あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

いいこってどんなこ?」 みんなの声

いいこってどんなこ? 作:ジーン・モデシット
絵:ロビン・スポワート
訳:もきかずこ
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1994年
ISBN:9784572003393
評価スコア 4.49
評価ランキング 6,974
みんなの声 総数 178
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

178件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ママの心が軽くなる本

    題名を見て、気になって手にとりました。ついつい毎日に追われ、娘を叱ってばかりの毎日。娘のためなのか、自分の自己中心的な怒りなのか区別がつかなくなっていた時、この本に出会いました。

    いいこってどんなこ?とうさぎのぼうやがお母さんにたずねます。
    うさぎのお母さんは大きな愛情で「あなたらしくがいちばんよ」と答えたとき、私の置き忘れていた娘への愛情が、ギュッと締め付けられる思いがし、涙が止まりませんでした。

    娘のためと・・・ついつい厳しくなるばかりで、本当に娘のことを考えてあげれたのだろうか?と。娘のために大事なこと、注意することでもしつけることでもない、ただうさぎのあ母さんのように、ありのままの娘を認めて愛してあげる事なんだと。そう思うと急に心が軽くなり、娘との時間が尊く感じられるようになりました。
    まじめすぎて、疲れてしまったお母さんに読んでもらいたい一冊です。

    掲載日:2009/12/18

    参考になりました
    感謝
    9
  • 心に染みました

    全ページ立ち読み企画で読ませていただきました。
    母親うさぎと小さな子バニーとの会話で話は進みます。
    子どもが自分自身に自信をなくし、ママに問いかけます。
    そのママの答えが、とても素敵なんです。

    大切なのは、母親が子どもの全てをそのまま認めてあげることなんですね・・・。
    端的な文章なのですが、心に染みます。
    私はこんなにもまっすぐ、息子の全てを受け入れてあげているかしら。
    思わず自分を振り返ってしまいました。

    一緒に読んでいた息子は、
    「よくこうやって《○○(名前)らしいのが一番》とかっていうけど、○○らしく、っていうのがどういうことかよくわからないんだよね」
    と言っていました。

    私は息子に、わざわざ自分らしくあろうとしなくていいんだよ、と言いました。○○は、いい子になろうとか、別のなにかになろうとかしなくていいってことだよ、と。
    こういう言い方でよかったのかな・・・
    でも、息子が息子であることが一番ママには嬉しいんだよ。ということを、私も息子に伝えることが出来ました。

    この本は、大人が読むべき本なのかもしれませんね。

    掲載日:2010/10/03

    参考になりました
    感謝
    7
  • 親の目線?

     最近は 親にとって都合のいい子が いいこになりがちです。
    その子にとって それは個性だよ。と受け止めるまでに 私自身、
    時間がかかりました。

     そんな時に この本に出会ったのですが 「そのままのあなたが
    大好きよ!」と いうメッセージは伝わりますが 私個人の感想ですが
    「ばか」という言葉を 絵本の中にあまり使って欲しくないなぁ?と
    思います。
     この本を読むとそんなつもりの意味ではない事は充分分かっていますがやっぱり、絵本を読む年齢の子供たちには 教えたくない・使って欲しくない言葉なのです。
     直訳されているので 修正できないのかもしれませんが 「いたずらっこ」とか 違う言葉に置き換えて欲しかったなぁと思います。

    掲載日:2008/07/14

    参考になりました
    感謝
    7
  • あるがままが一番

    バニーがお母さんに「いいこってどんなこ?」とたずねます。
    だれかに「いい子にしてね」って言われたのでしょうか。
    自分ではどんな子が良い子のかわからない。
    バニーの純粋さと、お母さんに対する信頼があふれています。
    「いまのままがいい」
    答えはわかっているのですが、それは「いい子印」がにじみ出ているからです。
    「いい子」じゃなかったら、こんな疑問も持たないですね。
    バニーとお母さんの甘い語らいでした。
    落ち着きのある絵が気持ちの良い絵本です。

    掲載日:2011/11/11

    参考になりました
    感謝
    3
  • 心に届いた作品です

    息子が(いいこってどんなこ?)読みながら自分はいいこじゃないかな?と聞いてきました。この作品を読んで小さいなりに何か感じているんですね。

    母さんにとっては毎日楽しく元気にしてる○○ちゃんが一番いいこだよって言うと、少し恥ずかしそうに笑った息子が可愛くてたまりませんでした。

    内容はとてもよかったのですが、絵は少々暗い感じだったので息子はあまり見たいと言ってきませんでした。もう少し明るい色使いだとよかったかもしれません。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • ママももちろん

    愛されていることを分かっていても、
    母の愛を試すように、安心を求めるように
    「こんなぼくきらいでしょ?」
    「おかあさんいやになっちゃうでしょ?」と言うバニー。
    そんなバニーに対して、
    ありのままのバニーが大好きだと話すお母さん。
    子どもに、言葉で伝える大切さが伝わってきます。

    いい子ってどんなこなのでしょう。
    とても抽象的な言葉。
    ありのままのでいいよ、と言葉に出して
    伝える事は少ないのに、日ごろ「いいこだね」
    という言葉はつい出てしまいがち。
    今はまだ漠然としていてわかりませんが、
    「どんな自分だったらお母さんは自分が好きか」と
    不安に思う気持ちが息子にも芽生えるかもしれません。
    愛されている実感を言葉として感じさせてあげること。
    忘れないでいたいと思いました。

    掲載日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • うーん・・・

    評判も良く、悪い噂を聞かないこの絵本。ずっとずっと読みたいと思い続け、育児の壁にぶつかった時に購入しました。

    感想は・・・『うーん・・・』

    私には、バニーぼうやが『いい子』にしか見えなくて、だから、『あなたはそのままでいいのよ』って言えて当然!って思ってしまいました。
    2歳10カ月の息子を見ていたら、『だめよ、デイビッド!』の方が自然に入り込めるなぁって思いました。

    とは言え、日々の生活の中で忘れてしまう事(『そのままのあなたが大好きよ』という事)を思い出させてくれる1冊です。

    掲載日:2010/02/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 絵本でありながら、育児書のような…

    息子が2歳くらいの頃に購入しました。
    「いい子」という大人が良く使う言葉、それでいて、とても子どもを縛る言葉。それはいったいどういう意味なのか?ということを、
    子どもからの質問に答える形で表現しています。
    ありのままのあなたでいてくれればいい。
    確かにそうなんだけど、忘れている部分もあって、普段何時の間にか「もっと言うことをよくきく子」がいい子になってしまってたり…。
    そんな大人が自分を振り返るにはとてもいい本だと思います。
    子どもにも、いい子って色んな意味があると提案する事ができるので、悪くはないのだけれど。
    息子は、何度か読んでもあまり好みませんでした。
    子どものファンタジーの世界を広げたり、その空想の世界の余白の中で色んな事を感じるのが絵本の醍醐味かなと思っているので、この絵本に関しては少し直接すぎるというか、余白がないというか。
    規定された言葉を受け取り、理解する以上に広がりようがない気がしました。
    1つの絵本の選択肢としてはアリですが、好きではないかなあ。

    掲載日:2013/05/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • ママに読んでもらいたい1冊

    以前から気になっていた本でした。

    子供というより、子育てしている「お母さん」に読んでもらいたい・・・そんな絵本でした。

    子供が大きくなるにつれ、ついつい期待しちゃって「ガミガミ」言ってしまっていた私。

    バニーが「いいこってどんなこ?」とお母さんに聞いていきます。
    うさぎのお母さんは、「自分らしくが一番よ」って優しくいいます。
    本当にそうですよね〜

    何だか、原点に返らせてくれる、そんな絵本でした。
    ずーと、私が大事にしたい本です。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人向けの本だと思います

    評価の良い絵本だったので、試し読みさせてもらいました。

    私は娘に対して「どんなあなたでも大好き。何をしてても大好き。叱るのは悪いことをしたからであって、あなたが悪い子だからじゃないよ。」というスタンスで育児をしています。この絵本のメッセージもそんな雰囲気だと思います。しかし、私が引っかかったのは、「バニーが泣いていると、お母さんまで悲しくなるわ」という箇所です。子どもにとっても大人にとっても、「泣く」というのはとっても大事なことだと思います。泣かない人、泣けない人はしんどいと思うし、いつかバランスを崩しそうです。娘には泣きたい時は素直に泣けば良いし、大人だって泣きたい時は泣くと教えています。私の娘はお母さんが悲しむと思うと泣かなくなるタイプなので、この絵本はまだ読まないでおこうと思います。

    掲載日:2011/11/29

    参考になりました
    感謝
    1

178件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぼくのかえりみち / てぶくろ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

全ページためしよみ
年齢別絵本セット