たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

おねえさんになるひ」 みんなの声

おねえさんになるひ 作:ローレンス・アンホルト
絵:キャサリン・アンホルト
訳:吉上 恭太
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1998年
ISBN:9784198608712
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,222
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 私はもう3人の子供たちも成人し子育てを終えましたが、
    出産、育児の長年の経験を通して、
    そのときは無我夢中で、気がつかなかったことが多々あったと思います。
    主人公ソフィーはとても素直で可愛らしく
    いとおしく感じました。
    おねえちゃんとしての気持ちがとても表現されているお話です。
    子育てが大変なのは親だけじゃない、
    生活が変わったり、家の中の雰囲気が変わったりするのを
    子供の立場で考えなければ。。
    いまさらですがおねえちゃんの気持ちがよくわかりました。
    そして兄弟姉妹、家族が増えていく幸せも感じました。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 第二子を迎える前の親御さんに・・・

    綺麗な水彩画です。
    春から次の年の春まで、季節の移ろいが、丁寧に描かれています。

    お話は、お人形遊びの好きなソフィーちゃんが、お姉ちゃんになることを知り、心待ちにして、ついに弟と対面するのですが、・・・・・・。

    第二子が誕生する家庭で、ご経験されることの多いお話のようです。

    赤ちゃんの誕生で、どうしても親の眼差しも手も幼い方へ向けられることにより、上の子が感じる疎外感・喪失感。

    このお話では、おとうさんのサポートが、ソフィーを本当のおねえちゃんにしてくれたようです。

    おねえちゃんおにいちゃんになるお子さんへというよりは、第二子を迎える前の親御さんに薦めたい作品だと思いました。

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家の場合です。

    5歳幼稚園年中さんの娘が図書館で手に取ってきたので一緒に読んでみました。
    我が家の娘は一人っ子。おねえさんになる予定も全くありません(笑)。
    でも自分より小さい子が大好きなんです。
    そんな娘は,赤ちゃんがくるのを待つ春〜秋の場面では終始「楽しみだね!」と口にしていました。
    しかし,いざ赤ちゃんが産まれてみると,おねえさんになった主人公の女の子は我慢も多く,雪の中外で泣いているシーンには娘も神妙な顔をしていました。
    その印象が強かったのか,最後はお話はハッピーエンドでしたが,「赤ちゃんがほしい」などの感想はなく終わって親の私はほっとしました(笑)。

    掲載日:2015/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素直でいいね!

    ソフィのように、素直に自分の気持ちを表現できれば、おねいちゃんになっても読んでいる私は、安心しました。弟の出来たおねいちゃんとおにいちゃんの孫たちですが、弟が可愛いばかりで、あまりやきもちも焼いてないような気がして、かえって心配になりました。素直に自分の気持ちを言えるように、この絵本を読んであげようと思いました。ソフィのように素直に自分の気持ちが表現していいんだよ!って!!

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな、大事にされたいんだよ

    最初、弟ができると知ったソフィーは待ち遠しく、楽しみにしています。でも生まれてみれば、すぐは一緒には遊べないし、パパもママも赤ちゃんにかかりっきりだし、、、いやになって外に飛び出すソフィー。そして叫びます。でも、パパが優しく包んでくれる。じき、ソフィーは弟と仲良くなり、一緒に外出するように。

    兄弟が生まれてくる子供にはよくある葛藤ですが、うまくかけていると思います。待ち遠しかったり、自分も大事にされたくていやになったり、どんな子にも、どちらの気持ちもあると思うんです。もし我が家で二人目ができたらまた読みたいと思います。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 成長のふりこ

    家族のものを夫婦で書かれることが多いアンホルト夫妻。

    ローレンス・アンホルトも絵を描きますが、今回は奥さんが絵を担当なんですね。

    キャサリンの方には『あなたってほんとにしあわせね!』というやはり下に赤ちゃんが生まれるという話かせあります。

    読んでみてこちらの作品の方がお姉ちゃんになるまでの葛藤がより具体化されている気がしました。

    小澤俊夫さんによれば、成長のふりこと言って成長する時には心の揺れがあるということ。

    頭でわかっていても心は思うように動かない葛藤。

    この場合だと、おねえさんにならなくてはいけないけれど、なかなかなれないそう自然振舞えない葛藤があるように思いました。

    こういうことは、おねえさんになるだけでなくて、親になる場合でもあるかもしれないと思いました。

    最初からすぐにおねえさんになるわけではなく、下の子が成長するように上の子の成長も気にかけてやらなくてはいけないなあと改めて思いました。

    ソフィーが悩んでいる時期は冬の時期で、葛藤が溶けた時期が春と、季節とうまく組み合わせて、ソフィーの心模様を描いていると思いました。

    『あなたってほんとにしあわせね!』を読んだらこの『おねえさんになるひ』もぜひセットで読んでほしいなあと思います。

    掲載日:2011/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 上の子の気持ちに寄り添える

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    上の娘は、3歳のときに「おねえさん」になりました。
    なるべく彼女の気持ちを考えて接してきたつもりでしたが、やっぱり我慢してきたこともあったのでしょうね。
    お父さんがソフィーを抱きしめながら「お姉ちゃんになるって大変だね」と言う場面で、涙を流したのです。
    思わず私も涙ぐみ、「がんばって立派なお姉ちゃんになったね」と娘を抱きしめました。
    絵もおはなしも優しくて素敵ですよ。
    お姉ちゃんやお兄ちゃんに、そしてそれ以上に、下の子のお世話でてんてこ舞いになっているお父さんお母さんに読んで欲しい絵本です。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作者夫婦がとっても仲良さそう!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    お話自体はわりとよくある感じで、特に印象的ではなかったのですが、この裏表紙に載っている作者の写真がすごく印象的でした。
    よく読むと、この作者夫婦(文章が夫で、絵が奥さん)なのですが、写真を見るからにすごく仲がよさそうなんです。
    しかもお二人にはお子さんが3人もいるとか、書いてあります。
    この絵本の物語は、ご自分たちのお子さんを見ながらできたお話なのかもしれませんね。

    優しくて暖かい物語なので、これからお兄ちゃん、お姉ちゃんになる予定のお子さんなどに、読み聞かせてあげたいです。

    掲載日:2010/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • リアルな気持ち

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    あかちゃんを迎える女の子の複雑な心境がよくあらわれています。
    はじめは楽しみにしていた赤ちゃんも。実は大好きなママとパパを独占してしまう強敵(?)に感じてしまうこともあり、いつ帰るの?と聞く様子に女の子の痛いほどの気持ちが伝わります。
    赤ちゃんができる本って、楽しい気持ちやわくわくする様子が伝わるものが多いですが、この本は下に妹や弟ができる子供のリアルな気持ちが出ていて、親としても勉強になりました。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おねえさんになるためには?

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、男の子1歳

    作者のローレンスさん・キャサリンさんご夫妻の共作で描かれたこの作品は、とても素敵です。

    絵は、すごく細かく描かれていて、動物、木、風景、おもちゃなど大きいものから小さいものまで丁寧に仕上がっているので、芸術作品を見ているようです。見れば見るほど温かい気持ちになる作品です。

    ご主人が文を書かれているだけあって、絵本の中のパパはとっても穏やかで、ソフィーの気持ちを温かく見守る良いパパです。

    ソフィーはとても赤ちゃんを待ちわびていましたが、生まれてみると、がまん、がまん、がまんの日々になります・・・。
    でもがまん無しには、お姉さんになれなくて、見ていて可愛そうになりますが、お父さんの励ましでどんどんお姉さんに成長していくソフィーには、とても驚かされます。

    やはり、子供の為には父親と母親が協力して子育てするのが、子供の心のケアも出来るのだなぁと考えさせられました。
    うちも、下の子が生まれてお世話が大変だったときにパパが上のお姉ちゃんをよくお世話してくれたので、すっかりパパっ子です。

    掲載日:2009/03/08

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット