もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ちいさなヒッポ」 みんなの声

ちいさなヒッポ 作・絵:マーシャ・ブラウン
訳:内田 莉莎子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年1月
ISBN:9784033272504
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,889
みんなの声 総数 70
「ちいさなヒッポ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

70件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 力強くて美しい版画の魅力

    幼稚園の年長さんのおはなし会で読んで、はずしたことのない、とても求心力の強い絵本です。

    幼いカバのヒッポが、一人で出かけて大きなワニに襲われます。
    ワニが登場する場面では、子どもたちは息をのみ、絵本に見入ります。
    母カバがヒッポを助け、ワニをくわえる場面の迫力はすごいです。
    母は強い!

    『三びきのやぎのがらがらどん』のマーシャブラウンの作品。
    1ページ1ページの色と構図の美しさは、絵画作品として鑑賞できるくらいで、なおかつ、ストーリーに過不足なくピッタリあっています。

    水辺が恋しい夏の季節に読みたい絵本です。

    掲載日:2017/09/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • かばブームのおこさんに^^

    大きくて優しいおかあさんがちいさいヒッポに
    生きる術としての言葉を教えます。

    ワニが襲ってくるとき、あぶなーい!とか盛り上げながら
    読み聞かせます。するとかぶりつきで見ています。

    どこまでわかってるのかわかりませんが大好きなようで
    よく読んでと持ってきます。

    かばの大きく鮮やかな赤い口が映えた版画の絵がすてきです。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 遠目に見て、衝撃

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    展開がはっきりしていて、素晴らしい絵本だとは思っていましたが、
    私の中でクラシックな絵本として「たまに読む絵本」ぐらいの位置の
    絵本でした。

    しかし、先日、絵本仲間に読んでもらい、この絵本を遠目に見ていた時、
    鳥肌がたちました。
    すごく美しかったのです。

    しまうまに会った場面、水牛に注意する場面、どれをとっても美しく、
    しばらくはあまりの衝撃にボーゼンとしていました。

    あまりに感動したので、帰って旦那に、子どもにと次々読みました。
    あらためて、絵本に出会った!と思った瞬間です。

    掲載日:2008/10/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • お母さんに教えてもらうこと

    ていねいな木版画の絵本です。
    雄大な自然と生き物たちの生活が、感じられます。
    おおきくて、たくましいお母さんが、ヒッポに大切なことを
    一生懸命に教え込んでいます。
    お母さんを一生懸命まねて勉強しているヒッポの様子が
    とても愛らしいです。
    後半のドキッとする出来事。
    お母さんの力強さ、愛情がいっぱいに感じられる絵本です。

    掲載日:2017/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木版画が素敵!!

    マーシャブラウンさんの絵本ですが,木版画のイラストがとても美しく魅力的な絵本です!
    カバのお母さんが子供のカバであるヒッポに厳しくも愛ある言葉のしつけをしていきます。
    大切なことは親がちゃんと教えていかなければと思わせてくれる絵本でもありました。
    親子で読みたい絵本ですね。

    掲載日:2016/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なことはしっかり教えとかなきゃ

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    以前読んだことを忘れて、また借りてきましたが、
    「グァオ!」という言葉で思い出しました。

    最近特に好き勝手動くようになり、
    道でも手を振り離して歩きたがる息子。

    お母さんが子どもに言葉や生きるすべを教えるのを読んでいて、
    嫌がっても大切なことはしっかり教えとかなきゃと
    改めて思いました。

    お母さんが助けに来るのが本当にかっこいいです。

    「3びきのやぎのがらがらどん」の人だと知り、
    ますますいい話だと思いました。
    ちょっと版画がこわいけど、そこも味があっていいです。

    掲載日:2016/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶対的な安心感

    木版画で描かれた絵がとても美しいです
    かばのお母さんが子供に自分の身の守り方を教えます
    おおきなわににかみつかれてピンチのヒッポ
    お母さんがガブリとわににかみついているシーンは迫力です。
    自分を守ってくれる絶対的な存在がいる安心感を子供に
    伝えてくれるお話だと思います。

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 版画が美しい

    3歳10ヶ月の息子に幼稚園で借りました。
    子どものカバが、大声で鳴く訓練をお母さんから受ける話。

    とにかく、版画がとても美しいです。
    表紙、裏表紙見返しの、夕暮れ時(朝焼け?)の水辺の、
    カバと鶴のシーンはすごい。

    「グァオ!」と、カバは本当に鳴くのかな?
    ワニに食べられないでよかったね。

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストが迫力

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    3歳の娘が読んでと持ってきました。
    ちいさなかばヒッポが母さんからかば語等を習います。かばの世界も学ぶことがあってたいへんなのかな。どこも同じですね。
    ラストがわにが登場してヒッポが危機に陥り、迫力でドキドキしました。ヒッポを助けてくれたのはやっぱり…。

    掲載日:2015/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がすてき!

    いわずと知れた名作ですね。
    絵がとてもすてきで、インテリアとして飾りたいくらい!
    お話も安定感がありますし、
    内田さんの訳も聞きやすく、
    ヒッポのかわいらしさにあふれています。
    一度は子どもと読みたい絵本です。

    掲載日:2013/10/23

    参考になりました
    感謝
    0

70件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



野球ファンだけにとどまらない、人生へのエールがこめられた絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット