大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

一休」 みんなの声

一休 作:高田 桂子
絵:大野俊明
出版社:「京の絵本」刊行委員会
本体価格:\1,800+税
発行日:1999年
ISBN:9784900708518
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リアルな一休

    伝記のように詳しく生まれから終わりまで描かれています。絵もリアル。橋の話や屏風のトラの話だけでなく、ブスの毒の話や、将軍の話、逆にこじきに服をめぐんでトンチでやりこめられた話など、詳しく入っています。少し難しいので3歳には早かったです。小学校入学前〜小学校中学年くらいが良いかと思います。

    掲載日:2011/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一休さんの一生

    お馴染み、京の絵本シリーズから。

    一休さんと言えばとんちがお得意で有名なお話しですが
    こちらは、そんな一休さんの生い立ちや、幼少期、
    そして最期にわたり一休さんの一生を描いたお話し。

    私が小さいころに見たアニメ、一休さんの陽気な雰囲気とはうって変わって
    勢力争いに巻き込まれ、あちこちを逃げ回って生を受けたコトや
    真面目に取り組む修行の日々の生活の様子など、今まで知らなかった
    一休さんを垣間見ることが出来ました。

    歴史的背景を痛感しながら、一休さんの人柄をいっぱい感じられるお話しに
    ますます一休さんが気になる!
    最近、偉人のお話しに興味を持ち、リクエストの多い小学校でまた、読み聞かせを楽しみたいな〜

    掲載日:2007/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「一休さん」の事が よくわかりました☆

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子12歳、男の子8歳

    「一休さん」にはまっている息子が 図書館で借りてきた本です。
    とんちの面白さから 一休さんの絵本を何冊か読み比べている息子。
    この絵本を読み終わっての一言は 「一休さんより頭の良い人がいたんだあ。」でした。
    何のことだろうと 私もすぐに飛びつき 読んでみますと…
    今まで読んできたどの本よりも 一休の生涯が わかり易く書かれていました。
    誕生の秘密!?に始まり 25才で《一休》という名をもらった時の 命名の由来。
    そして一番最後のエピソードが 息子の言葉につながるものでした。
    僧として生きる一休が 改めて背筋を伸ばすことになったであろうこのシーンは 私自身にも色々と考えさせてくれました。
    88歳の生涯を閉じるまでが 丁寧に描かれている絵本です。
    もちろん 皆さんご存知の 水飴・橋・屏風の虎などの場面もあります。
    最初から 最後まで とてもきれいな言葉で語られています。
    絵も繊細で 優しい色使いの 素敵な仕上がりです。
    外国の方も 楽しめるように ページの隅に 英訳されています。

    小学校中学年から 大人向けという感じです。

    掲載日:2006/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット