なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ヘレン、ようこそどうぶつえんへ」 みんなの声

ヘレン、ようこそどうぶつえんへ 作・絵:マーガレット・ブロイ・グレアム
訳:とものふゆひこ
出版社:キッズメイト
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年
ISBN:9784907822002
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
「ヘレン、ようこそどうぶつえんへ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • くもさん、よかったね♪

    この絵本の主役は、なんと「蜘蛛」!!
    大切に飼われていたくものヘレンは、なくなく動物園にひきとられる
    ことになります。
    そこで、くものヘレンは、とても大切な役割を果たすのです。
    くもの巣をはって、動物たちがいやがるはえをたべてくれるのです。
    でも、見た目がきたないと、園長先生は、くもの巣を撤去してしまう
    のです。
    でも、最後は、動物たちを元気に快適に暮らさせてあげているのは、
    くもだということがわかり、ヘレンは、また大切に飼われます。
    蜘蛛が主役なんて、あんまりない絵本ですが、とてもよいお話
    でした!!

    掲載日:2014/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木を見て森を見ず

    • クマトラさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子1歳

    動物園で仲間と暮らしていたクモのヘレン。
    メインの動物ではないけれど、立派な動物園の一員。
    なのに園長は視察のためにクモの巣を掃ってしまう。
    一見、大事と思えない事柄でも全体のバランスに
    欠かせない存在に、人はなかなか気付かないもの。
    いなくなって初めて気付く存在、見失わないように
    したいです。

    掲載日:2010/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんにちはヘレン

    うちは山が近いからか、しょっちゅうクモが出ます。
    家事をしている時などに見つけては「嫌だな〜」と思っていましたが
    “クモを殺してはいけない”というのを小さいときから聞かされていたので
    「それならクモが主人公でクモを好きになれるような絵本を探しにいこう」
    ということで、この絵本に出会いました。

    絵本を読んでからは「こんにちはヘレン」なんて思いながら、クモがいることを嫌に思わなくなりました。
    小さなクモでもきっと何かの役に立っているんですね。

    動物園で大活躍なヘレン!!今度動物園に行ったら絶対クモの巣を探してしまいそう。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • クモのイメージが変わる?!

    クモのヘレンが動物園で大活躍!するお話です。
    クモ…というと私は良いイメージが無いのですが、実は、クモさんが作るクモの巣って、とっても役に立つんだよ!と言う事がお話の中で楽しく感じられる様になっています。
    クモの巣が出来るまでの様子や、動物園のいろんな動物の表情が見られるのもいいな、と思います。
    この絵本を見た後、クモの巣を見る気持ちも今までとちょっと変わってくるかもしれませんね。

    このお話の作者さんは どろんこハリーの絵でおなじみグレアムさんの作品。
    どこか暖かい雰囲気がするところがいい作品です。

    掲載日:2007/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無駄なものは何ひとつない

    市長さんが視察にくるので、クモの巣を掃除してしまったら、きれいになったのに動物たちが元気をなくしてしまう。この本を読むと、この世の中に無駄なものは何ひとつないんだと実感させられます。すべての生物は、支えあい寄り添って生きているということを感じさせてくれる本です。「どろんこハリー」で絵を担当しているマーガレット・ブロイ・グレアムが文も書いています。地味な本ですが、じんわりとした温かさと優しさが伝わってきます。

    掲載日:2007/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • クモの巣を大切にね!?

    • アルゴドンさん
    • 40代
    • その他の方
    • 茨城県
    • 女の子8歳、女の子2歳

    ペットを飼えないアパートに引っ越す事になったビリー少年は大切な大切なペットの『ヘレン』を動物園に預けることにしました。園長さんに丁寧なお願いの手紙を添えて....。
    この大切なペットはなんとクモ!クモのヘレンは動物たちのオリに次々と巣を作り、邪魔なハエを退治していきます。おかげで動物たちは平穏な毎日を過ごすのですが、ある日市長が視察に来ることになりヘレンの巣は一つ残らず撤去(?)されることに...。
    最初のページに書かれた、大切なペットの世話をお願いする手紙がとても素敵です。そしてその大切なペットがクモという設定も、最後にはヘレンの有能ぶりが評価されて新聞に大きく取り上げられるのも作者のユーモアセンスが伺えて楽しいです。
    また、あちこちに登場する小さなヘレンの姿がとても愛らしいのでクモの嫌いな方にもおすすめしちゃいます。

    掲載日:2006/03/19

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット