アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

吾輩は猫であるなかなかよいと思う みんなの声

吾輩は猫である 文:夏目 漱石
編:齋藤 孝
絵:武田 美穂
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年01月
ISBN:9784593560516
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,986
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 言葉が難しい…

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    題名は知っているけれど、こういう感じの話なんだ〜と、あとがきを読んで知りました。
    獰悪、前後不覚など、幼児には難しすぎる言葉が容赦なく使われていて、質問のオンパレードでした。
    でも、日本の文章に絵本で触れられるのはいいですね。

    掲載日:2017/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2年生の教室で読みました

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子17歳、女の子12歳

    文豪夏目漱石の文学も、親しみやすい武田美穂さんの絵のおかげで、とても楽しく読み聞かせできました。
    子供たちは、いろんな猫の登場を面白がっていました。
    小説の一部分であるということを説明しないで、普通の絵本のように読み進めてしまったので、前半の書生の話と飼ってもらったお宅の話がくっついて、少し疑問を感じた子もいたようでした。
    これをきっかけに、自分で原作を読んでくれるといいなあと思いました。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声に出す日本語

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子4歳、男の子3歳

    年中の娘には少しというかかなり難しい言葉遣いだったのですが、なぜか受けていました。ねこの目線で人間観察しているという状況が面白いようです。ふだん、優しい言葉遣いの絵本の読み聞かせに慣れているので、最初は上手に読み聞かせられなかったのですが、慣れてくるとねこっぽさ(ここに出てくるねこ限定ですが)も表現できて楽しいです。
    子供に読み聞かせる前に、練習をおすすめします。

    掲載日:2013/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこが 可愛い 文学作品

    夏目漱石の吾輩は猫であるが絵本になるとは、武田美穂さんの絵がかわいいから読みやすくなっているのですが・・・

    イメージが違う感じがして  でも ねこに視点で物を見るという吾輩は猫であるが読みやすくなっています

    子どもの布団の中に入っているのが気持ちよさそうです

    漱石は こんなイメージでこの作品を書いたのかちょっと違うような気もしますが・・・

    絵本や漫画になると確かに 文学も読みやすいですが やはり 原文で読み方が良いようにも思えます

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもわかりやすい

    「366日の本」で一部分を読み、きちんと読み直したいと気になり、探していました。
    運よくこちらの絵本を発見!
    絵本のよさは、イラストが助けてくれて子供が理解しやすいということですよね。
    おかげで難しい表現もあまり気にせず読み続けられました。
    猫の視線で描かれた世界もいいもんですね。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分かりやすい

    • AAさん
    • 40代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子10歳、女の子8歳

    声に出して読むシリーズですが、特に暗唱を目的としては読んでいません。
    このシリーズは、随分前に何冊か購入していますが、やはりなじみのない言い回しがしっくりこないのか子供があまり読みたがりませんでした。
    しかしながら、百人一首を学校でならってから昔のものに少々興味が出てきたようで最近読み聞かせをするようになりました。

    ほとんど文学作品に触れて来なかった私が感想を書くのははばかれますが、絵があるから分かりやすいです。
    言葉の言い回しなどはちょっと分かりにくいところもありますが、子供も絵に助けられて理解しているようです。
    武田さんの絵もとてもかわいくていいと思います。

    私もこんな絵本に触れていたら文学作品や古典に対するとっかかりがよかったかもと思います。私自身がこの本に若いころ出会いたかったなあと思いました。

    掲載日:2012/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌を聞くように 夏目漱石の文章を楽しむ

    • ランタナさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    テレビの「にほんごであそぼ」で「吾輩は猫である」の曲が気に入った息子に、
    絵本を探してみたら・・・あるんですね!
    斎藤孝さんの「声に出すことばえほんシリーズ」だし期待できそう!と
    早速、図書館で借りてきました。

    すぐ「書生」なんて言葉が出てきて
    やっぱり原文は難しいかな?と心配しましたが、
    武田美穂さんの親しみやすい絵で、
    明治の日本の暮らしの理解が視覚的にできたおかげもあるのか
    息子はふんふんと聞いて、時々ウケており、最後にもう一回読んで!と言いました。
    確かに、原作を読んでいない私でも意外と読みやすく、心地よかったのは確かでしたが
    ・・・夏目漱石恐るべし。

    最近の早口のアニメソングを、言葉の意味が分からなくても耳コピーで歌っている息子にとって、
    読み聞かせてもらう夏目漱石の名文の響きも、同じように楽しめてしまうのかもしれませんね。

    「吾輩」猫のエピソードをつないだような、
    あっけない程短いダイジェスト版ですが、
    猫達やご主人がいい味を出していて、楽しげな絵本です。

    「一番心持の好いのは 夜に入ってここのうちの小供の寝床へもぐり込んで 一所にねる事である」
    ・・・「吾輩」猫、よく分かってらっしゃる!

    小学生位のお子さんが、構えずに夏目漱石の文章に触れる意味でも、
    読み聞かせる大人が、夏目漱石を音読する面白さを体験する意味でも
    おすすめです。

    掲載日:2011/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文学もおもしろい

    子どもは難しい言葉も、絵や流れから汲み取る力があると思っています。
    が、これはわかってもらえませんでした。
    時々あまりに難しい言葉は補足しましたが、漱石独自の流れある文章が壊れないよう読みました。
    ら、ところどころ笑っていたくせに、ようわからんかったとの感想。

    私などは、元がマンガやアニメになりそうなおもろネタなのに、純文学というだけで今まで遠ざけられていたよなぁ、それをよくぞ……と、感心していたのに。
    こういう言い回しに馴れていないのだろうなぁ。
    今回にめげず、どんどん耳慣れて欲しいと思う。
    「にほんごであそぼ」の題材が受け入れられているように。

    文学だっておもしろいんだよ〜。

    掲載日:2010/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり面白いなぁ

    「吾輩は猫である名前はまだない」
    と答えている状況がとても面白くて可愛い。
    黒猫が笑うのも無理はない。
    三毛子の美貌を絶賛する表現も面白いし笑ってしまう。
    猫じゃなくても、子供と一緒に寝るのは心持がよいなぁと思う。

    挫折したままのこの本を読んでみよう。
    こういうきっかけになるところが絵本の良いところだと思う。

    掲載日:2009/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなにおもしろい話だったとは

    有名な本なのでタイトルは知っていますが、言葉づかいや漢字がむずかしくて、私は読みとおしたことがありません。

    でも、この絵本は絵だけで内容がわかってしまいます。こんなに楽しくて笑える話だったのかと、びっくりしました。
    吾輩や黒猫、三毛子たちの表情は、特徴がよくでていておもしろいです。
    絵を楽しみながらだったら、声にだして読むこともむずかしくないな、と思いました

    掲載日:2008/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



めいろをなぞりながらクイズでも遊べる絵本!

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット