だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

かえりみちを わすれないで」 みんなの声

かえりみちを わすれないで 作・絵:パット・ハッチンス
訳:いつじ あけみ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784834020823
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,295
みんなの声 総数 20
「かえりみちを わすれないで」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 目印が消えた

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    『DON’T GET LOST!』が原題。
    朝食の後、畑に散歩に出かけた、こぶた、こひつじ、こうし、こうま。
    「帰り道を忘れないでね」とそれぞれのお母さんに念押しされて、出発です。
    あちこちでめいっぱい遊んだ後、みんなは引き返すことにします。
    ところが、目印にと思っていた、りんご、干し草、かぶが見当たりません。
    万事休すと思いきや、実は大丈夫だったわけですね。
    実は最初から、子どもたちが遊んでいる背景で、あることが着々と進行中。
    それを読み取ることがポイントです。
    ハッチンスらしい絵ですが、動物の絵が独特の立体で、少しびっくりしました。
    でも、それだけに、背景が目に飛び込みやすいのかもしれませんね。
    子どもたちが無心に遊ぶ様子もほほえましいです。
    しかも、それぞれの大好物と、褒め言葉が迎えてくれるって、とても素敵ですよね。
    もちろん、もう一度、最初から絵は隅々までチェックしましょう。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 帰り道の先には

    こぶたくん、こうしくん、こひつじくんたちが子どもたちだけで出かけます。りんごの木や畑などを通り過ぎて、おなかがすいたので家に帰ろうとします。さっき通ってきた道を帰ろうとするけど、目印にしてたりんごの木やかぶいっぱいの畑にはすでに収穫されてしまっていて、帰り道がわからなくなってしまいます。でも目の前にいたのは…というストーリー。
    動物たちが外国のキャラクターのように描かれていてポップな印象でした。安心できる結末でした。

    掲載日:2016/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほどー

    パット・ハッチンスの絵本が大好きなので借りました。とっても笑えるお話というのとは違いますが、ほのぼのとして癒される絵本です。

    動物の子供たちがはたけへお散歩しに行くんですが、帰ろうとすると目印のものがない!「あれー」と思っていたのですが、わかりました!そういうことだったんですねー。鈍い私に次女が説明してくれました。

    絵がとっても可愛くて、それにも注目です。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぬいぐるみみたい

    カラフルな絵が、かわいいですね。
    動物たちのルックスは、パッチワークのぬいぐるみみたいだと思いました。
    思いっきり遊んで、食欲中心で行動する様子は、本当に子供らしいですよね。
    無事に帰れて、ほっと安心しました。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 危なっかしい子供そのもの

    動物の子供たちが散歩にでかけます。「かえりみちをわすれないでね」とお母さんたちに言われ、子供たちは畑の食べ物を目印に進んでいきます。

    でも、その畑の食べ物は、帰る頃にはすでに収穫されてしまい、来た時とは様子が違います。それでも、次の畑の食べ物を目指して進むので、偶然にも?無事にお母さんのところに帰り着き、ごはんにもありつけます。大人からみると、危なっかしい子供そのものです。

    よく見ると、収穫された食べ物が運ばれているのが隅っこに描かれているので、それに気付くと楽しいのですが、息子は気付いていませんでした。「あれ、ないねえ」と言いながら不安そうに聞いていました。息子は迷子になるタイプかもしれません。

    掲載日:2011/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色鮮やかな絵が魅力的

    わが子が、図書館で選んできた本です。
    色鮮やかな絵が目に留まったのかもしれません。
    これがハッチンス作品との出会いとなりました。

    こぶたと、こひつじと、こうしと、こうまで畑へお散歩に行きます。
    送り出すお母さんたちは「ごはんまでにはかえるのよ。かえりみちをわすれないで。」
    りんご畑→干し草の山→かぶ畑→池
    お腹が空いて帰ろうとするけど、あったはずの目印、かぶ、干し草、りんごが見つからない。

    動物のこどもたちが通った後、後を追うように農場のトラクターが。
    一部分しか描かれていないけど、収穫していったと推測できます。
    描かれていない部分に想像力を働かせることができます。

    おうちにたどり着けず、怖くなって途方に暮れていたみんなを迎えたのは、やっぱりお母さんたちの笑顔でした。
    そんな温かさを感じながら読みました。

    わが子には後から収穫している様子が、ちょっと難しかったようです。
    でも、何が気に入ったのか、何度も読んでと催促されましたよ。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忘れなかったんだね

    動物たちのおかあさんの言葉が、「ご飯までには 帰るのよ。帰り道を

    忘れないでね」ってどの親も思いは一緒なんだと思いました。

    いっつも、幾つになっても子供のことを心配するのは一緒なんだと思い

    ました。もう今は、すっかり立場が逆転してしまってもやっぱり子供は

    いつまでも子供だと思うのは、控えなければと思うこの頃です。絵に遊

    び心があって個性的な絵に惹かれました。なんでも模様にしてしまう絵

    が面白いと思いました。お友達同士で無邪気に遊ぶ動物たちは楽しそう

    でした。

    掲載日:2010/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろさのしかけ、やっぱりハッチンス

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳、女の子6歳、女の子2歳

     動物のこどもたちは大好きな食べ物を帰り道の目印にしているのに、いざ帰ろうとすると食べ物がなくなっています。道をわすれちゃったかも…と不安になりますが、無事帰り着きます。
     9歳の息子は一回目に読んでいるときに、おもしろさの仕掛けに気づきましたが、もうすぐ3歳の娘はこぶた、こひつじ、こうま、こうしが出てくるのが楽しいようです。連日読まされているので割と気に入っているようですが、動物たちの後からついてきている車にはまだ気づいていないようです。
     私はこぶた、こひつじ、こうまのでてきたハッチンスの「まんげつダンス」を思い出しました。この作品とあわせて少し低年齢向きの絵本かと思いました。

    掲載日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独創的な絵

    みんなで歩いてきた道は、帰りには少しだけ変わっていました。
    きたときにはあったりんごがなかったり...
    確かあったはずの干し草がなかったり...
    そこで、道に迷ったかも、と不安になったこぶたたちでしたが、そんなことはありませんでした。
    なんともユニークな絵です。まるで、おもちゃかなと思わせるような牛やブタの絵に最初は違和感を感じましたが、読んでいるうちに慣れました。
    ハッチンスの絵本は好きだけど、同じような感じの話では「ベーコンわすれちゃだめよ」のほうがおもしろかったかな。

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • この動物メカみたい

    この絵本の動物たちを見て息子が「ねえ、この動物メカみたい」と言いました。

    確かに写実的な絵ではなく、メカっぽい、不思議な絵です。

    動物たちが一匹ずつ増えて、お散歩をするという、よくあるタイプのお話なのですが、絵のはじの方には、動物たちは気付いていないけれど、隠し絵のように、食べ物が見えているので、それに気付いて読むと楽しいのでは?と思いました。

    道を間違えたと思ってしまう動物の子どもたちがかわいらしいなと思いました。

    絵に特徴があるので、テンポの良い文と一緒に楽しめると思います。

    掲載日:2008/12/11

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット