大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

はる・なつ・あき・ふゆ」 みんなの声

はる・なつ・あき・ふゆ 作・絵:ドゥブラフカ・コラノヴィッチ
訳:いぬい ゆみこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784566008250
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,736
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 森の四季

    このお話は主人公の男の子のおじちゃんとおばあちゃんが住んでいる森が舞台のお話で、その森の四季の移り変わりと、そこで男の子が暮らす様子の違いを描いていました。四季の変化が感じられてとっても素敵な絵本でした。

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵画としても楽しめます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    折々の、森の季節の風景が、とてもきれいです。
    絵本としてよりも、絵画として楽しめる1冊です。

    しいていうと、おじいちゃんに比べて、おばあちゃんが「お母さん?」かと思うくらい若いのが気になりましたが…。

    主人公の女の子が3,4歳に見えるので、そのくらいの年頃からお薦めしたいかな。

    掲載日:2010/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節の癒し

    田舎のおじいちゃんとおばあちゃんのところで1年を過ごすことになったアンナ。
    移りゆく四季の美しさと自然の恵みを、やさしい色彩の画面からいっぱい受け取ることができる。
    読み終わったあと、とてもほっこりした気分になれるザグレブ(クロアチア)の作家の絵本。

    わたくしはやさしいカンジがしてなごむが、その甘さにあまり馴染めない方もいるかも。
    強く心に訴えかけることはないが、癒しの絵本としては最適。

    掲載日:2009/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忙しい大人にも・・・

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子17歳

    静かに、ゆっくりと時間が流れる感じが素敵です。

    森の中での祖父母とのかかわりの中で、いろいろなことを教えられたりするのですが、この子は自分で考えることもしっかりしているんです。「・・・おじいちゃんはいいます。でも、ほんとうかどうか、わたしは しりません」という文章に、へぇ〜と感心。

    やさしい色使いと、かわいらしい動物の絵、それと確かに遠目が効きます。

    忙しい大人にもお薦めです。

    掲載日:2009/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 四季のうつりかわり

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    女の子が、田舎のおじいちゃんとおばあちゃんのところに遊びにいきます。森のそばに住んでいるので、春には子育て中のこまどりに出会ったり…夏には大きな木のそばでねっころがったり…
    季節の移り変わりを体で感じることができます。

    本を開くと、右側いっぱいに、森の中の様子が描かれ、左のページには、小さい四角の絵に文章というふうに、同じパターンです。
    どのページからも優しい色遣いで心が安らぎ、、そして、女の子となかよしのこまどりの存在をチェックしながら、いっしょに一年間を過ごすことができます。
    色の変化を楽しみながら、それぞれの季節の音が聴こえたり、においまでも感じられるような錯覚を覚えます。

    掲載日:2008/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしさ

    小学生の女の子の作文をきれいな絵つきでみている気分でした。そういう文にしばらく触れていなかったので、それが逆に新鮮で、懐かしさと温かさを感じました。
    パステル調の絵は飾っておいてもいい雰囲気を出してくれると思います。絵本の温かさを感じられる絵本です。

    掲載日:2007/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 画集のような絵本

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    作者は18歳でデビューされたそうです。
    若々しい感性が伝わってきます。(この作品は、三十代に書かれました)
    女の子が、いなかで過ごすその季節ごとの体験を、淡々と描かれていて、
    文章は感情表現がなく、それが想像力を湧かせてくれます。
    絵がとても繊細であたたかく、意外に遠目もききます。
    離れたところでみると、また違った感動があります。
    特に、夜空がすてきで、いつまでも眺めていたくなります。

    掲載日:2007/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文章が新鮮

    やさしい色彩の絵がすてきです。あちらこちらに、動物がちいさく描かれていて、それを子供と一緒に見つけて楽しんでいます。
    子供は土の中の動物が気に入っています。女のの子はもちろん、おじいちゃんとおばあちゃんもチャーミングです。人間も動物も小さく描かれていますが、みんな表情が豊かで見飽きません。女の子の「一人語り」のような文章が新鮮でした。原画を見たくなるような絵本でした。

    掲載日:2007/01/24

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ないた / だるまさんが / でっこりぼっこり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット