しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ツィン!ツィン!ツィン!おたのしみのはじまりはじまり」 みんなの声

ツィン!ツィン!ツィン!おたのしみのはじまりはじまり 作:ロイド・モス
絵:マージョリー・プライスマン
訳:角野 栄子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1998年
ISBN:9784892386855
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,859
みんなの声 総数 4
「ツィン!ツィン!ツィン!おたのしみのはじまりはじまり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 英文で読みたい絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1996年のコールデコット賞オナー賞受賞作品。
    マージョリー・プライスマンは、2006年にも「熱気球はじめてものがたり」でコールデコット賞オナー賞を受賞しています。

    最初は、トロンボーンのソロ。
    次にトランペットが加わり二重奏。
    次にホルンが加わり三重奏。
    次々に加わって、最後は10人揃ってコンサートが始まるというお話です。

    計10種類の楽器が登場しますが、演奏者たちは、その楽器に似合った人物が登場します。
    みんなの楽しそうな姿が、印象的。
    楽器の編成は、SOLO、DUO、TRIO、QUARTET、QUINTET、SEXTET、SEPTET、OCTET、NONET、CHAMBER GROUP OF TEN。
    おそらく、英文だともっと韻を踏んだ文章になっているので、もっと小気味良く内容が伝わってくるはずで、一寸残念な感じがします。

    日本語だと、絵と文で音を表現するというところまでは至らず、この絵本の本来の評価にはならない評価となりました。
    ただ、音楽の知識も身につくという側面もあり、入門編として読むには適していると思います。

    掲載日:2011/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ヴァイロリン習いたい。」

     芸術の秋ですね。
     お腹の中にいた頃からクラシックと、ミシンの音を聞いて育った我が子。
     音楽は生まれた時から大好きでした。
     でも、クラッシックコンサートには、世間のマナーというか、連れて行けませんでした。家でCDは、良く流してました。

     言葉が出始めた頃、この絵本を初めて読みました。
     音が出るものだという認識が、幼いながらあったようです。
     
     3歳の頃、再度読みましたら、「ヴァイロリンを習いたい。」と言いだし、先生をさがしたら、ちょっと遠かったので、「ヴァイオリンも楽しいけれど、ピアノも楽しいよ。」「いや、ぼくヴァイロリンがいい!」と譲らず困らせられました。「じゃあ、ピアノが上手になったら、バイオリンも習いにいきましょう。」と言いくるめ、一件落着。ピアノは、まだ続けています。

     それぞれの楽器の音の表現が、楽しいんです。
     それを奏でる人たちの正装姿もかっこよく、音に合わせた様子も楽しい。
     10の楽器を紹介し、オーケストラの演奏で完結。
     各ページ、ねずみくん、ねこくん、犬くんが音に合わせるように駆け回り、これもまた楽しい。
     
     ちょっと、『許してもらえるかも…』と思って、冷や汗ものでジュニアコンサートに連れて行きましたら、ラデツキー行進曲で、一人盛り上がり、立って手拍子を打っていました。

     音楽の好きなお子さんに読んでみてください。

     ステージ発表のものって、幕が上がる前の、何ともいえないストレスというか、緊張が発表者側は、たまらないんですよね。思い出しちゃいます。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんてすばらしいミュージック

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    数年前、楽器の絵本ということで衝動買いしていました。
    その頃はまだ難しいかな、と我が子たちにはあまり読んであげていませんでしたが、
    久しぶりに思い出して読み返すと、あ、やっぱり素敵だな、
    としみじみ。
    楽器を持った演奏者が一人、二人・・・と登場して、
    十人そろってさあ、オーケストラ!
    それぞれの楽器の紹介が絶妙な音色表現でキュートです。
    本当は、絵本を読むのと一緒に一つ一つの楽器を鳴らせたらいいんですけどね。
    でも読んでいくだけで音色が見える感じがするんですよ。
    題名の「ツィン!ツィン!ツィン!」は何の楽器?
    それはね、お楽しみ。
    楽しそうに演奏する楽団員にも注目。
    音楽会っていいですね。

    掲載日:2006/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音が踊ってあふれてきます

    • ひとときさん
    • 30代
    • その他の方
    • 千葉県
    • 女の子10歳、女の子3歳

    はじめはトロンボーンのソロ、次にトランペットが加わり二重奏(デュエット)、そこへホルンがやってきて三重奏(トリオ)・・・と10まで楽器が加わって、最後にはオーケストラになり、準備ができてコンサート。

    文字が曲に合わせて踊っています。
    数を数えていくように、一つ一つが参加して、音楽の数の数え方がわかります。
    五重奏のクインテットまでしか知らなかった私は、とても勉強になりました。
    そして、それぞれの楽器の特徴ある音を、わかりやすく解説しているので、本当に音が聞こえてきそう。
    登場人物も個性的でおしゃれです。

    音とともに観客なのか参加者なのか、動物達も踊っています。
    皆が皆、とても楽しそうです。

    掲載日:2006/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / はじめてのおつかい / そらまめくんのベッド

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット