庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

アンパンマンとひのたまこぞう」 みんなの声

アンパンマンとひのたまこぞう 原作:やなせ たかし
作画:トムス・エンタテインメント
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784577036600
評価スコア 3.6
評価ランキング 31,239
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あぶないぞ〜!

    ひのたまこぞうという名前だけだとかわいい

    気もしますが、要は火ですから、あぶないですね。

    森なんかはあっという間に燃えてしまいます。

    いたずらをしてしまったというか、バイキンマンに

    乗せられてしまったので大変なことに

    なってしまいましたが、火の扱いには

    気をつけないといけないなと思いました。

    湖にはいってしまったひのたまこぞうは

    小さくなってしまって、少しかわいそうでした。

    掲載日:2016/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 火は危ない

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    火は危ないから、あなたはさわってはダメよ、熱いし火傷するよ、と改めてこどもに分かってもらえたかなと思います。
    もちろん火は危ないだけではなく、便利なものでもあるのですが。
    火をとばされたにも関わらず、水に落ちて消えそうなひのたまこぞうを助けてくれるのはさすがアンパンマン!と思いました。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひのたまこぞう、ちょっと危険!

    今回出て来るのは火の玉でできた「ひのたまこぞう」。まさに火の玉で何にでも火をつけちゃいます!かなり危険!
    アンパンマンがなんとか取り押さえて、でも弱ってしまったひのたまこぞうを助けてあげて・・・とアンパンマンもやっつけたり助けたり忙しいですね。
    火が危険なこと、水をかけると消えちゃうことなんかがストーリーの
    中でさりげなく学べるようにも思います。
    アンパンマンのストーリーは色んなキャラクターから物の性質がよくわかるからいいですね。
    3歳の息子も面白そうに見てました。

    掲載日:2013/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 普通かな

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    アンパンマンは特に好きというよりは普通に知っている程度の2歳3ヶ月の息子と読みました。
    ひのたまこぞうは火山から生まれた子なんですね。
    息子にはちょっと難しかった様で何度も質問されました。
    キャラクターがあまり多く登場しなかったので少し残念でした。

    掲載日:2013/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすがアンパンマン

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    アンパンマン大好きな2歳の息子に読んであげました
    ひのたまこぞうを湖までおびき寄せて
    さっとよけて湖にぼちゃーんなんて
    「アンパンマンってやるぅ」って感心しました

    今回はそそのかしたばいきんまんが無罪放免だったのが
    不思議な感じでした。

    掲載日:2011/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • アンパンマン

    アンパンマンが大好きな孫です。まだまだ内容は理解出来ないのですが、アンパンマン、バイキンマン、ジャムおじさんの登場に大興奮してしまう孫を見るのがとても可愛いです。早く次の絵が見たくて捲ってばかりいる孫です。ゆっくり、ゆっくりの孫にもいつか内容を理解できると信じています。「アンパンマンミュージアムに行きたい!」と言われそうです。

    掲載日:2011/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひのたまこぞうから学ぶ

    火山の噴火で飛び出した「ひのたまこぞう」

    出会ったバイキンマンにそそのかされ森に火をつけたり
    アンパンマンに向かって火を噴き大暴れ。

    そんなひのたまこぞうですが、
    池に落ちてしまい小さくなって消えそうなひのたまこぞうをアンパンマンは助けだし
    パン工場の窯で火の暖かさを取り戻します。

    この本で火の恐ろしい威力と生活に欠かせない火の存在を少し学ぶ事が出来たと思います。

    掲載日:2011/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは難しいみたい・・・

    以前、同じシリーズの本がよかったので、こちらも読んでみたのですが、1歳9ヶ月の息子にはなかなか理解しづらい内容だったみたいです。

    そもそもひのたまこぞうがよくわかりにくいみたいです。火も危険なので、熱い、危ないだけでそれ以上を教えたりすることが少ないからでしょうか。

    同じアンパンマンでも、理解しやすいキャラかどうかは見極めたほうがいいですね。

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • フレーベル館

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    アンパンマン・リターンズの4作目はひのたまこぞうが登場です。
    元気いっぱいで負けず嫌いのひのたまこぞうは、ばいきんまんにのせられて、森に火をつけてしまいます。

    前作のらくがきこぞうと同様、このひのたまこぞうも、まだ悪いことがちょっと分からない子供のようです。
    でもちゃんと話をすれば素直に聞き入れることもできるし、反省もできる。
    アンパンマンとのやりとりのなかで、成長する姿がほほえましいです。

    娘はもうアンパンマンのお話なので夢中でした。
    ひのたまこぞうが火をビュービューと吹く場面では、一緒にタコのような口になってビュービュー真似をしていました。

    それにしてもひのたまこぞうって・・・火が消えるとずいぶん小さくなってしまうんですね。
    新しい発見でした。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット