だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

声にだすえいご絵本」 みんなの声

声にだすえいご絵本 作:和田 秀樹
出版社:アルク
本体価格:\1,900+税
発行日:2003年
ISBN:9784757407442
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「声にだすえいご絵本」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • たっぷり!

    チャンツ(リズム)で英語をおぼえてしまうと
    本当に簡単です!
    有名な和田秀樹先生が監修なので
    安心です

    CDは、時間があるとき掛け流しておくと
    こどもは吸収して、ある日
    ポツポツとオウトプットしだしたのに
    びっくりしました(うちはハンプティダンプティでした)

    桃太郎やマザーグース、俳句など
    日本語でも読んだことがある有名な
    お話が、リズムにのって覚えられちゃう
    かなりのボリュームでCDつき
    そして、オールカラー
    買ってよかった!と思える絵本です

    掲載日:2009/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • えいごの音と遊ぶ本

    プリスクールに通いだして7ヶ月を過ぎたことから、一人遊びの会話に英語が出てくるようになりました。この本の対象年齢は4才からと書いてありましたが、生まれた時からアメリカで英語の音に慣れているのでと思い与えてみたら大ヒットでした。今は毎日のようにCDを繰り返しきき、絵本をひらいています。特にお気に入りはももたろうの英語劇で、だれもが知っている♪もーもたろうさん、ももたろうさん♪の歌が英語になっていて面白いです。
    親子で楽しめて、英語の音に触れてといろんな楽しみ方ができる本だと思います。

    掲載日:2006/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / わたしのワンピース / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット