庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

はぬけのはなし」 みんなの声

はぬけのはなし 作:上原 進
絵:米本久美子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2001年
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,683
みんなの声 総数 8
「はぬけのはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かがくのとも

    かがくのともが好きなのでこの絵本を選びました。女の子のキラキラ輝く目と愛らしい髪型が素敵でした。何故人間の赤ちゃんが生まれてくるときに歯を持たないのかをとても分かり易く説明しているのが良かったです。歯が何故しっかりと丈夫でなければならないのか、他の動物との形状の違いなどを知ることが出来てとても勉強になりました。歯に興味が湧くようになる絵本です。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯の話は大切です

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     大人の歯に生え変わる頃の子供にぜひ読んでほしいです。やっぱり自分の体のことは自分でよく知っているべきでしょう。母親に教えられるより、他の人に教えてもらった方がよく覚えるお年頃。こういう絵本は必要です。
     うちには赤ちゃんもいるので、赤ちゃんの歯のところからの説明がとってもよかったようです。実物でも確認できるし、絵でも確認できるし。
     
     母親の私は、子供達が歯をぐらぐらさせていると今にもとれそうで怖くて「きゃーー」といってしまうので、子供達はいつも私に向かってぐらぐらしてくれて、結構迷惑です。

    掲載日:2010/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になりました

    前の歯が上と下に2本ずつまでは、大騒ぎをして喜んでいたのですが、もうすっかりはえ揃いそう(?)・・・・・
    まだ20本までは生えてないですが、日増しに成長していると実感する今日この頃です。
    この絵本を読んで私が一番勉強になったと思いました。
    隙間がいっぱい開いているので心配していたのですが、大人の歯がきっと大きな歯が生えると思い嬉しくなりました。
    歯磨きだけはやらせたいと思いました。
    自分の娘二人には夜の歯磨きの習慣をつけさせなかったので、虫歯をつくらせたことに後悔したおります。小学校前にもう一度読んで「歯」の勉強を孫にもさせたい絵本です。
    3歳くらいから理解できる絵本だと思います。

    掲載日:2009/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくわかる!

    上の子が下の歯がぐらぐらして抜いてもらったので
    ちょうど良いタイミングと思い読みました。
    歯が抜ける話(乳歯が抜ける)を何冊か読みましたが
    私的には1番色々な事がわかり、なるほどね〜。と
    思えた絵本でした。

    うちの子はぐらぐらする時に歯医者に行き、下からもう永久歯が
    生えてきているから。と麻酔で下2本共抜いてもらいました。
    そしたら長い根っこが付いていて「歯ってこんなに長いの?!」
    なんて驚きましたが、そういう事もちゃんと説明があり
    本当に勉強になりました。

    わっはっは〜と笑える絵本ではないですが
    ちゃんとわかりやすく説明があり
    大人も子供も理解しやすい良い絵本だと思います。

    掲載日:2009/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯の大切さを教えてくれる話

    赤ちゃんの歯ってどうやって出来るのか、大人の歯へはどうやって生えかわるのか何のために生えかわるのか・・・。
    歯のしくみや歯が大切なことを子供に教えてあげれる話です。

    あとがきの話も、大変勉強になりました。

    掲載日:2008/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの姪っ子は小学1年生、前の歯二本と下の歯二本が抜けて、永久歯が生えてきました。そしてまた次の歯がぐらぐらと……赤ちゃんの歯から大人の歯に代わるとは聞いていたけど、他の子はどうなっているか知りたいお年頃。

    そこで図書館で姪っ子がうろちょろしている間に私が選んだ絵本がそのものずばり『はぬけのはなし』赤ちゃんは母親の乳を吸うから歯が必要ないのは知っていたけど、小学校入学前後に、乳歯が取れて永久歯になるために根っこが溶けるなんてしりませんでした。教わることたくさんありました。

    そして本を読んだ後は、乳歯たくさん、永久歯4本の姪っ子は今日もおばさんと歯磨きをして寝ました。

    掲載日:2008/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうして歯は抜けるの?

    長女の下の前歯が2本、ぐらぐらしてきて、乳歯が抜ける気配。
    長女はこの日を今か今かと待ち望んでいたのです。
    幼稚園年長の後半頃から、お友達の乳歯がこぞって抜け始め、一回り大きな永久歯が生えてきていたの。

    「どうして、私の歯は抜けないの?」

    悪い母は 「う〜ん、夜、早く寝ないからかな?」
         「好き嫌いしてると抜けないかな・・・」
         「お片づけのできない子も、抜けないかも」
         「喧嘩ばかりしてると 抜けないね」

    そんな、いかにもでっち上げのうそにも騙されるほど、歯が抜けないことで、ちいさな胸を痛めていたのでした。

    歯がぐらぐらしているから、「歯グラ」
    日に何度も鏡をのぞいては 歯グラを見つめています。

    そんな折、図書館でこんな本を見つけました。
    乳歯が生えて、抜けて、永久歯が生えるまでのことが丁寧に書かれています。

    乳歯の根は自然に溶けてしまうから、ポロリと抜け落ちるんだね。
    永久歯が生えてくるための準備として、乳歯どうしの隙間が勝手に空いてくるんだって。

    私も正しく知らなかったことが書かれていました。
    親子ともに勉強になりました。

    掲載日:2006/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯は大事

    • ひこうき雲さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子8歳、女の子8歳

    子供が虫歯になり、歯医者さんに行くようになり、図書館で見つけた本です。子供はとても興味深く読んでいましたよ。男の子の抜けた歯の話から始まり、どんなに歯が大切か、どんな風に歯が生えてるかなど、楽しくお話してくれてます。「歯を磨きなさいと」言ってもなかなか思うように磨いてくれません。一緒にこの本を読んで、歯の大切さを改めて感じてみてください。

    掲載日:2006/04/05

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / でんしゃでいこう でんしゃでかえろう / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット