ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

バディ、もうたべた?」 みんなの声

バディ、もうたべた? 作・絵:ヴァージニア・ミラー
訳:こばやし さとこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1994年
ISBN:9784265055159
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,456
みんなの声 総数 8
「バディ、もうたべた?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いいぞ、パパ!

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子13歳、男の子10歳、男の子7歳

    とても簡単なお話ですが、親の方が「いいねぇ」と思ってしまうようなお話でした。

    ご飯を食べるのがいやいや、という子どもに対して、ゆったりと構えているお父さん。
    親はこうありたいものです。

    「ご飯を食べないと○○ですよ」とか「ご飯を食べると○○になりますよ」なんて一言も言わないのに、いつのまにか子どもが自分からご飯を食べてしまう様子が描かれていて、子どもの食事に困っているお母さん、必読の書です。

    掲載日:2007/09/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • と〜ってもオシャレな表紙にジャケ買い

    この本はまだ売ってるんでしょうか。。?
    私はヤフオクで絶版って表示になっているのを
    購入しました。
    ここのナビでも表紙が掲載されていないのが
    残念なんですが
    とにかく表紙のイラストがツボでとっても可愛いので
    それだけで購入しました。
    お話はちょっとアメコミっぽいタッチで描かれていますが
    すごく
    「うん、うん、わかる、わかる」とうなずける内容でした。
    息子はいつも
    たべなさーーーーーい!
    とパパが言うシーンをでっかい声で叫びます

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎朝の出来事

    このお話のクマのお父さんの気持ちがよくわかりました。子供はこのお話をお聞いて、「僕もこんなケーキがあったらちゃんと食べれる!!」って言っていました。いつもおいしそうなお菓子を用意していても食べないので、バディの方がお利口だねって言っていました。

    掲載日:2012/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公

    まだ一人でスプーンを持って食べない娘にこの主人公の様に自分でスプーンを持って食べられるようになって欲しいなと思ってこの絵本を選びました。私は主人公のお父さんの作戦は素晴らしいなと思いました。食べる事に執着心があまりない時はこの絵本のお父さんの様に作戦を立てて振る舞ってみるのがいいなと思いました。主人公のお父さんのアイデアに感謝しました。それから、主人公を通して子供の心の流れを知る事も出来たので勉強になりました。

    掲載日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私みたいだ・・・

    子育てのなかでは必ずと言って良いほど通る、「口出し」
    「着替えたの?」「早く食べなさい!」あれしたの?これしたの?
    親である私たちはついついなんでもかんでも子どもの行動に口出ししちゃいますね。

    ところが、バディのおとうさんはそんなことは一切せずにバディが自ら行動していけるように
    うまく誘導するのです。
    実は私も、口出しをすると喉も痛くなるし、つかれるので
    子どもたちには自ら行動に移すようにしてもらってます。
    さすが!子育て上手!と聞こえはいいのですが、実際のトコロ
    私がただ単にぐうたらなだけなんですけどね〜 (^◇^)

    でも、実際にはやっぱり毎日の忙しい生活の中で
    こうして辛抱強く?小御dも達の行動を見守ることはできません。
    ですが、ガミガミ言わなくても済むように、子育ての中のおおきな
    ヒントの一つになるのではないでしょうか?
    食事中を始め、いろんなことについつい口を挟んじゃってる方必見の1冊です!

    掲載日:2007/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「いや」が口癖の幼児時代

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子7歳

    赤ちゃん時代を経て、幼児期に差し掛かってくると、何か言うと返事が決まって「いや!」とか言ってくる時期があります。
    「食べなさい」「いや」「着替えて」「いや」「トイレは?」「いや。行かない」みたいな、なんでも「いや」が口癖…。
    お子さんを育てしている方はあるあるそういうことと、思い浮かぶのではないでしょうか?
    この絵本に出てくるくまの子「バディ」も、そんな子の一人のようです。
    ご飯は大切なエネルギーですから、できるだけ毎回きちんと食べてほしいですよね〜。今、まさにこういう時期の子育てをしているお母さんに、ぜひお子さんと読んでもらいたいですね。
    こういう優しい絵本を読むことで、1つの突破口が開けたらいいなぁと思います。

    掲載日:2007/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べるのが遅い我が子に

    バディのおまるくんの同シリーズ。
    やっぱりイヤイヤ期のようになんでも「いや!」というバディが主人公。
    ご飯を食べなさいというパパに、「いや!」と言ってなかなか食べないバディ。食べ終わったパパはさっさとケーキを食べて、また持って行ってしまい、それが食べたくなったバディは大急ぎで食べ終えて、ケーキをもらう…というお話です。
    「いや!」なんて言わないうちの子ですが、食べるのが遅く、ボーっとしてしまう事もしばしば。
    この本を読んで、「食べないと損しちゃうかも…」と言うと、一生懸命食べていました。
    相変わらず食べるのが遅いですが、時々読み聞かせて思い出させようと思っています。

    掲載日:2006/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • いやいや!と言ってると損しちゃうよ

    何をするにもすぐに「いや!」というバディくん。
    ごはんたべようとパパが言ってもいや!
    そんな事をしているうちに、ご飯を食べ終えたパパがおいしいお菓子を食べて、どこかへ持って行ってしまいます。
    お菓子を食べたくなったバディくんはがんばってご飯を全部食べて、パパの所へ走っていき、無事お菓子をもらいます。
    イヤイヤ期の時期、子供は何にでも反抗するけど、これは成長の上で大切な事。
    でも、イヤとばかり言ってると損しちゃうよって事が少しわかるんじゃないかと思います。
    そして、イヤイヤ期にイライラしてしまってるお母さんの、子育てのヒントにもなるんじゃないかと思います。

    掲載日:2006/04/06

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット