だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ちさとじいたん」 みんなの声

ちさとじいたん 作:阪田寛夫
絵:織茂 恭子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1997年
ISBN:9784265033386
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,691
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • じいたんとの会話

    小さな女の子・ちさちゃんと、じいたんとの会話が、ほのぼのしますね。
    読んでいて「そうそう、子供ってこんなことを言うよねー」と思いました。
    それに上手く対応しているのが、じいたんです。
    無意識なのか、年の功なのか?
    子供と一緒になっているって、こんな感じなんだろうと思いました。

    掲載日:2013/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 斬新さも感じる

    こどもたちはこの絵本にいいのか悪いのか大うけ。

    じいたんのことをねずみと言って「ちゅうたん」と呼んだり、酔っぱらったじいたんとちさちゃんがギャオのギャオーと吠えあう場面だったり、いろいろとツボにはまったようです。

    絵もとっても表情豊かに書かれているので楽しかったみたいで。

    終始ケラケラ笑っていた娘たちですが、最後まで読んで絵本を閉じるときにはこの二人の関係の素敵なことだけは分かり、なんともほんわかした気持ちを残してくれます。

    じいたんとちさちゃんの関係、ずっとずっと続いてくれるといいなぁ。

    掲載日:2013/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • きゅうんとします

    ちさがなかよしの「じいたん」はちさの「おじいちゃん」では
    ありません。きっとご近所に住んでる人なのでしょうね。
    でも本当に仲良し。じいたんは本当の孫のようにちさに優しく
    接してくれて、いつも遊んでくれます。
    読んでいると胸がきゅうんとなってしまいます。
    小さな子どもにとって「じいたん」のような存在の人がいてくれる
    ことは大事ですよね。だけど、きっと現代ではあまりいないのでは
    ないかなあ。。
    阪田さんの言葉がいいです。阪田さんの詩というといつも遊び心が
    あっておもしろいなあって思うのですが、この絵本の言葉は
    おもしろいというよりきゅうん・・なんですよねえ。遊び心はおんなじ
    ようにあるのに。
    ちさの小さな子どもならではの言い間違い(「たかづけてください」
    ですとか「ゆたか」)が、かわいらしくていいなあって思ったのですが
    娘は自分だってもうちょっと小さかった頃は同じように
    いい間違いをしていたのに「間違ってるよお」とちさのことを
    笑っていました。それがちょっと寂しかったなあ(ちなみに
    娘は「アルバム」を「アブラム」。「ジャングルジム」を「ジャンジ
    グリーム」と言っていました。笑)。

    掲載日:2012/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • じいたんはたろちゃん

    ちさちゃんが近所のおじいちゃんとのふれあいを詩で綴られていて、と

    ても温かい絵本です。

    ちさちゃんのあどけない幼い言葉がとても可愛いと思いました。

    孫は、幼児言葉がなくていきなり言葉だけは、大人(?)っぽくて、は

    っきり言います。

    あどけない言葉はやっぱり可愛いと思いました。

    「じいたん」って、たろちゃんだとわかるとちょっぴり笑えました。

    一緒にいつも遊んでくれるじいたんがちさちゃんにいてよかったですが

    じいたんのほうこそ、いつもちさちゃんに感謝していると思いました。

    読んでいるだけでも嬉しくなってしまう絵本でした。

    掲載日:2010/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 織茂さん

    織茂さんの作品だったのでこの絵本を選びました。様々な種類の詩が登場するので楽しく読むことが出来ました。おじいさんの表情がとても幸福そうで嬉しくなりました。女の子がおじいさんの事をとても愛している様子が伝わって繰る描き方も気に入りました。続編も楽しみな絵本です。

    掲載日:2010/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのするよ〜♪

    始め絵本の題名を見て・・・♪

    ちさと♪と言う名前の爺ちゃんかと・・・笑(^^♪

    ちさちゃん♪と言う女の子の詩(エッセー?)でした♪

    ちさちゃんとじいたんの四季折々の様子が12章あります!

    絵がリアルで詩がちさちゃんとじいたんのほのぼのとした感じがとても良かったです♪

    掲載日:2007/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩の絵本

    ちさとじいたんは、血のつながりはないけど、目に見えない温かい関係でつながっています。ちさのあどけない言葉でつづった詩。最近にない地域とのふれあいを感じました。

    掲載日:2006/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふれあい

    • ひこうき雲さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子8歳、女の子8歳

    これは詩の絵本です。ちさとじいたんのふれあいがほのぼのと、詩で書かれています。ちさとじいたんが、お互いを思う気持ちが、短いながらも言葉からたくさん感じることができます。小さい時に良く遊んでもらった近所のおじいさんを思い出し、とても懐かしい気持ちになりました。

    掲載日:2006/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット