だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ケイゾウさんは四月がきらいです。」 みんなの声

ケイゾウさんは四月がきらいです。 作:市川 宣子
絵:さとうあや
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784834021981
評価スコア 4.75
評価ランキング 683
みんなの声 総数 15
「ケイゾウさんは四月がきらいです。」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 「ケイゾウさんは○○がきらいです」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    とっても楽しかったです。
    1つの話が声に出しても10分弱くらいの短いお話が10個入っています。それぞれのセンテンスがにわとりの「ケイゾウさん」目線で、
    ケイゾウさんが体験したことを描いています。
    全てのタイトルに「ケイゾウさんは○○がきらいです」とついていて、そのきらいなわけの出来事がものがたれているのですが、読んでいると笑えます。

    お話はそのケイゾウさんの小屋にルームメイトがやってきた4月から始まります。
    幼稚園児たちとケイゾウさん、それにルームメイトのうさぎのミミと、幼稚園のももこ先生などが、1年の季節を巡りながらいろいろなことを私たち読み手に見せてくれます。

    ケイゾウさんとミミのコンビのやり取りが面白いです。
    (口はミミの方が一枚上手かな?)

    私が一番気に入ったお話は「ケイゾウさんは工事がきらいです」です。
    ケイゾウさんに次々に襲いかかるハプニングが面白いです。
    4,5歳くらいから小学校中学年くらいのお子さんたちにお薦めしたいです。ぜひ、身近なお父さん、お母さん、先生などが声に出して読んであげてください。

    掲載日:2012/12/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 随分気の毒な目に、遭わせちゃってたな〜

      福音館創作童話シリーズの一冊です。
     幼稚園の庭で飼われているにわとりのケイゾウさんを主人公にしたお話しが、四月から一年を巡るように十話入っています。
     一話が7ページくらいの長さです。
     
     タイトルになっているお話しが、最初のお話しです。
     ひとり住んでいた小屋に、みみこちゃんといううさぎが仲間入り。
     ケイゾウさんの家はだいぶ窮屈になりました。
     ケイゾウさんのパーソナリティがとっても魅力的で面白い。
     悲哀を感じさせるおじさんのよう。
     一方みみ子ちゃんは、要領の良い若く自信に満ちた女の子に思えてきます。
     ケイゾウさんが四月が嫌いな理由に、とっても納得。

     美味しいとこ盗りのみみこちゃんに比し、ケイゾウさんのにわとりとしての悲しい性に、申し訳ないけれども笑ってしまいました。 

     どのお話しも楽しかったけれど、親子で一致したのは、「…サーフィンがきらいです」と「…寒いのがきらいです」でした。

     本当に、園や学校で飼われているにわとりさんたちは、こんな事を考えているのかもと思うと、『随分気の毒な目に、遭わせちゃってたな〜』って、反省してしまいました(笑)。

    掲載日:2010/03/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 愛すべきニワトリのケイゾウさん

    小一の子にも読みやすそうだな・・・と思い図書館で借りましたが、
    とても気に入ったようで後日購入しました。
    短めの一話完結で、全十話です。

    幼稚園で飼育されているニワトリのケイゾウさん。
    園の子供達や同居するウサギのみみこちゃんに振り回されて、
    何かと上手くいかず毎回ため息混じりの事ばかり。
    何だか哀愁が漂っていておかしいんです。
    でも、幼稚園や小学校で飼われているニワトリさんって、皆こんな感じなのかも。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑いのツボにはまってました

    • 10月さん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳

    小5男子には幼いかなと思ったら、ゲラゲラ笑って読んでました。
    「これ、すっごい面白い〜」と言いながら、立て続けに3回も読み返していて
    びっくり。
    「お母さんも読んで!」と言われ、読みました。

    幼稚園の鶏ケイゾウさんの春夏秋冬。
    新顔うさぎのミミコが見かけはかわいいのに、毒舌なのも面白い。
    ケイゾウさんもいつもブツブツ言ってます。
    でもミミコもケイゾウさんも、幼稚園の先生や子供たちにとても可愛がられていて、ほのぼの。
    息子が通っていた温かい幼稚園のことを思い出しました。
    学校でもうさぎの飼育係をしている息子は、動物たちが実はこんなことを思ってたりするのかなーって視点からも面白かったみたいです。

    楽しい絵本でした。

    掲載日:2015/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ニワトリさんも大変ねっ!

    • クマトラさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    幼稚園で飼われてるニワトリってこんな気持ちなんでしょうか?
    5歳の息子もニワトリの絵を見つけては‘ケイゾウ!’と嬉しそうに
    走って行く様になりました。
    ‘これだぁ!’と、子供たちが、ケイゾウに接する様子を目の当たり
    にしたような瞬間でした。
    何でも遊びに結び付けて楽しんでしまう子供たちに対して、クールな
    ケイゾウの反応が絶妙です。
    我関せずに見えてたうさぎも実は気取り屋ゆえだったんだぁ…(^^)。
    息子は何度もパパ&ママ両方と本を楽しんでました。

    掲載日:2010/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 軽妙なショート・ストーリーズ

    時期が時期だけに心惹かれるタイトルでしたが、開けて思わずはまってしまいました。
    ケイゾウさんは幼稚園で飼われているニワトリ。
    ニワトリのケイゾウさんと、仲間に加わったうさぎのみみこちゃん、そして園児たちの繰り広げるコミカルなお話が続きます。
    それも「ケイゾウさんは※※がきらいです」のセット。
    ケイゾウさんが極めて人間的なのと、先生とのやりとり、園児たちの怖いくらいの無邪気さに振りまわされ、先生もふくめてドタバタなのですが、とてもほほえましいのです。
    それにしても、滑り台から放り投げられたり、運動会で園児たちに引っ張り回されたり、過激なしうちに耐えながらきらいだ、きらいだといいながらも園児たちを暖かい目で見ているケイゾウさんは素晴らしい。

    掲載日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ファンになっちゃいます♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    保育園勤務時読みたかった!!です。

    私が勤めた園では、園長先生がペットを飼えない状況の子が多いことを考慮し、いろんな動物を飼育していました。
    大工得意な父兄が立派な小屋を建ててくれたり・・・
    ケイゾウさんのようなにわとりはいませんでしたが(^^ゞ
    とってもわかります!!

    こどもの手加減のない扱いや、考え方って、ほんと、いい迷惑なんですよね。
    大人でも、大きな間違いを犯しているかもしれないし、動物嫌いの先生がいたら、それまた大変!!

    1年の流れも、自分と同じような生活に、親近感を覚えます。
    是非、親子で楽しんで読んでみてください。

    掲載日:2010/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ケイゾウさん!

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    幼稚園で飼われているニワトリのケイゾウさん。その渋い名前もステキだし、言動もナイス!!

    一歩引いた冷めた目で見ているようで、結局いろいろ巻き込まれて貧乏くじをひきがちなところが、人生(鶏生?)模様を感じるようです。同居人のうさぎのみみこちゃんとのやりとりも、絶妙!

    大人でも楽しめる本です。

    掲載日:2009/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ケイゾウさんが大好き!

    小学生の娘・息子だけでなく読み聞かせする親の方がケイゾウさんにすっかり夢中☆

    続きを読んでとせがまれた父親も、
    「ケイゾウさんってだれ?」と最初はハテナ顔でしたが、読んでいるうちに鶏のことだとわかり、しまいには感情移入☆

    ケイゾウさん、本当は優しくて子どもたちのことをしっかり守ったりなんかしているのに、先生に叱られたり勘違いされたり…。

    学校や幼稚園で飼育されている、動物たちの気持ちをついつい考えちゃう、1冊。動物がしゃべったらきっとこんな感じなんだろうな・・・と想像するのも楽しい本です。

    小学生の、一人で読めるようになった子どもたちにもおすすめです。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 特に園児におすすめです!

    ケイゾウさんってどんな人?なんで四月が嫌いなの??と
    気になって手に取った本。
    パラパラ読んでみると、実はケイゾウさんは人間じゃなくて鶏。
    しかも幼稚園で飼われていたのです。
    なんで鶏のケイゾウさんは四月が嫌いなの?と読み進んでいくと、
    普段幼稚園や学校などで飼われている動物達も、実はいろんなことを考えているかも〜〜なんて想像できちゃって、とっても楽しくなってきます。
    まずは自分で読んでその後子供に読み聞かせしたのですが、短編がいくつもはいっているので、児童書ですが、読み聞かせしやすいです。

    文句ばっかりいってるケイゾウさんですが、園の生活を実は楽しんでいる感じで、園児へは読み聞かせで、小学生の子には自分で読んでもらいたい楽しい1冊でおすすめです。

    掲載日:2009/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / おふろだいすき / おまえ うまそうだな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット