だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おはよう」 みんなの声

おはよう 作・絵:宮尾 怜衣
出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
本体価格:\533+税
発行日:2003年
ISBN:9784564241536
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,859
みんなの声 総数 4
「おはよう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 元気になれます

    「おはよう」って朝の挨拶を気持ちよく出来る絵本です。「あさだよーっ」「おはよう!」の繰り返しが単純だけれど、嬉しくなれてとても元気を貰える絵本です。太い線の輪郭でしっかりと要点が伝わってくる絵です。気持ちが塞いでる大人にもきっと元気になれる絵本だと思いました。ニコニコ顔に嬉しくなり元気をいっぱい貰いました。

    掲載日:2009/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく「おはよう〜!」

    何度も読めるしっかりしたボードブックで、3ヶ月ごろから毎朝読むのを日課にしています。今(5ヶ月)では、表紙を見るとにこ〜っとします。まだまだ「めくる」ことはできませんが、本に手をもっていって触ったりしてすごく興味があるようです。
    おさるさんがいっぱい出てくる楽しい場面は特に好きみたいで、そこのページにくるとまたまたにこ〜っ!最後の「おち(?!)」もとても良いです!
    絵も小さい子向けにとてもはっきりした色使いで、かわいいくてお勧めです!

    掲載日:2007/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめは良さがわからなかったけど

    ”あさだよー”からはじまって、
    次の見開きに”おはよう”の繰り返し。
    はじめはこの本の楽しみ方がよくわかりませんでした。

    ですが、よく絵を見てると
    ”あさだよー”と書かれたページに、何かがでてくる予感をさせるヒントが描かれています。

    くじらのときは、大波が。
    小魚?たちのときは、小波。

    親より子どもの方が、この絵本の楽しさを先に発見していました。

    単純な繰り返しが1歳代くらいまでの子どもにはうけるのではないかと思います。

    掲載日:2006/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなに「おはよう」って言えるよ

    あやちゃんはまだしゃべれませんが、この絵本を読んであげると、くじらさん・さかなさん・かにさん・おさるさん・とっとちゃんにおはようのポーズをしています。
    (おはようございます・こんにちは・こんばんは・おやすみなさい・いただきますのあいさつがすべて同じポーズで、ニコッとして頭を横に傾けるのです。)
    かにさんは特に好きな様子で、得意のポーズのあとに、かにさんのおててのまねをしてくれます。ただまだチョキができないのでグーパーグーパーしています。

    掲載日:2006/04/04

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット