽさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子15歳、女の子11歳、女の子6歳

     
    ただただ
    おとうさんと おかあさんの 子どものころを 書いた絵本
    なのだけど


    ふふっって 笑えるところもあったり
    お母さんより お父さんのほうが
    素直なのかなぁ なんて ちょこっと照れながら思ったり


    うん
    好きだなぁ なんて思っちゃいます
    母が(^o^)


    ちょっと 
    時代が古かったりもするから・・ね(汗っっ)
    もし小学校などで
    みんなに読み聞かせをするのなら
    もしかしたら ある程度 学年が高学年な方がいいのかもしれないなぁとも 思うのだけれど



    すきだなぁ
    って 



    そうそうっ(*^。^*)
    それから
    きっと こんなこと 娘から言われたら〜
    最高にうれしいよなぁ。。。なんて
    そんな ページが最後に待っているんです^^


    ついつい
    にっこりしちゃう 
    うん
    読んだあとに 
    読み手も聴き手も
    思わず にっこりさんになっている絵本だなぁって思います♪

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • パパとママ一緒に読もう!

    なんて斬新な絵本なんでしょう。これはパパとママの二人で読んであげると楽しい絵本です。

    子供にとうさん・かあさんの子供の頃の話しをしてよと言われて、お互いの生い立ちを話すというもの。当たり前だけど、とうさん・かあさんにも小さい頃があって、それぞれ違う所で育ってねと、とうさん・かあさんが交互に読んでいくと、まるで掛け合いをしているかのような面白さがあります。初めは全然違った二人だけど、何だか似たとこもあったりします。とうさんの紹介なのにかあさんが合いの手を入れてきたりして一体感が生まれて、読み手もだんだんとうさん・かあさんになりきってしまうでしょう。聞いている息子からすれば、なんだ僕と同じ失敗してたのか、なんだか友達になったみたいだなといったところでしょうか。

    いつもの絵本にない感触に、読み終わった時のニンマリとした息子の笑顔がとっても良かったです。

    掲載日:2008/12/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 初めて!

    ながのひでこさんの作品だったので選びました。表紙にはお父さんと御母さんがニコニコ笑っている顔が書いてあって背景が温かみのある黄色で本当にうっとりするほどほのぼのしていて優しい表紙だったので中身も期待しました。中を開いて驚きました。半分に切ってあってお父さんと御母さんのプロフィールみたいになっていてアルバムをめくっているような感覚でした。斬新です。こんなアイデア初めてです。お父さんと御母さんを別々に読んでもいいし、交代に読んでもいいし読み手が選べるところも良かったです。”僕もそのころ生まれていたかったなあ”とは両親にとって最大の尊敬であり最大の喜びだと思いました。私と旦那バージョンでこの絵本を作ってみたくなりました。アイデアが斬新でした。暖かい空気が流れるアルバムみたいに親近感がある楽しい絵本でした。

    掲載日:2007/12/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • お父さんとお母さんの子供のころ

    この絵本は、子供が自分のお父さんとお母さんに子供のころのことを今の自分と比べながら聞くお話でした。今とは時代も全く違うので、その環境の違いが今の子供にはうらやましかったりしていました。お母さんが自分の誕生日を聞かれたときに年のところをごまかしていたのがクスッと笑えました(笑)気持ちがよくわかります!!

    掲載日:2016/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 両親の子供時代

    読んでいて、親子の会話のやり取りに、こちらまでほのぼのしてきました。
    会話の内容は、両親の子供時代のことです。
    どこにでもある平凡な子供時代、でも、大切な思い出でしょう。
    本当に中がいいのだなー、と思いました。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さん・お母さんにも子ども時代があった

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    発行年月日を見ると、長野ヒデ子さんの初期の頃の作品だと思います。
    簡単な仕掛け絵本になっていて、
    主人公『ぼく』のお父さんの昔の話は切れ目より上に、お母さんの昔の話は切れ目より下に描かれていて、
    同時に捲っていったり、片方ずつ薦めたり、時々どちらかの時間だけを遡ったりしながら、読者の好きに読み進めることができます。

    時代が時代なので、「ぼく」のお父さんとお母さんの子どもの頃は、はっきり描かれてはいませんが、昭和20年代くらいのようで、平成の今の子どもたちからすると、すごく昔に感じるかもしれませんし、
    どちらかというと、おじいちゃんおばあちゃんの子ども時代に近いかもしれません。
    どっちにしろ、自分のお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんにもちゃんと子供の時代があったのだということが、この絵本から伝わってきてくれるといいなぁと、思いました。

    掲載日:2012/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • とうさんかあさん

    とうさんかあさんは、どんな子供だったの?
    どこで生れたの?
    おねしょはした?
    何年何組だったの?
    宿題忘れなかった?
    親子三人の温かい会話の絵本です。
    ぼくもその頃子供だったら友達になれたのになぁ
    というやりとりが印象的です。

    掲載日:2011/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 両親

    子どもならやっぱり、とうさん、かあさんのことを知りたいと思うからとてもいいアイデアだなあって思いました。とうさん、かあさんのことが知れるから、今更ですが、亡き父母のことが知りたくなりました。こうして絵本を作って残すのもいいなあって思いました。おとうさんは男らしく何でも隠さずに堂々としているのがいいし、おかあさんは女心が見え隠れしてそれはそれでよかったと思いました。とうさんとかあさんを比較して読むのが好きなので、何回読んでもそうなってしまいました。とうさんばっかり読んで、後からかあさんばっかり読むことも出来る絵本です。とうさんとかあさんと友達になりたいと思ってくれる僕に最高の誉め言葉をもらって羨ましかったです。

    掲載日:2010/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイムマシーンに乗って

     この絵本に出てくるお父さん、お母さんは、今、絵本を読んでいる子どもたちのおじいちゃん、おばあちゃんの世代でしょうか? 昔の遊びやおやつを通して、当時の素朴な生活が伝わってきます。
     でも、子どもは、今も昔もそんなに変わってないんですよね。

    「ぼくも そのころ うまれていたかったなあ」・・・お父さんとお母さんの子どもの頃の話を聞いて、「ぼく」が言った一言。その理由がとってもかわいくて、なんだか胸がじーんとなりました。
     タイムマシーンに乗って、子どもの頃のお父さんとお母さんに会えたらいいね。

    掲載日:2010/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 父さん 母さんにぼくが子供の時のことを次々聞いていくのですね

    父さんは昭和14年の夏 母さんは むにゃむにゃねんの9月4日 なぜ?母さんは 自分の産まれた年をはっきり話してあげないのかな??

    何も隠すことではないのにと思いましたが・・・・(ルーツは大切だと思います)

    母さんの家は戦争で焼けたんだ・・・・父さんは 6人兄弟の末っ子
    母さんは 一人っ子(さびいいのかな? 母さんは)
    おやつが今の子供と違うの おいも とうもろこしと畑でとれたもの

    子供のいい顔! 子供はおやつが楽しみなのは今も同じですね

    父さんの小学校の担任先生が1年から 6年まで一緒だったんだ  1クラス村の学校かしらね? (笑えてきます)
    お母さんは 名前もよく覚えているね!(おねしょや たたされたこと、子供はこんな話に ホッとできるよね)

    二人とも友達いっぱいと子供に言えるのがステキ!!
    最後の ぼくも・・・・
    父さん母さんと友達になりたいという言葉に こんな子供に育てた二人が仲良し夫婦でいいな〜〜

    長野さんのデビュー作の絵本は ホッとできる絵本です!
    長野さんが好きになりました。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / くれよんのくろくん / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット